... TOPIX

街灯を愛でる老犬

Picture 1288
Hyde Park

米のネバダ・ヒューメイン・保護センターは
「普通より引き取り手が少ないけれどそれども愛らしい動物たち」
というタイトルでエッセイを募りました。

カテゴリーは4つ

「老犬老猫」
「あまりなつかない動物」
「アグレッシブな動物」
「特別なケアが必要な動物」

一位に輝いた人の作品をご紹介します。
星を見るように夜の街灯に魅入るジャックの姿が目に浮かびます。
老犬老猫は尊い。引き取る人たちも優しい人たち。

先住犬、ゴールデン・レトリーバーのエイデンの友達を探しに
ネバダ・ヒューメイン・ソサエティに行った。
帰りぎわ、年寄り犬の部屋がいくつかあるのに気がついた。
どんなものだろうと好奇心で覗いてみると、そこには11歳の黒いラブラドールがいた。
犬の茶色の瞳と私の茶色の目は合ったのだ。
その犬は、ゆっくりだが、目的をもった足取りで私のほうへ歩いてきた。
そして私の足に鼻をこすりつけた。彼のあごを優しく撫でると私に体重を預けてくる。
その瞬間、彼は私の魂に入りこみ、それ以来ずっとそこにいる。

ジャックを車の後部座席に乗せる。窓の外に鼻を突き出し、外の景色に見入っている。
彼のエッセンスである痛烈な可愛らしさというのはその時点から始まっていた。
最初の夜は用意したベッドに彼を乗せることができなかった。
足をこわばらせていた。柔らかいベッドという存在がわからなかったのだと気づく。

日々の散歩は壮観なものになった。エイデンは先頭を切って私をひっぱり、
ジャックは自分のペースでゆっくり私の後ろから歩いてくる。
私は腕を前と後ろに長く伸ばして歩かねばならない。

ジャックは夜の街灯に魅了され、しばしば立ち止まる。まるで人間が星をみるように。
夏のそよ風の中でこおろぎの音にびっくりし、耳はぴんとたち、立ち止まり頭を傾げる。

ジャックは毎日出会う事柄に新鮮に驚き、賞賛する。
その姿は美しく、彼は日々を楽しみ、成長していった。
年だから物事に興味がないだろうと思っていた私たちの考えは完全に覆された。
ハイキングに行くのをとても楽しみにしている。雪の中で遊ぶのも。
車に乗るのもとても喜ぶ。子供たちも大好きだ、
彼を知れば知るほど、どんなに多くのものをもらっているかわかる。
私たちがジャックにあてた言葉を読んでいただければ、そのことをわかっていただけると思う。

親愛なるジャック

私たちが一緒に過ごすダイヤモンドのような日々の中で、お前は本当に多くのことを教えてくれた。
お前にもらった幸せをどのように感謝すればいいかわからない。
私たちはみないずれ虹の橋へ渡るということは知っているが、そこは輝いていることだろう。

せかせか歩く必要はないと。走る時はもちろん耳をはためかせること。
夏は外にいるのが気持がいい。そして生きていくのが辛くなったときは踏ん張ること。
ハッピーなときは笑い、何がなくても私たちには愛がある。
そしていつも光の方を見るということ。
それをお前は私たちに教えてくれた。

無限の愛をこめて
エミリー、ダニーそしてシリーンより

Less Adoptable pet essay contest


25 July 2015 の記事再掲載


関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る