※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
▼白 オス 7-8ヵ月 10キロ~
先週は手からおやつを食べられたとのことでしたが、
今日は後ろ向きになっておやつを渡そうとしても
怖がって食べてくれませんでした。

あまり好きなおやつではなかったのかもしれません。

それでもこちらの様子はしっかり見ています。
人が近づいてくるのが怖いようなので、
あまり接近して更に怖がらせてしまわないように
少し距離を置いて撮影しました。





※6/9よりレポートに登場(6/8他抑留所より移送 4きょうだいで引き取り)
▼茶鼻黒 赤い首輪 メス 7ヵ月(1月生まれ) 8キロ前後
この子を初めて見た時には、もっと臆病で
端っこで固まって動けないような状態でしたが、
後ろ向きであれば(正面から接しなければ)
おやつも手から食べられるようになりました。

きょうだいは皆、すでに引き出されていますので
この子にも一日も早く家庭の温もりを味わわせてあげたいです。

外からおやつをくれる人をじっと見つめていたりします。
囲いの中からであれば怖いながらも近づいていこうとします。
彼女なりに精一杯勇気を振り絞っているんだと思います。






<1-2> 2頭


※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
▼黒茶白 長毛 オス 4-5歳 10-11キロ
とても笑顔がかわいいふわふわくんです。
この子もとても人懐こいのですが、同室の茶色の子よりも
年齢的にも上だからか、落ち着いて見えます。

おやつが欲しくて伸び上がって前足をかけてきますが、
勢いよく飛びつくようなことはありません。
「それ欲しいよー!」と言っているかのようで
思わずたくさんあげてしまいたくなります。

ちょこちょこ動かず、じっとこちらを見てくれるので
かわいい笑顔を撮ることが出来ます。
アイコンタクトがしっかり取れるので、
人の言うことがきちんと届く子だと思います。





※7/21よりレポートに登場(7/16他抑留所からの移送)
▽茶半長毛 オス 1-2歳 10キロ位
とにかく人が大好きです。
ずっと構ってもらいたいのではないでしょうか。
嬉しくて嬉しくて、部屋に入る前から扉の向こう側で
ピョンピョンとすごいジャンプ力で飛びながら
「早く来て!早く来て!」と呼んでいました。

旧子犬舎のドアを施錠した状態で部屋の外に出すと
興奮して部屋と外を行ったり来たりしながら
その度に人に手をかけてピョンピョン飛んで
喜びを表現しているようでした。

まだまだ若い男の子ですから、
外で元気に遊びたいはずです。
それでも抱っこされれば大人しくしていられます。
たくさんお散歩してもらって、ドッグランでパワーを発散させて
もらえるようなおうちに行けるといいね。





<1-3> 3頭


※4/7よりレポートに登場(3/23収容)
▼薄茶 メス 6歳以上 11キロ
外で隣の部屋の2頭と一緒にいました。
いつ見ても本当に落ち着いていて
自分を積極的にアピールするわけではないのですが
控えめながらも「私にもおやつちょうだい!」と
にこにこ笑顔で目線を送ってきます。

珍しく伸び上がって手をかけてきました。
一緒にいた2頭が積極的だったからでしょうか。

めったに伸び上がってアピールすることはない子です。
お利口に順番を待つことが出来ます。

このくらい落ち着いている子ですと、初めて犬を飼う方でも
とても飼い易いと思います。
シニアの魅力を是非味わって欲しいです。





※6/9よりレポートに登場(5/28収容)
▼薄茶 メス 推定2-3歳 11キロぐらい
とても穏やかな女の子です。
少し離れたお目目と、目の周りの薄茶柄が印象的で
癒し系のお顔をしています。

部屋の外に出るのは少し怖いのか、慎重な性格のようで
部屋のドアまでは寄ってきますがそこから先へは出ようとしません。
抱っこをしようとしましたが、最初は少し怖いようで
部屋の隅っこに逃げてしまいましたが、
メンバーがゆっくりと近づき、そっと触ってあげると安心したようで
抱っこもすることが出来ました。

抱っこすると少し緊張気味ではありましたが
その表情もとてもかわいかったです。





※5/12よりレポートに登場(4/23収容)
▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳前後 10キロ前後
収容当時は執拗に警戒吠えをしていましたが、
今は大分落ち着いてきました。
吠えることはあっても、長く続くことはありません。

腰が引けてしまいますが、おやつも積極的にもらいに来ようとしますし、
大分馴れてきたように思えます。

近くに人がいても逃げ惑うこともなくなりましたし、
緊張はしながらも、「それほど人は怖くないのかな?」
と思い始めてるのではないでしょうか。

こんなかわいい笑顔も見せてくれるようになりました。
同室の子のいい影響を受けているように思えます。





<1-4> 3頭


※6/23レポート登場(6/10収容)
▼茶顔だけ薄茶白 メス 7-8ヵ月 10キロくらい
人に構ってもらうのが嬉しくて仕方がなく、
お耳ぺったんで甘えてきます。
この子のお耳が立っている普通のお顔がどんな感じなのか
わからなくなってしまうほど、いつも耳を伏せています。
それだけ人には従順な証拠だと思います。

まだまだお子様なので落ち着きはありませんが、
ただただやんちゃなだけではなく、
人と戯れていたくて、どうしていいかわからないけど
でも絶対あなたには歯向かいません!と言っているかのようです。

子犬なのにまだ痩せています。
たくさんおいしいご飯を食べさせてあげたいです。





※6/23よりレポートに登場(6/9収容)
▼黒茶たれ耳 メス 1-2歳 11キロ超え(適正13キロぐらい)
とにかく元気ハツラツな女の子です。
センター訪問の時には、まずこの旧子犬舎と子犬舎に向かうのですが、
かなり遠くから人の気配を察して「ここ!ここ!」と呼んでいる子です。
綺麗な富士額が特徴的で、一度見たら忘れることはありません。

今日もとても暑かったのでお水をしきりに飲んでいました。

とにかく元気いっぱいな子なので
なかなか落ち着いていられないのですが、
攻撃的になることは全くありません。
まだ若い子なので、たくさん運動して
有り余るパワーを発散させてあげたいです。





※2/24よりレポートに登場(2/10収容)
▼黒茶 メス 1-2歳 8-9キロ
ビビリちゃんなので、いつも同じ格好の写真しか
ご紹介できませんでしたが、
今日は久しぶりに立ち上がった姿を見ることが出来ました。

収容当時の細くて小さい女の子が、
立ち上がった姿を見たら、しっかりと成長して大きくなっていることに
気づきました。
ここでの生活も半年が経とうとしているのですから当然なのですが、
今日は手からおやつも食べる姿も見せてくれました。
その変化がとても嬉しくて、たくさん褒めてあげました。

この子も精一杯頑張っています。
お顔も大人びてきました。素敵なLadyになるんだもんね。
少しずつ少しずつ殻を破っていこうとしているこの子を
どうか応援してあげてください。






【B部屋(鑑定室】2頭





※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
▼黒白 メス 1歳ぐらい 11-12キロ程度
部屋を施錠してからケージから出してあげると、
狭い部屋の中をひとしきり行ったり来たりして
落ち着くまでしばらく時間がかかりますが、
しばらくすると落ち着くことが出来ます。
まだ若いので、狭いケージから出られた途端に
はしゃいでしまうのも無理はありません。

先週もそうでしたが、ケージの外でうんちをしました。
自分の部屋の中は汚したくないのだと思います。
いつもこちらに背を向けてうんちをする姿は
さすが女の子!と言いたくなってしまいます。

人懐こく、かわいい笑顔で見つめられると
なんでこんなかわいい子を前の飼い主さんは手離してしまったのか、
理由を問いただしたくなってしまいます。
おそらく、過失で逃がしてしまった後探さなかったという
よくあるパターンなのでしょう。



※7/7よりレポート登場 (7/6他抑留所からの移送)
▼黒茶まだら メス 4-5歳 11-12キロくらい
先週までは収容室③にいました。
とても人懐こく、どうしていいかわからないほど甘えてきます。
この子もずっとお耳ぺったんです。

散々甘えた後には落ち着いてお座りも出来、
なんとお手もおかわりも出来ることがわかりました!

そっぽを向きながらだったりもしますが、
しきりにお手とおかわりを繰り返していました。
おうちで本当のパパとママに見せてあげたいね。
きっと喜んでくれるよ。







【C部屋(小型犬室)】1頭



※3/24よりレポート登場(3/17収容)
▼茶 柴系mix メス 3-5歳 7キロ前後
ケージから出てくる時にはロープを下からかけますので
怖がる様子もなく出て来れましたが、
ケージに戻る時にロープを外そうとした際、
うっかり頭の上からロープを外そうと手を出したところ、
手を噛もうと空噛みをしました。
頭の上に手をあげられるのが怖いようです。
何かトラウマがあるのかもしれません。

しかしながら、体を触ることには抵抗がありません。
緊張しているようではありますが、
人の手を受け入れてくれるようになってきています。

自由に部屋の中を歩かせてみると、
満面の笑み?を見せてくれます。






【D部屋(旧シャンプー室】7頭


ビビリちゃんと、人馴れしているビーグルのおかげで
成長し始めた子たちを含めた7頭がいる部屋です。




※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼トライカラー ビーグル メス 6-7歳位 10キロ前後
シニアの魅力全開の落ち着いた人馴れ抜群の子です。
動きもスローですが、それでもゆっくりと甘えてきます。
これだけの頭数が一緒にいますので、もっと元気な甘ったれちゃんがいれば
押しのけられてしまいそうなところですが、
周りにはビビリちゃんばかりなので、ゆっくりと甘えることが出来て
嬉しそうにしています。

撫でてあげると本当に嬉しそうな顔をするので
他の子たちにも目を向けている時にそっと近づいてきたら
ついつい構ってあげたくなってしまいます。

ビーグル特有の野太い吠え声も一度も聞くことはありませんでした。
ゆっくりとわんちゃんと過ごしていきたい、
という方にはぴったりな子だと思います。





※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
上記ビーグルは人馴れ抜群なので別格ですが、
それ以外の子の中では1、2位を争うくらい人に近づいてくる子です。
こちらからゆっくり近づいて行ってもその場にいられるようになっていました。
まだ触られるのはちょっと怖いようではありますが、
かなり進歩してきたと思います。

おやつを食べる時に腰が引けていましたが、
今日は腰が引けている感じはありませんでした。
ずっと近くに寄ってきてくれるので、
その成長ぶりがとても嬉しく感じました。
ビーグルちゃんのいい影響を受けている感じがしました。

この子を撫でられるようになる日も遠くない気がします。





※4/21よりレポート登場(4/9収容)
▼茶白黒 メス 1-2歳 7キロくらい
あまりの変化にこちらが驚いてしまうほど、
とても積極的になっていました。
収容室にいた頃、怖がってケージからも出られず、
ロープをかけられるのも怖くて大騒ぎしていた子とは思えません。
誰かが人に近づいていくと、マネをするように後ろから人に近づいてきます。

自分一人でもどんどん近づいて来ました。
こんなに至近距離で撮影が出来るとは思ってもいなかったので
ついつい嬉しくて何回もシャッターを押してしまいました。

こんなにかわいい笑顔も見せてくれたり、

他の子とも仲良くしていて、
今日一番の感動でした。





※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 10キロぐらい?
薄茶黒の子とくっついていることが多いビビリちゃんです。
じっと目を見てこちらの様子をうかがっています。

何をされるかわからなくて「人は怖い」と思ってしまっているのでしょう。
ゆっくりと近づこうとしても、やはり逃げる体制にはいってしまいます。

しばらく時間をかけて、後ろ向きで近づいてみたら
距離を縮めることが出来ました。
目線を合わせられないビビリではないので、
ゆっくりした動きで怖がらせないようにしたいと思います。
人間が怖いものではないと思ってもらいたいです。





※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
茶白黒の子に寄り添っているように見えますが、
どちらかというとこの子の方が茶白黒の子を受け入れているように見えます。

一人でも行動出来そうなのですが、
茶白黒の子がついてくるので一緒にいるような感じです。

精悍な顔つきはパッと見た目では男の子のように見えますが
見た目と中身は一緒ではないというのは人間でもありますので、
この子もきっと繊細で優しい女の子なのかもしれません。
まだ自分を出せていないようなので、
なんとかこの子の良いところを引き出してあげられたらと思います。





※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
この部屋の中では一番のビビリではありますが、
距離をとってあげれば落ち着いて伏せていられます。

他の2頭のビビリちゃんたちにくっついていれば安心なようです。

私が移動した為に逃げ回っていたのですが、
間違ってこちらに近づいてしまって自分で驚いていたりしていました。

まだ人が怖いと思っているのでしょうか。
人馴れしている子の良い影響を最も受けてもらいたい子です。





※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼薄茶 メス 3-4歳くらい 12-13キロくらい
落ち着きがあり、まだこの環境に来たばかりではありますが
人を警戒するような感じはありません。
ニコニコ笑顔でこちらを見つめてくれました。

ただ、まだ触られるのは苦手なようです。
近づかれることには抵抗はないようでしたが、
触ろうと手を出すと「それはちょっと勘弁してください」と
言っているかのように後ずさりします。
自分からも普通に人に近づいてきますので
人が怖いわけではないと思います。
また1週間後の変化が楽しみです。





レポートはパート3に続きます。

" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

8/4センターレポート パート2      ⑳

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


8/4レポートパート1からの続きです。
引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。


ここでは、旧子犬舎・B部屋(鑑定室)・C部屋(小型犬室)・D部屋(旧シャンプー室)
の犬たちを紹介しています。




問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。





【旧子犬舎】10頭





<1-1> 2頭



※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
▼白 オス 7-8ヵ月 10キロ~
先週は手からおやつを食べられたとのことでしたが、
今日は後ろ向きになっておやつを渡そうとしても
怖がって食べてくれませんでした。

あまり好きなおやつではなかったのかもしれません。

それでもこちらの様子はしっかり見ています。
人が近づいてくるのが怖いようなので、
あまり接近して更に怖がらせてしまわないように
少し距離を置いて撮影しました。





※6/9よりレポートに登場(6/8他抑留所より移送 4きょうだいで引き取り)
▼茶鼻黒 赤い首輪 メス 7ヵ月(1月生まれ) 8キロ前後
この子を初めて見た時には、もっと臆病で
端っこで固まって動けないような状態でしたが、
後ろ向きであれば(正面から接しなければ)
おやつも手から食べられるようになりました。

きょうだいは皆、すでに引き出されていますので
この子にも一日も早く家庭の温もりを味わわせてあげたいです。

外からおやつをくれる人をじっと見つめていたりします。
囲いの中からであれば怖いながらも近づいていこうとします。
彼女なりに精一杯勇気を振り絞っているんだと思います。






<1-2> 2頭


※6/30よりレポートに登場(6/23収容)
▼黒茶白 長毛 オス 4-5歳 10-11キロ
とても笑顔がかわいいふわふわくんです。
この子もとても人懐こいのですが、同室の茶色の子よりも
年齢的にも上だからか、落ち着いて見えます。

おやつが欲しくて伸び上がって前足をかけてきますが、
勢いよく飛びつくようなことはありません。
「それ欲しいよー!」と言っているかのようで
思わずたくさんあげてしまいたくなります。

ちょこちょこ動かず、じっとこちらを見てくれるので
かわいい笑顔を撮ることが出来ます。
アイコンタクトがしっかり取れるので、
人の言うことがきちんと届く子だと思います。





※7/21よりレポートに登場(7/16他抑留所からの移送)
▽茶半長毛 オス 1-2歳 10キロ位
とにかく人が大好きです。
ずっと構ってもらいたいのではないでしょうか。
嬉しくて嬉しくて、部屋に入る前から扉の向こう側で
ピョンピョンとすごいジャンプ力で飛びながら
「早く来て!早く来て!」と呼んでいました。

旧子犬舎のドアを施錠した状態で部屋の外に出すと
興奮して部屋と外を行ったり来たりしながら
その度に人に手をかけてピョンピョン飛んで
喜びを表現しているようでした。

まだまだ若い男の子ですから、
外で元気に遊びたいはずです。
それでも抱っこされれば大人しくしていられます。
たくさんお散歩してもらって、ドッグランでパワーを発散させて
もらえるようなおうちに行けるといいね。





<1-3> 3頭


※4/7よりレポートに登場(3/23収容)
▼薄茶 メス 6歳以上 11キロ
外で隣の部屋の2頭と一緒にいました。
いつ見ても本当に落ち着いていて
自分を積極的にアピールするわけではないのですが
控えめながらも「私にもおやつちょうだい!」と
にこにこ笑顔で目線を送ってきます。

珍しく伸び上がって手をかけてきました。
一緒にいた2頭が積極的だったからでしょうか。

めったに伸び上がってアピールすることはない子です。
お利口に順番を待つことが出来ます。

このくらい落ち着いている子ですと、初めて犬を飼う方でも
とても飼い易いと思います。
シニアの魅力を是非味わって欲しいです。





※6/9よりレポートに登場(5/28収容)
▼薄茶 メス 推定2-3歳 11キロぐらい
とても穏やかな女の子です。
少し離れたお目目と、目の周りの薄茶柄が印象的で
癒し系のお顔をしています。

部屋の外に出るのは少し怖いのか、慎重な性格のようで
部屋のドアまでは寄ってきますがそこから先へは出ようとしません。
抱っこをしようとしましたが、最初は少し怖いようで
部屋の隅っこに逃げてしまいましたが、
メンバーがゆっくりと近づき、そっと触ってあげると安心したようで
抱っこもすることが出来ました。

抱っこすると少し緊張気味ではありましたが
その表情もとてもかわいかったです。





※5/12よりレポートに登場(4/23収容)
▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳前後 10キロ前後
収容当時は執拗に警戒吠えをしていましたが、
今は大分落ち着いてきました。
吠えることはあっても、長く続くことはありません。

腰が引けてしまいますが、おやつも積極的にもらいに来ようとしますし、
大分馴れてきたように思えます。

近くに人がいても逃げ惑うこともなくなりましたし、
緊張はしながらも、「それほど人は怖くないのかな?」
と思い始めてるのではないでしょうか。

こんなかわいい笑顔も見せてくれるようになりました。
同室の子のいい影響を受けているように思えます。





<1-4> 3頭


※6/23レポート登場(6/10収容)
▼茶顔だけ薄茶白 メス 7-8ヵ月 10キロくらい
人に構ってもらうのが嬉しくて仕方がなく、
お耳ぺったんで甘えてきます。
この子のお耳が立っている普通のお顔がどんな感じなのか
わからなくなってしまうほど、いつも耳を伏せています。
それだけ人には従順な証拠だと思います。

まだまだお子様なので落ち着きはありませんが、
ただただやんちゃなだけではなく、
人と戯れていたくて、どうしていいかわからないけど
でも絶対あなたには歯向かいません!と言っているかのようです。

子犬なのにまだ痩せています。
たくさんおいしいご飯を食べさせてあげたいです。





※6/23よりレポートに登場(6/9収容)
▼黒茶たれ耳 メス 1-2歳 11キロ超え(適正13キロぐらい)
とにかく元気ハツラツな女の子です。
センター訪問の時には、まずこの旧子犬舎と子犬舎に向かうのですが、
かなり遠くから人の気配を察して「ここ!ここ!」と呼んでいる子です。
綺麗な富士額が特徴的で、一度見たら忘れることはありません。

今日もとても暑かったのでお水をしきりに飲んでいました。

とにかく元気いっぱいな子なので
なかなか落ち着いていられないのですが、
攻撃的になることは全くありません。
まだ若い子なので、たくさん運動して
有り余るパワーを発散させてあげたいです。





※2/24よりレポートに登場(2/10収容)
▼黒茶 メス 1-2歳 8-9キロ
ビビリちゃんなので、いつも同じ格好の写真しか
ご紹介できませんでしたが、
今日は久しぶりに立ち上がった姿を見ることが出来ました。

収容当時の細くて小さい女の子が、
立ち上がった姿を見たら、しっかりと成長して大きくなっていることに
気づきました。
ここでの生活も半年が経とうとしているのですから当然なのですが、
今日は手からおやつも食べる姿も見せてくれました。
その変化がとても嬉しくて、たくさん褒めてあげました。

この子も精一杯頑張っています。
お顔も大人びてきました。素敵なLadyになるんだもんね。
少しずつ少しずつ殻を破っていこうとしているこの子を
どうか応援してあげてください。






【B部屋(鑑定室】2頭





※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
▼黒白 メス 1歳ぐらい 11-12キロ程度
部屋を施錠してからケージから出してあげると、
狭い部屋の中をひとしきり行ったり来たりして
落ち着くまでしばらく時間がかかりますが、
しばらくすると落ち着くことが出来ます。
まだ若いので、狭いケージから出られた途端に
はしゃいでしまうのも無理はありません。

先週もそうでしたが、ケージの外でうんちをしました。
自分の部屋の中は汚したくないのだと思います。
いつもこちらに背を向けてうんちをする姿は
さすが女の子!と言いたくなってしまいます。

人懐こく、かわいい笑顔で見つめられると
なんでこんなかわいい子を前の飼い主さんは手離してしまったのか、
理由を問いただしたくなってしまいます。
おそらく、過失で逃がしてしまった後探さなかったという
よくあるパターンなのでしょう。



※7/7よりレポート登場 (7/6他抑留所からの移送)
▼黒茶まだら メス 4-5歳 11-12キロくらい
先週までは収容室③にいました。
とても人懐こく、どうしていいかわからないほど甘えてきます。
この子もずっとお耳ぺったんです。

散々甘えた後には落ち着いてお座りも出来、
なんとお手もおかわりも出来ることがわかりました!

そっぽを向きながらだったりもしますが、
しきりにお手とおかわりを繰り返していました。
おうちで本当のパパとママに見せてあげたいね。
きっと喜んでくれるよ。







【C部屋(小型犬室)】1頭



※3/24よりレポート登場(3/17収容)
▼茶 柴系mix メス 3-5歳 7キロ前後
ケージから出てくる時にはロープを下からかけますので
怖がる様子もなく出て来れましたが、
ケージに戻る時にロープを外そうとした際、
うっかり頭の上からロープを外そうと手を出したところ、
手を噛もうと空噛みをしました。
頭の上に手をあげられるのが怖いようです。
何かトラウマがあるのかもしれません。

しかしながら、体を触ることには抵抗がありません。
緊張しているようではありますが、
人の手を受け入れてくれるようになってきています。

自由に部屋の中を歩かせてみると、
満面の笑み?を見せてくれます。






【D部屋(旧シャンプー室】7頭


ビビリちゃんと、人馴れしているビーグルのおかげで
成長し始めた子たちを含めた7頭がいる部屋です。




※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼トライカラー ビーグル メス 6-7歳位 10キロ前後
シニアの魅力全開の落ち着いた人馴れ抜群の子です。
動きもスローですが、それでもゆっくりと甘えてきます。
これだけの頭数が一緒にいますので、もっと元気な甘ったれちゃんがいれば
押しのけられてしまいそうなところですが、
周りにはビビリちゃんばかりなので、ゆっくりと甘えることが出来て
嬉しそうにしています。

撫でてあげると本当に嬉しそうな顔をするので
他の子たちにも目を向けている時にそっと近づいてきたら
ついつい構ってあげたくなってしまいます。

ビーグル特有の野太い吠え声も一度も聞くことはありませんでした。
ゆっくりとわんちゃんと過ごしていきたい、
という方にはぴったりな子だと思います。





※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
上記ビーグルは人馴れ抜群なので別格ですが、
それ以外の子の中では1、2位を争うくらい人に近づいてくる子です。
こちらからゆっくり近づいて行ってもその場にいられるようになっていました。
まだ触られるのはちょっと怖いようではありますが、
かなり進歩してきたと思います。

おやつを食べる時に腰が引けていましたが、
今日は腰が引けている感じはありませんでした。
ずっと近くに寄ってきてくれるので、
その成長ぶりがとても嬉しく感じました。
ビーグルちゃんのいい影響を受けている感じがしました。

この子を撫でられるようになる日も遠くない気がします。





※4/21よりレポート登場(4/9収容)
▼茶白黒 メス 1-2歳 7キロくらい
あまりの変化にこちらが驚いてしまうほど、
とても積極的になっていました。
収容室にいた頃、怖がってケージからも出られず、
ロープをかけられるのも怖くて大騒ぎしていた子とは思えません。
誰かが人に近づいていくと、マネをするように後ろから人に近づいてきます。

自分一人でもどんどん近づいて来ました。
こんなに至近距離で撮影が出来るとは思ってもいなかったので
ついつい嬉しくて何回もシャッターを押してしまいました。

こんなにかわいい笑顔も見せてくれたり、

他の子とも仲良くしていて、
今日一番の感動でした。





※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 10キロぐらい?
薄茶黒の子とくっついていることが多いビビリちゃんです。
じっと目を見てこちらの様子をうかがっています。

何をされるかわからなくて「人は怖い」と思ってしまっているのでしょう。
ゆっくりと近づこうとしても、やはり逃げる体制にはいってしまいます。

しばらく時間をかけて、後ろ向きで近づいてみたら
距離を縮めることが出来ました。
目線を合わせられないビビリではないので、
ゆっくりした動きで怖がらせないようにしたいと思います。
人間が怖いものではないと思ってもらいたいです。





※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
茶白黒の子に寄り添っているように見えますが、
どちらかというとこの子の方が茶白黒の子を受け入れているように見えます。

一人でも行動出来そうなのですが、
茶白黒の子がついてくるので一緒にいるような感じです。

精悍な顔つきはパッと見た目では男の子のように見えますが
見た目と中身は一緒ではないというのは人間でもありますので、
この子もきっと繊細で優しい女の子なのかもしれません。
まだ自分を出せていないようなので、
なんとかこの子の良いところを引き出してあげられたらと思います。





※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
この部屋の中では一番のビビリではありますが、
距離をとってあげれば落ち着いて伏せていられます。

他の2頭のビビリちゃんたちにくっついていれば安心なようです。

私が移動した為に逃げ回っていたのですが、
間違ってこちらに近づいてしまって自分で驚いていたりしていました。

まだ人が怖いと思っているのでしょうか。
人馴れしている子の良い影響を最も受けてもらいたい子です。





※7/28よりレポート登場 (7/23他抑留所からの移送)
▼薄茶 メス 3-4歳くらい 12-13キロくらい
落ち着きがあり、まだこの環境に来たばかりではありますが
人を警戒するような感じはありません。
ニコニコ笑顔でこちらを見つめてくれました。

ただ、まだ触られるのは苦手なようです。
近づかれることには抵抗はないようでしたが、
触ろうと手を出すと「それはちょっと勘弁してください」と
言っているかのように後ずさりします。
自分からも普通に人に近づいてきますので
人が怖いわけではないと思います。
また1週間後の変化が楽しみです。





レポートはパート3に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る