... TOPIX

子猫のいちこちゃん(改めよもぎちゃん)里親様決定しましたよ~💛

数週間前に保護し里親様募集を開始した、いちこちゃん♪

募集開始後すぐに、4年半前に白血病の成猫サリーちゃんを迎えてくださった大阪の里親Mさまが、里親のお申し出を下さり、、、
その週末には岡山までお迎えにお越しくださり、正式譲渡となりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

サリーちゃん、やはり白血病持ちなので、、、M様宅で数年過ごした後に、虹の橋を渡ってしまいましたが、、、
その間、ものすごく愛され、最善の医療を施してくださり、、、とっても大切に大切にして頂きました。
我が家から車で20分ほどの漁港で、、、捨てられたのち、野良猫として過ごしてきたのでしょう、、、
保護時、見るも無残なガリガリな姿でした。
そして血液検査の結果、白血病であることが判明。

エイズならともかく、白血病(-_-;)
エイズの場合、飼育環境が良ければ、寿命を全うすることもありますが、、、
白血病は、必ずと言っていいほど、数年以内に亡くなってしまいます。
とはいえ、子育と多数の犬猫の御世話を一人でこなしながら正社員で働いていて、、、、さらに次々と保護っ子がやってくる我が家では、十分なケアをしてあげられない、、、
そんな事情から、ダメもとで、里親様募集を開始したのですが、、、

そんな中、里親希望のお申し出を下さったのが、大阪のMさまでした。

見た目ちょっといかつい感じ(Mさん、正直に言ってすみませんっ(笑))なのに、ものすごく心がきれいで優しいMさま。

サリーちゃんをお迎えいただくにあたり、先住猫のおはぎちゃんに感染することのないよう度々ワクチン接種をし、抗体が出来る数ヶ月間待ってから、、、そこまでして、お迎えくださいました。

譲渡後、度々サリーちゃんの様子をお知らせくださり、とっても大切に大切に家族として育ててくださり、、、
サリーちゃん、Mさま宅で過ごした数年間、愛情に包まれ、先住猫のおはぎちゃんとも仲良くなり、とても幸せな猫生でした。




そんな、全面的に信頼できるMさまから、いちこちゃんを迎えたいとご連絡を頂いたのです♪

とんとん拍子、スピード展開でお話が進み、すぐに譲渡の運びとなったわけです。





IMG_1159.jpg
★里親Mさまご夫婦と、いちこちゃん♪ 新たな名前はよもぎちゃんです♪

IMG_1417.jpg
★こちらはMさんが送ってくださった写真です♪

IMG_1419.jpg
★気持ちよさそうにスヤスヤ眠る姿が可愛すぎます♪

IMG_1420.jpg
★大きなキャットタワーと、ちっちゃいよもぎちゃん(⋈◍>◡<◍)。✧♡






そしてせっかくの機会なので、天国にいるサリーちゃんの写真も、再度ご紹介💛

20150719003513891_202011221435413a3.jpg
★保護直後のサリーちゃん。 こんな痩せた猫、保護猫の中でもなかなかいませんっ、、、

2015071900351471c_2020112214354017f.jpg
20150719003513eb0_202011221435409a1.jpg
★サリーちゃんを保護した時も、私はなんだかんだと多忙で手いっぱいだったけど、、、
こんなにガリガリで、ミャーミャー甘えてくるカワイイ&可哀想なにゃんこ。
見て見ぬふりしてその場を去ることは出来ず、やむを得ず保護しました。


19553544_678662202324811_1844148813_n_202011221435392fc.jpg
★そして譲渡後、Mさまが送ってくださった写真です♪
たぬきか??とツッコミたくなるような、コロコロまんまるに太った、幸せそうなサリーちゃん♪ まるで別猫です💛

19489561_678662142324817_740249961_n_202011221435386b9.jpg
★先住猫のおはぎちゃんと仲良くなれ、幸せいっぱいの数年間だったね!!
白血病の苦しみから解放され、今は天国で、穏やかな気持ちでMさまご家族を見守っているんだろうね💛
実家の母として、可愛い可愛いサリーちゃんの冥福を祈っています。






里親Mさま、サリーちゃんの限られた猫生を、最期まで愛情と幸せで包んでくださったこと、ずっとずっと感謝しています。

そしてさらに、優しいお気持ちで、この度よもぎちゃんを迎えてくださったことも、とっても有難く、感謝しています。

今後20年近いよもぎちゃんの猫生、安心して託させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします(⋈◍>◡<◍)。✧♡







苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)特別譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る