... TOPIX

「世界中からの多くの反対を押し切って中国の犬肉祭り開催続行」

中国で毎年
10,000頭以上の犬を殺して食べる「犬肉祭り」
(今年は猫も殺して食べるそうです)

今年も世界中の署名サイトから
数百万通以上の反対署名が集まっているにも
関わらず今日6月22日開催されています。
(↓閲覧注意!残酷な画像があります。)
http://goo.gl/aBRiOM
(今日の午前中も祭り中止の情報がありましたが、やはり続行のようです)

しかも市場の人間たちは現地の反対活動家たちに
犬たちを高値で売りつけようとしているそうです。
(↓残酷な画像はありません)
https://www.facebook.com/goma.kemi/posts/967702033294227

Yulin-Guangxi-Autonomous-Region (1)


このお祭りを反対する最大の理由は
苦しめが苦しむほど肉が
うまくなるという迷信から
(写真などは見るに耐えないので掲載しませんが)

・生きたまま熱湯の鍋で茹で殺す
・生きたまま焼き殺す
・ひたすら殴り殺す

などなど悲惨な殺し方をして食べる事にあります。

Yulin-Guangxi-Autonomous-Region.jpg

文化?など言い訳にしか思えない。
「文化」とは世界中から認められなければ
文化とは言えないと思っています。

※但し、このお祭りには中国内部からも反対の声が上がっています。
動物愛護法の制定を訴えるグループもいます。
この犬たちを毎年、買い上げている中国の方もいます。
全ての中国人の方がお祭りを楽しんでいる訳ではないという事を
付け加えておきます。


中国:玉林「イヌ肉祭り」と戦う女性愛犬家、去年は360匹買い取り
http://www.newsclip.be/article/2015/06/19/26013.html

1618311_967478819983215_4447948165757751867_o.jpg


他国の文化だから口出しするなと言う人も
いますが世界は一つです。
日本にも、どうぶつの虐殺文化(イルカ猟など)があります。

このブログでは殆ど啓発しませんが
他の様々な、どうぶつ問題にも取り組んでいます。
(念のため、チーム殺処分0はベジタリアンです。
こういう活動をすると牛やブタは食ってるんだろが!
という中傷コメントが入るためお断りしておきます)

他国の事より日本の殺処分問題を
どうにかしてからにしろと言う人もいますが
その選択は人それぞれ自由です。

今現在も反対署名運動は継続されています。
いつか、こんな事が廃止されますように。

↓署名サイト(残酷な画像はありません)
https://goo.gl/FL4JVp







捨て犬・保護犬 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







全世界で愛用されて
販売累計100万袋突破!
『シンプリーキャットフード』

関連記事

ページ上部へ戻る