... TOPIX

【桃、今を生きる】病気でも子は育つ このまま水頭症がなくなればいい 保護時の記録

GO!保護犬GO ワラおもすがる思いで再生医療の先生の病院に電話をかけました できる限り、体に無理をさせず細菌感染の驚異から守りたとえ短い命だったとしても 苦しくなく つらくなく楽しい、うれしい、おいしい で生きてほしい ステイ先の ムギママさんはお世話をしてくれている分思いが強いはず すくすく育っています実際の体が悲鳴をあげているのを本人はきづいているのでしょうか 水頭症フレブル子犬・桃のために『チャリテインソール販売』 ←桃の手術費にご協力ください(ご自分も健康に)(靴の中敷きを

関連記事

ページ上部へ戻る