... TOPIX

5/25 センターレポート【猫編】

※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を募集中の猫たちの情報です。

問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。


猫の一時預かりボランティアさん大募集中!

【猫の一時預かりボランティア】 ←こちらをご覧ください

★一般譲渡対象・飼い主募集中!!と記載されている猫については、千葉県内にお住まいの成人の方は、センターへ直接譲渡をお申し込みいただくことが可能です。
「犬猫の譲渡会」をご覧ください。

★ねこ親希望の方は「お申込みアンケート」からアンケートをお願い致します。


★あの子はどうしましたか?の、安否確認のみの問い合わせには、
多くの対応をしてる為、返信できませんのでご了承下さい!

時々付き人レポートです。加筆・修正しています。




・・・・・・・・・・・・・・・

※ ご紹介する猫は全頭ワクチン済・ノミダニ駆除薬投与済です。
※部屋の施錠を確認してから撮影を行っています。








▼譲渡管理室A


(1)と(2)は同郷猫です。
_f0078320_14194225.jpg
_f0078320_16391488.jpg

_f0078320_14275845.jpg



(1) NEW すいちゃん
キジ メス 推定2歳 体重3.9kg(5/11時点) エイズ(-)白血病(-) ※要再検査 管理番号21093


5/11撮影分
_f0078320_14223534.jpg
_f0078320_14224691.jpg
_f0078320_14241075.jpg



5/25撮影分
_f0078320_16393836.jpg



この部屋への移動直後はとても緊張している事が伝わってくるほど緊張したお顔でした。
緊張はしているものの、怒ったり慌てる様子は無くじっと固まりこちらの様子を凝視していました。
(5/11撮影写真)


同郷猫のすうちゃんを撫でる延長で身体に手を触れてみましたが、ビクビクする様子は無くすんなり撫でさせてくれました。


同郷猫のすうちゃんがとても人懐っこい様子なので、すいちゃんも落ち着いたら良い意味での変化が現れる事に期待できそうです。











(2) NEW すうちゃん
サビ メス 推定3歳 収容時不妊済み 体重3.7kg(5/11時点) エイズ(-)白血病(-) ※要再検査 管理番号21092


5/11撮影分

_f0078320_14302783.jpg
_f0078320_14303698.jpg
_f0078320_14304336.jpg



5/25撮影分
_f0078320_17241418.jpg





この部屋へ来た直後から人見知りせず甘えん坊でアピール上手なすうちゃんです。

初対面の時から、以前から知っているかのように甘えてくれた事に驚きましたが、甘え方も優しくしつこさや強引さはありません。


撫でていると自らお腹を出してくれるなど、人を疑う素振りも無く、喉をゴロゴロ鳴らしながら人と触れ合う時間を満喫している様子でした。


上の同郷猫のすいちゃんとも、同じ段ボールの中でくっついて仲良く過ごせている様子です。










(3) NEW チョビくん
灰白 オス 推定3歳 体重4.9kg(5/1時点) エイズ(-)白血病(-) ※要再検査 管理番号21091


5/11撮影分

_f0078320_11535377.jpg
_f0078320_11540321.jpg
_f0078320_11541594.jpg



5/25撮影分


_f0078320_17340759.jpg
_f0078320_17341775.jpg
_f0078320_17342603.jpg
_f0078320_17343351.jpg



この部屋へ移動当初は緊張し過ぎて段ボールの中から動けず怯える様子が手にとるように伝わってきた為、簡単な撮影のみとしていました。
(5/11撮影写真)



その後、日を改めて様子の確認をしてみた所、まるで別の猫なのでは?と思うほどに甘えん坊な様子を見せてくれました。
撫でる手にグリグリと頭を擦り付けて、もっと撫でて!とアピールしてくれます。


抱っこはできましたが、ケージから出る事が怖かったようで、慌ててケージに戻ってしまいました。
怒ったり攻撃したりはありません。
抱き上げると小顔な印象とは違い、ずっしりした重さを感じました。


甘えるときに見えた口元が気になり確認すると、歯茎が真っ赤に腫れていました。
職員さんに確認してみた所、口内炎の可能性もあるし、甘える時にグリグリ擦り付けてくる事も影響しているかもしれないとの事でした。
今後治療が必要な可能性もあるかもしれません。











(4)スポロくん
キジ白 オス 推定1歳 体重2.4kg(5/11時点) エイズ(-)白血病(-) ※要再検査 管理番号21094


_f0078320_14364954.jpg
_f0078320_14365933.jpg
_f0078320_14370901.jpg
_f0078320_14371852.jpg




仔猫のような小柄な身体で存在感抜群の元気なスポロくんです。
若猫らしくヤンチャな様子でケージの中でかまって〜!とアピールに一生懸命です。


様子を確認する為にケージの扉を開けてみると、すんなり出てきて人の側から離れません。
こちらから離れると一生懸命に追いかけてきて、足元にスリスリしながら甘えてきます。


動きが早すぎた為に抱っこでの撮影に切り替えてみたところ、満足そうにくつろぎながら喉をゴロゴロ鳴らしてフミフミが止まりません。
甘えたくて甘えたくて、人が恋しい事がよく分かります。


職員さんのお話しでは、収容当初は両目が目やにで開かない様子もあったようですが、センターでの治療もあって改善し綺麗な瞳が確認できます。
完全に開いて完治となるか、後遺症のようにこれ以上の改善が無いか、様子を見てみないと分からない所ではありますが、
スポロくん本人は気にしている様子は無く元気に過ごしていました。




5/25 訪問レポート【猫編】は以上になります。











☆☆子猫へのご協力のお願いです☆☆







☆☆ねこ親会のご案内☆☆


新型肺炎の感染拡大予防のため、現在はねこ親会の開催を見合わせております。申し訳ございません。
今後のねこ親会開催については、ホームページのイベント情報よりお知らせ致します。











センターレポートは続きます。









関連記事

ページ上部へ戻る