先週、収容室①にいた母子です。
こちらの部屋に移動してもらったようです。

お母さんは相変わらず疲れたお顔をしていました。
6頭共にとても元気にはしゃぎ回っていますので、
お母さんも疲れてしまうのでしょう。

おやつは嬉しいのでしょう、ゆっくりと食べてくれました。
疲れているから、という部分を除いても
とても落ち着いている子なのだと思います。


でも、上手に子育てしている証拠に、
子犬たちは本当に元気にすくすくと育っています。
部屋の中でもキャーキャーワーワー騒いでいる姿は
本当に見ていても微笑ましいものでした。

先週も1頭元気がなさそうな子がいたのですが、
今日もやはり1頭だけ部屋の隅っこにうずくまっていました。

それでも先週よりは顔をあげている分、少しは元気取り戻したかな?
と思っていたところ、
他の子たちがわらわらと出口に向かってきたのを見てか、
一緒になって寄ってきました!

元気あるんだね!!良かった!
ずっと心配だったので、本当に嬉しかったです。

性別を確認したところ、オスが3頭、メスが3頭でした。
皆よく似たお顔、色合いなので区別がつきにくいので
3頭ずつ抱っこした写真でご紹介します。
まずは最初の3頭です。

残りの3頭です。

こちらの3頭の一番右に写っている子の前足後ろ足、しっぽが
毛が抜けて肌が丸見えになっていました。
皮膚の状態が悪いようです。
この子に限らず、他の子もこの子と同様に足やしっぽの毛が抜けている子が
何頭かいました。


お母さん、もう少しこの子たちのことをよろしくね。
子育てが終わったら、今度はお母さんがゆっくり過ごせるご家庭を
探そうね。
最後にはこんな笑顔も見せてくれる優しいお母さんでした。





No.V
※2/17よりレポート登場(1/29収容)
▼クリーム色 メス 2歳くらい 17-18キロ
人が大好きで、いつも私たちが来るのを楽しみにしてくれています。
それでもケージに入っている間に大騒ぎすることもなく
じっと待っていてくれる、とてもいい子です。

お散歩が大好きなようで、
ずっと入口を眺めていました。
今日はお散歩じゃないの、ごめんね、
と言っても、しきりに外に行こうとします。
たくさんたくさんお散歩したいよね。

おやつもやさしく食べることが出来ます。
いつもこの子の笑顔に癒されます。
このかわいい笑顔を迎えてくれるご家庭が早くみつかりますように。





No.VI
※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
▼チョコラブ(mix?) オス 4-5歳 20キロ以上
この子も人が大好きで、どこを触っても怒ることはありません。
後ろからぎゅーっと抱きしめても嫌がることなく体を預けてきます。
大きな体をゆさゆさと揺さぶりながら、嬉しさを表現してくれます。

とにかく人と一緒にいるのが嬉しくて仕方がないといった感じです。
抱きしめられると嬉しくてしっぽをぶんぶん振っていました。
こんなに人懐こい子がどうしてここにいるのでしょう。
一緒にいたら本当に楽しい子だと思います。

おやつを手ごと食べようとしたりもしますが、
人の言うことは届く子だと思います。
大型犬との生活を考えていらっしゃる方は是非この子にも
目を向けてあげてください。





No.VII
※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
ここでの生活が長くなってきたのもあり、
私たちが訪問すると、どうしたらいいのかがすっかりわかっているのか、
ケージから出るのも、戻っていくのも自分からやってくれるお利口さんです。
人も大好きです。前から触ることも全く問題ありませんが、
この子は後ろから抱きしめてあげるのがとても嬉しいようです。

メンバーが後ろから抱きしめてあげている間中、
ずっと嬉しそうなお顔をしていて、
それを見ているだけで、こちらもすごく嬉しい気持ちになりました。

お座りもしっかり出来ます。
おやつも上手に食べることも出来ます。
以前は大部屋にいたこともありますので、他犬との相性も問題ありません。
とても飼い易い子だと思います。
こんなお利口さんなこの子をお迎えしてくださる方をお待ちしています。





No.VIII
※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
 「飼い主募集中!!№2809」
お馴染みのシェパじぃです。
いつもは排水溝に上手におしっこをするのですが、
今日は何か他のことに興味があったのか、
なかなかおしっこをせず、気がついたら珍しく違うところでしていました。
そんな日もあるでしょう。いつもは本当にお利口に、人の手を煩わすことなく
排水溝でおしっこが出来る子です。
悲しいかな、ここでの生活が長くなって身についてしまったのでしょう。

お座りも伏せもすることが出来ます。
こちらの指示をしっかり聞くことが出来ます。
とてもこの年齢とは思えないほど元気も良く、
まだまだシェパじぃと一緒に過ごせる時間は長いと思います。







【B部屋(鑑定室】3頭



※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
(8番)
▼黒白 メス 1歳ぐらい 12-3キロ
とにかく人が大好きで、ケージの外に出てくるのを楽しみにしています。
一旦出てしまうといつもはかなりはしゃぎ回って大騒ぎなのですが、
今日は比較的落ち着いていました。
男性メンバーが撮影のお手伝いをしてくれたのですが
特に怖がることもなかったので、男性も問題ないようです。

とても元気が良いのですが、
抱っこされればおとなしくしています。
とてもかわいい笑顔を見せてくれました。
青い首輪をつけていて、間違いなく人に飼われていた子です。
(先週レポートより)

こんなにかわいい子を手離さないで欲しいと
心底思ってしまいます。
(先週レポートより)




※7/28よりレポートに登場 (7/15収容)
(9番)
▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後
こちらの子も人がとにかく大好きです。
ぴょんぴょん飛び跳ねるというよりも、
体をクネクネさせて人にまとわりつくといった感じで甘えてきます。
まだ幼いお顔をしていて、子供らしさを残した子です。

この子も男性メンバーを怖がることはありませんでしたので
男性も問題ないようです。
抱きしめられてとても嬉しそうな顔をしていました。

歯もとてもきれいで、やはりまだ幼い子なのだと思います。

とても人懐こく、甘えっ子のようですので、
一日も早く家庭での暮らしを始めさせてあげたいです。
(先週レポートより)




※8/4よりレポートに登場(7/22収容)
▼白長毛 オス 3-4歳? 10キロ前後
先週まで収容室②にいました。
男の子なのですが、とても落ち着いています。
人にかまってもらえるのが本当に嬉しそうです。
ケージにいる時には早く出たくて少し吠えていましたが
外に出てきてしまえば全く吠えることもありません。

パッと見た目ではもこもこな毛に覆われているのでわかりませんでしたが、
よく見てみると前足のひじの部分に脱毛を確認できました。
足はあまり皮膚の状態がよくないようです。

出てきてもウロウロすることもなく、
わちゃわちゃ騒ぐこともなく、
人に触ってもらってることが嬉しいようで
ずっと笑顔を見せてくれていました。







【C部屋(小型犬室)】3頭



※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
▼茶 オス(去勢済み) 6-8歳? 5-6キロ
本当に小さな男の子です。
小型犬のMIXだと思われますが、
目の中心が少し白くなってきているようです。
ケージの中ではそれほど騒ぐこともなく、
外に出る順番を待っていました。

先週は手術後でカラーをつけていましたが、
今日は既にはずしてもらっていて、外に出てきたらすぐに抱っこされ
嬉しそうにニコニコしていました。

おやつも優しく食べることが出来ます。
マンションでもちょうどよい大きさだと思います。
とても人懐こく人馴れは全く問題ありません。





※8/4よりレポート登場(7/13収容)
▼茶鼻黒 メス 2-3歳 14-15キロくらい
ロープをかけられるのをとても嫌がりますが、
少し時間をかけてなんとかロープをつけることが出来ました。
ロープをかけられることにトラウマがあるのかもしれません。
しかしながら、かけてしまえばその後抵抗することはなく、
「怖いことはしないよ。大丈夫だよ。」と
そっと話しかけてあげると、安心したのか
笑顔も見せてくれるようになりました。

最初は不安そうでしたが、
大丈夫なんだと思ってくれたのか、それからはとても落ち着いて
メンバーに甘えてきてくれました。

男性メンバーに甘えていっていましたので、
男性も苦手でないようです。
ロープは嫌がりましたが、実はとても甘ったれな女の子でした。
ケージに出してすぐのお顔とは全く違った笑顔を
見せてくれて安心しました。





※3/24よりレポート登場(3/17収容)
▼茶 柴系mix メス 3-5歳 7キロ前後
まだ慎重な様子は見せますが、
以前に比べればかなり人に馴れてきたように思います。
ロープをかけることが怖かった子なのですが、
急な動きをせずにゆっくりと接してあげれば問題ありません。

わしゃわしゃと触られるのは恐らく怖いのだと思います。
ゆっくり話しかけながら触ってあげれば大丈夫なようです。
この子のペースに合わせてゆっくりと接してあげたいと思います。

ゆっくりとですが、頭を触ることも出来ました。
何をするのもゆっくりと、焦らずに接してあげるようにしました。
少しずつ少しずつ彼女も頑張っていますので、
そちらを理解して頂き、ゆっくりと彼女との関係を作っていこうと
思って下さる方とのご縁を願っています。




レポートはパート2に続きます。



" />

... TOPIX

9/8センターレポート パート1      ⑰

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

譲渡先・預かり先を探している子たちの紹介です。


9/8(火)センターを訪問してきました。


ここではA部屋(譲渡室)・B部屋(鑑定室)・C部屋(小型犬室)
にいる子達を紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。





【A部屋(譲渡室)】5頭+子犬6頭

※幼犬は、2頭以上での預かり先のみ探しています。

No.III
※9/1よりレポート登場 (8/25収容)
▽白 メス 3-5歳 12-3キロ
▽白 子犬6頭(オス3頭・メス3頭) 1.5ヵ月前後 2キロ弱

先週、収容室①にいた母子です。
こちらの部屋に移動してもらったようです。

お母さんは相変わらず疲れたお顔をしていました。
6頭共にとても元気にはしゃぎ回っていますので、
お母さんも疲れてしまうのでしょう。

おやつは嬉しいのでしょう、ゆっくりと食べてくれました。
疲れているから、という部分を除いても
とても落ち着いている子なのだと思います。


でも、上手に子育てしている証拠に、
子犬たちは本当に元気にすくすくと育っています。
部屋の中でもキャーキャーワーワー騒いでいる姿は
本当に見ていても微笑ましいものでした。

先週も1頭元気がなさそうな子がいたのですが、
今日もやはり1頭だけ部屋の隅っこにうずくまっていました。

それでも先週よりは顔をあげている分、少しは元気取り戻したかな?
と思っていたところ、
他の子たちがわらわらと出口に向かってきたのを見てか、
一緒になって寄ってきました!

元気あるんだね!!良かった!
ずっと心配だったので、本当に嬉しかったです。

性別を確認したところ、オスが3頭、メスが3頭でした。
皆よく似たお顔、色合いなので区別がつきにくいので
3頭ずつ抱っこした写真でご紹介します。
まずは最初の3頭です。

残りの3頭です。

こちらの3頭の一番右に写っている子の前足後ろ足、しっぽが
毛が抜けて肌が丸見えになっていました。
皮膚の状態が悪いようです。
この子に限らず、他の子もこの子と同様に足やしっぽの毛が抜けている子が
何頭かいました。


お母さん、もう少しこの子たちのことをよろしくね。
子育てが終わったら、今度はお母さんがゆっくり過ごせるご家庭を
探そうね。
最後にはこんな笑顔も見せてくれる優しいお母さんでした。





No.V
※2/17よりレポート登場(1/29収容)
▼クリーム色 メス 2歳くらい 17-18キロ
人が大好きで、いつも私たちが来るのを楽しみにしてくれています。
それでもケージに入っている間に大騒ぎすることもなく
じっと待っていてくれる、とてもいい子です。

お散歩が大好きなようで、
ずっと入口を眺めていました。
今日はお散歩じゃないの、ごめんね、
と言っても、しきりに外に行こうとします。
たくさんたくさんお散歩したいよね。

おやつもやさしく食べることが出来ます。
いつもこの子の笑顔に癒されます。
このかわいい笑顔を迎えてくれるご家庭が早くみつかりますように。





No.VI
※7/7よりレポートに登場(7/2他抑留所より移送)
▼チョコラブ(mix?) オス 4-5歳 20キロ以上
この子も人が大好きで、どこを触っても怒ることはありません。
後ろからぎゅーっと抱きしめても嫌がることなく体を預けてきます。
大きな体をゆさゆさと揺さぶりながら、嬉しさを表現してくれます。

とにかく人と一緒にいるのが嬉しくて仕方がないといった感じです。
抱きしめられると嬉しくてしっぽをぶんぶん振っていました。
こんなに人懐こい子がどうしてここにいるのでしょう。
一緒にいたら本当に楽しい子だと思います。

おやつを手ごと食べようとしたりもしますが、
人の言うことは届く子だと思います。
大型犬との生活を考えていらっしゃる方は是非この子にも
目を向けてあげてください。





No.VII
※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
ここでの生活が長くなってきたのもあり、
私たちが訪問すると、どうしたらいいのかがすっかりわかっているのか、
ケージから出るのも、戻っていくのも自分からやってくれるお利口さんです。
人も大好きです。前から触ることも全く問題ありませんが、
この子は後ろから抱きしめてあげるのがとても嬉しいようです。

メンバーが後ろから抱きしめてあげている間中、
ずっと嬉しそうなお顔をしていて、
それを見ているだけで、こちらもすごく嬉しい気持ちになりました。

お座りもしっかり出来ます。
おやつも上手に食べることも出来ます。
以前は大部屋にいたこともありますので、他犬との相性も問題ありません。
とても飼い易い子だと思います。
こんなお利口さんなこの子をお迎えしてくださる方をお待ちしています。





No.VIII
※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
 「飼い主募集中!!№2809」
お馴染みのシェパじぃです。
いつもは排水溝に上手におしっこをするのですが、
今日は何か他のことに興味があったのか、
なかなかおしっこをせず、気がついたら珍しく違うところでしていました。
そんな日もあるでしょう。いつもは本当にお利口に、人の手を煩わすことなく
排水溝でおしっこが出来る子です。
悲しいかな、ここでの生活が長くなって身についてしまったのでしょう。

お座りも伏せもすることが出来ます。
こちらの指示をしっかり聞くことが出来ます。
とてもこの年齢とは思えないほど元気も良く、
まだまだシェパじぃと一緒に過ごせる時間は長いと思います。







【B部屋(鑑定室】3頭



※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
(8番)
▼黒白 メス 1歳ぐらい 12-3キロ
とにかく人が大好きで、ケージの外に出てくるのを楽しみにしています。
一旦出てしまうといつもはかなりはしゃぎ回って大騒ぎなのですが、
今日は比較的落ち着いていました。
男性メンバーが撮影のお手伝いをしてくれたのですが
特に怖がることもなかったので、男性も問題ないようです。

とても元気が良いのですが、
抱っこされればおとなしくしています。
とてもかわいい笑顔を見せてくれました。
青い首輪をつけていて、間違いなく人に飼われていた子です。
(先週レポートより)

こんなにかわいい子を手離さないで欲しいと
心底思ってしまいます。
(先週レポートより)




※7/28よりレポートに登場 (7/15収容)
(9番)
▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後
こちらの子も人がとにかく大好きです。
ぴょんぴょん飛び跳ねるというよりも、
体をクネクネさせて人にまとわりつくといった感じで甘えてきます。
まだ幼いお顔をしていて、子供らしさを残した子です。

この子も男性メンバーを怖がることはありませんでしたので
男性も問題ないようです。
抱きしめられてとても嬉しそうな顔をしていました。

歯もとてもきれいで、やはりまだ幼い子なのだと思います。

とても人懐こく、甘えっ子のようですので、
一日も早く家庭での暮らしを始めさせてあげたいです。
(先週レポートより)




※8/4よりレポートに登場(7/22収容)
▼白長毛 オス 3-4歳? 10キロ前後
先週まで収容室②にいました。
男の子なのですが、とても落ち着いています。
人にかまってもらえるのが本当に嬉しそうです。
ケージにいる時には早く出たくて少し吠えていましたが
外に出てきてしまえば全く吠えることもありません。

パッと見た目ではもこもこな毛に覆われているのでわかりませんでしたが、
よく見てみると前足のひじの部分に脱毛を確認できました。
足はあまり皮膚の状態がよくないようです。

出てきてもウロウロすることもなく、
わちゃわちゃ騒ぐこともなく、
人に触ってもらってることが嬉しいようで
ずっと笑顔を見せてくれていました。







【C部屋(小型犬室)】3頭



※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
▼茶 オス(去勢済み) 6-8歳? 5-6キロ
本当に小さな男の子です。
小型犬のMIXだと思われますが、
目の中心が少し白くなってきているようです。
ケージの中ではそれほど騒ぐこともなく、
外に出る順番を待っていました。

先週は手術後でカラーをつけていましたが、
今日は既にはずしてもらっていて、外に出てきたらすぐに抱っこされ
嬉しそうにニコニコしていました。

おやつも優しく食べることが出来ます。
マンションでもちょうどよい大きさだと思います。
とても人懐こく人馴れは全く問題ありません。





※8/4よりレポート登場(7/13収容)
▼茶鼻黒 メス 2-3歳 14-15キロくらい
ロープをかけられるのをとても嫌がりますが、
少し時間をかけてなんとかロープをつけることが出来ました。
ロープをかけられることにトラウマがあるのかもしれません。
しかしながら、かけてしまえばその後抵抗することはなく、
「怖いことはしないよ。大丈夫だよ。」と
そっと話しかけてあげると、安心したのか
笑顔も見せてくれるようになりました。

最初は不安そうでしたが、
大丈夫なんだと思ってくれたのか、それからはとても落ち着いて
メンバーに甘えてきてくれました。

男性メンバーに甘えていっていましたので、
男性も苦手でないようです。
ロープは嫌がりましたが、実はとても甘ったれな女の子でした。
ケージに出してすぐのお顔とは全く違った笑顔を
見せてくれて安心しました。





※3/24よりレポート登場(3/17収容)
▼茶 柴系mix メス 3-5歳 7キロ前後
まだ慎重な様子は見せますが、
以前に比べればかなり人に馴れてきたように思います。
ロープをかけることが怖かった子なのですが、
急な動きをせずにゆっくりと接してあげれば問題ありません。

わしゃわしゃと触られるのは恐らく怖いのだと思います。
ゆっくり話しかけながら触ってあげれば大丈夫なようです。
この子のペースに合わせてゆっくりと接してあげたいと思います。

ゆっくりとですが、頭を触ることも出来ました。
何をするのもゆっくりと、焦らずに接してあげるようにしました。
少しずつ少しずつ彼女も頑張っていますので、
そちらを理解して頂き、ゆっくりと彼女との関係を作っていこうと
思って下さる方とのご縁を願っています。




レポートはパート2に続きます。



関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る