... TOPIX

ただでいいじゃないですか

Picture 1239

いつも聞かれることです。ホームレスの犬猫をひきとってやっているので
無料でいいじゃないかと。

ううむ。。。そうだったらいいですね。理想の世界です。
できないことではないかもしれません。
しかし獣医費用やケアコスト。毎日続けていくためには
この費用をどこかで獲得しなければなりません。
全部でなくとも一部はどこからか調達しなければやっていけませんよ。
一匹一匹、ヘルス・チェックを受けさせ、予防接種や虫下しも。
レスキュー・センターはこのコストを
自分たちの財布から捻出しなければなりません。

あなたがレスキュー・センターに払うお金はこの基本的なコストにあてられます。
もし動物がややこしい病気を抱えていたら、足が出てしまい、
レスキュー・センターの負担となります。

何はどうあれ、
ペット・ショップやブリーダーから買うよりはバーゲンではありませんか。

そうだと納得されました?そしたらまず最初のステップは何かと思われるでしょう。

ペットを飼うということは大きな責任が伴います。軽くみてはいけません。
あなたのライフ・スタイルを熟考すること。
旅行が多い人や仕事で家を空けがちな人は
ペットを飼う時期ではないと思ってください。
仕事が忙しい人は成猫がいいかもしれません。

人生の大きな変化を迎えている人、たとえば、結婚、引越し、
赤ちゃんを迎える人たちは、落ち着くまで待ちましょう。
これらはペット放棄の3大理由です。

餌代、備品、獣医費用などびっくりするような請求がくることがあり、
ペットを飼うのは金いりです。これを15,6年続けられますか?

いや、それでも引き取ってみたいという方、
どうやって良いレスキュー・グループを見つけたらいいのかと思われるでしょう。

レスキュー・センターではあなたが飼い主として適正かどうかインタビューしますよ。
これは結構嫌なモンです。
しかし同時に、相手側が適正なレスキュー・グループであるか
あなたがテストするチャンスでもあるのです。


アメリカのレスキュー・センターのサイトから
2012・08・19 再掲


関連記事

ページ上部へ戻る