... TOPIX

8/3センターレポート E部屋  4頭

当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ぐーちゃんママレポートです。










お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。

hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野

★お名前のないお問合せメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





<E-2>
☆まめ茶※6/22よりレポート登場(6/11収容)▽21042 茶 メス 10歳 12キロ
マイペースなおばあちゃんのまめ茶です。少し目が見えづらくなってきているのかおやつをあげる時には指までパクパクしてしまいます。普段は噛もうとすることはありませんのでおやつの匂いがするとどこにあるか探すためにパクパクしてしまうのだと思います。あまりべたべたされるのは好きではなさそうですが人馴れについては全く問題ありません。まめ茶と残りの犬生をのんびりと一緒に過ごしてくださる方とのご縁がやってきますように。
_f0078320_00201072.jpg
_f0078320_00201962.jpg
_f0078320_00203142.jpg
_f0078320_00203761.jpg
_f0078320_00204581.jpg
_f0078320_00205280.jpg
_f0078320_00210186.jpg
_f0078320_00210970.jpg







<E-3>


☆ジョー
※3/23よりレポート登場(2/8収容)
▽20260 黒 オス 4歳 15キロくらい(右目萎縮)


収容当初に比べると、どんどん進歩しているジョーです。
威嚇したり吠え掛かったりする様子は
もう今では全くありません。
お外が大好きなようで、
外にいる時の方がリラックスした表情を見せてくれます。
右目の委縮は恐らく先天性のものかと思われ
視力もかなり弱いと思われますが
生活していく上で支障はありません。
ただ、見づらい右側から近づかれるとやはり警戒するので
出来るだけ左側から接してあげた方がよさそうです。
おやつも手から食べられますし
撫でてあげることも受け入れてくれるようになっています。
体格もしっかりしてきましたし、
見た目もかなり立派になってきました。
頑張っているジョーにも暖かい手が差し伸べられますように。
_f0078320_00223560.jpg
_f0078320_00224879.jpg
_f0078320_00225798.jpg
_f0078320_00230475.jpg
_f0078320_00231352.jpg
_f0078320_00232119.jpg
_f0078320_00232856.jpg
_f0078320_00234854.jpg
_f0078320_00240127.jpg







<E-4>
☆ラニ※6/15よりレポート登場(5/27収容)▽21035 白茶 オス 5歳 15キロ
人が大好きでたまらないラニです。いつも私たちが来ると「早くこっち!こっち!」と吠えて迎えてくれます。この日も外に出してもらっていましたが撮影の際には部屋に戻っていました。構ってほしくてケージの中から吠えていましたが出してあげるとかわるがわるメンバーに甘えていました。これだけ甘えん坊のラニですから一日も早く本当の家族に巡り合えるといいなと思います。他犬とは相性があるため、1頭飼いが向いていると思います。
_f0078320_00252450.jpg
_f0078320_00253066.jpg
_f0078320_00253778.jpg
_f0078320_00254416.jpg
_f0078320_00255331.jpg
_f0078320_00260456.jpg
_f0078320_00261349.jpg
_f0078320_00262112.jpg






<E-7>
☆あぐろ※6/29よりレポート登場(6/21収容)▽21052 黒白 オス 10歳 15キロ
おっとりとしてとても穏やかなあぐろです。撫でてあげるとうっとりした表情になりとてもかわいいおじいちゃんです。なぜこんなかわいい子がここにいるのか不思議でなりません。私たちは見たことがないのですが職員さんの話では、喧嘩を売られると買うことがあるとのことです。いつも穏やかなあぐろからは想像が出来ませんがそこは相性もあるのかと思います。それでも人と一緒に暮らすには最高のパートナーになると思いますので、シニアのあぐろには一日も早く本当の家族のもとでのんびりゆったり過ごして欲しいと願っています。
_f0078320_01005793.jpg
_f0078320_01010548.jpg
_f0078320_01011315.jpg
_f0078320_01012100.jpg
_f0078320_01012813.jpg
_f0078320_01013589.jpg
_f0078320_01015794.jpg
_f0078320_01020558.jpg

関連記事

ページ上部へ戻る