おやつはちょっと恐る恐るではありますが、
しっかり手から食べることが出来ます。
あなたはまだ信用していないけど、おやつは食べたいからもらうわ!
と言われてるような気がしました。

近づこうとするとまだ逃げようと腰を浮かせます。
でもビビリではあっても人をじっと見ることが出来るので
家庭に入ればぐっと人馴れが進む可能性を秘めていると思います。





※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
▼白 オス 8-9ヵ月 11キロ~
近づかなければその場にじっとしていることはできます。
注目していても、距離を縮めなければ問題はありません。
なかなか距離を縮められることが出来ずもどかしく思います。

おやつにもまだ興味をしめしてくれません。
近づきすぎると拒否してすぐ逃げようとしてしまいます。

今回旧子犬舎の撮影は久しぶりだったのですが、
以前に撮影したときよりも目つきが柔らかくなっていた気がして
とても嬉しかったです。





※6/9よりレポート登場(5/26収容)
▼茶 メス 1歳前後 8キロ前後
この中で一番ビビリちゃんではありますが、
全く目を合わせようとしない、ということはありませんので
以前収容棟にいた頃に比べればかなり表情は柔らかくなってきたと思います。

こちらから近づこうとちょっと動くだけで逃げ回り、
おやつも手から食べることは出来ないのですが、
置いたおやつは食べることが出来ます。

とても綺麗なお顔をしているので、
なんとか少しでも撫でてあげたいと思ってしまいます。
この子の甘えた顔も見てみたいです。







<1-2>6頭
5頭くっついて部屋の隅っこに固まっていました。
一番体の大きな子が一匹前に出てきていました。
まだまだ怖いようで一頭一頭抱き上げることはしませんでしたので、
撮影しているだけで気がついた点のみコメント入れてご紹介します。
収容当時から比べると、皆大分体が大きくなってきました。
まだこのくらいの時期に
一日も早く家庭に入って人との生活ができれば・・・
皮膚の状態もあまりよくありませんので、
早めに個別治療をしてあげられたらと思います。



※8/18よりレポート登場 (~8/11収容)
▼テリア系 茶色 オス 4ヵ月前後 4-5キロ
体が一番大きく、6頭いる中で唯一人に近づいてくることが出来ます。
おやつも手から食べることができます。
他の子と一緒にくっついていることは少なく、
収容当初からこの子だけが人に寄って来る子でした。
家庭に入ればすぐに馴れてくれると思います。
(先週レポートより)



※8/18よりレポートに登場 (~8/11収容)
▼テリア系 薄茶/鼻黒 オス 4ヵ月ぐらい 4キロ程度
一番奥に入り込んでいて、なかなか写真が取れませんでした。




※8/18よりレポートに登場 (~8/11収容)
▼テリア系 茶 オス 4ヵ月ぐらい  4キロ程度
(唯一茶色一色の子です)
こちらをじっと見ることができるので、そこまでビビリちゃんではないかもしれません。




※8/18よりレポート登場 (~8/11収容)
▼テリア系 薄茶/顔やや長毛 メス 4ヵ月ぐらい 3-4キロ
(テリア系の4頭の中で唯一のメスです)
とても整ったお顔をしています。
きっと大きくなったら美人さんになることでしょう。




※8/25よりレポート登場 (8/14収容)
▼薄茶/鼻黒 メス 4ヵ月ぐらい 3-4キロ
 ↑で紹介した子に似た感じで、マズルの部分の毛が他の子たちよりも
少し長くてかわいいです。
あまり目を合わせてくれなかったので、まだ少し怖いのかもしれません。




※8/25よりレポート登場 (8/14収容)
▼黒茶 メス 4ヵ月ぐらい 3キロ程度
一番体が小さい仔です。
段々他の子たちとの体格差が目立ってきました。
おやつをあげようと手を出してもそこまで怖がる様子はありませんでした。
他の子たちのようにマズル部分の毛の長さはありませんし、
体も小さいので一頭だけちょっと違う感じもしますが、
毛質はやはり似ています。






<1-3>2頭
喧嘩することもなくうまく過ごせていけているようです。



※6/9よりレポート登場(5/28収容)
▼薄茶 メス 2-3歳 11キロぐらい
人はちょっと怖いんだけれど、またおやつ持ってるかも!と
期待して近づいてきている感じがします。
前に出てきては引っ込み、
また前に出てきては引っ込み、ということをずっと2頭で繰り返していました。

一緒にいる子がとてもカチャカチャしているので
ついついそちらにつられて同じような動きをしていますが、
実際には落ち着きがある子だと思います。
ゆっくり触ることが出来ませんでしたが、
人のことをじっと見ながら近づいてきますので
こちらの指示はしっかり伝わる子なのではないかと思います。





※5/12よりレポート登場(4/23収容)
▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳ぐらい 10キロ前後
以前よりもとても活発になっていて驚きました。
ずっと吠えながら前に出てきたり、そのまま後退したりを
ひたすら続けていました。
たまたまおやつを持っていなかったのですが、
それがわかると前に出て軽くかぷっと手を噛もうとしていました。

「怖いけどおやつ欲しいのに・・・おやつ持ってないの?!?!」
ちょこっと前に出ては私の手を確認しようと
空噛みをしていたのだと思います。

ちょっと前よりまた吠えが強くなってきた感じがしました。
でもそれも、なかなか人と触れ合う機会が少ないせいで
人が来たから警戒しているのと、
おやつ持ってるんでしょ!ちょうだい!!という要求吠えの
両方なのではないかと思います。







<1-4>2頭
※7/7よりレポートに登場 (6/29収容)
▼黒白 メス 3-4歳 13キロ前後 
人が大好きなので、日向ぼっこしているところに私たちが入っていくと
嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねていましたが、
しばらくすると少し落ち着いて、こちらに笑顔を見せてくれました。

散々動き回った後で、今日は少し暑かったからか
一生懸命水を飲んでいました。

人に触ってもらっているのが嬉しいようで、
同行メンバーにずっと甘えてくっついていました。
嬉しそうな顔を見ているとこちらも幸せな気持ちになります。
本当の家族にこの笑顔を見せてあげたいです。





※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
▼白茶 メス  3-4歳  12キロ前後
この子も人が大好きなので、来てくれたのが嬉しくて嬉しくて
どうしていいかわからなくなっているようで
とにかく人に甘えようと必死にアピールしてきます。

さすが姉妹。こちらも散々動き回った後に
同じようなタイミングで水を飲んでいました。
白黒の子よりもこちらの子の方が元気一杯です。

メンバーにくっついてとにかく撫でてもらいたいようでした。
とても甘ったれちゃんなので、たくさん甘えさせてくれるご家庭に
迎えていただけることを祈っています。







【A部屋(譲渡室)】5頭



No.III
※9/29レポート初登場
▼秋田犬(白黒虎柄) オス 3歳ぐらい 30キロ前後
センターに収容されている子たちの中でも一際大きい男の子ですが、
とても素直で落ち着きがあるように感じました。
ここまで大きな子のリードを持つのが初めてでしたので
最初はとても緊張したのですが、
ケージから出す時も全く抵抗することもなく、
落ち着いてゆっくりと出てきてくれました。
ロープをかけるのも全く問題ありませんでした。

どこを触っても問題ありませんでした。
歯を見た感じでも綺麗でしたので、まだ若い子だと思います。

満面の笑みでこちらを見つめてくれるので
とても嬉しくなってたくさんたくさん撫でてあげました。
これだけ体が大きくても苦手なこともなさそうですので
秋田犬などの大型犬を飼ったご経験のある方でしたら
問題なく家族に迎えて頂くことが出来ると思います。
まだとても若い分、ヤンチャな面も持っており、
嬉しくて飛びついたりもします。
大型犬の経験又は和犬気質をご理解いただけている方にお願いします。




No.IV
※9/8よりレポート登場 (8/31収容)
▽白茶 メス 2-3歳 13キロくらい
先々週まで収容室②にいました。
こちらの部屋に移動してきましたが、変わらず落ち着いており
ケージから出てきても動き回ることもなく、
かわいい笑顔を見せてくれました。

おやつをあげたところ、大分テンションがあがってきたようで
それからは前に出てくるようになりました。
まだ若いのですから、このくらいの元気があった方が普通だと思います。

段々本当の姿を見せてくれるようになってきたのかと思うと
とても嬉しくなりました。
それでも年齢の割には落ち着いている方だと思います。
咳がよく出ていたのが少し気になりました。





No.V
※9/15よりレポート登場 (9/10他抑留所からの移送)
▽茶鼻黒 オス 13-14キロ(痩せすぎ)
先々週まで4日目部屋(オスが数頭いる大部屋)にいました。
前の部屋にいた時には、少し体格の小さい子にしきりにマウントしていましたが
今日会った時にはその時の印象とは違い、大分落ち着いていました。

ケージから出るとウロウロしていましたが、
大部屋から個別ケージに移ったので、まだ馴れないのかもしれません。

厳つい顔をしていますが、とても甘ったれです。
頭をぐちゃぐちゃに撫で回しても嫌がるどころか嬉しそうにしていました。
とても痩せているのが心配です。





No.VII
※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
とてもお利口さんで、いつもケージから出るのも戻るのも
こちらの指示だけですることが出来ます。
いつものようにお座りをしてこちらを見つめていました。
おやつを期待していたのかな?

本当にお利口にしているのでついついおやつもあげすぎてしまいます。
この子もセンターでの生活が8ヶ月を経過してしまいました。
収容当時の見立てではありますが、16~7Kgという体重は
既に超えていると思われます。(恐らく現在は20Kg近くあると思われます)
一日も早くここを卒業させてあげたいです。

人の指示がしっかりきけますので、コントロールし易いと思います。
最近、長期間センターでの生活を過ごしてきた仲間がここを卒業しているので、
次こそ、この子の番なんだけどな。と思ってしまいます。





No.VIII
※昨年12/16よりレポートに登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス (去勢済み) 8-9歳 14.12キロ
「飼い主募集中!!№2809」
先週木曜日に訪問した際にはドッグランに出してもらっていて
とても嬉しそうにしていましたが、
今日はいつも通りケージの中にいました。
相変わらず元気一杯のシェパじぃです。

いつものように上手に排水溝におしっこをして、
部屋の隅で排便もしました。
部屋の中はきれいなままになっていて
汚したくないのでしょう。
長いセンター生活の中で、この狭いケージで快適に過ごす方法を
しっかり覚えているという感じで、少し悲しくなりました。
早くここを卒業して、そこまで我慢して排泄しないでいる生活を
終わらせてあげられたらと切に願っています。







【B部屋(鑑定室)】3頭



※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)(8番)
▼黒白 メス 1歳ぐらい 12-3キロ
元気が有り余っているかのようにケージから出てきて
ひとしきり動き回っていました。
人が大好きなので、常に人にまとわりついていて
その元気の良さはまだまだ子犬ちゃんだなぁと感じます。
人にも従順ですので
家庭に入ればすごい甘ったれで皆にかわいがられると思います。

ケージから出て少しするとおしっこもうんちもしました。
部屋は汚したくないのでしょうね。綺麗好きなのだと思います。

ケージから出てくるまではずっと出して欲しくて鳴いていますが
出てきてしまえば全く吠えることはありません。
これだけ元気が有り余っていて、狭いケージにいれば仕方のないことです。
出して欲しい!人に甘えたい!
その一心で吠えているだけだと思います。
出てくればお座りも出来ますし、本当にいい子だと思います。





※7/28よりレポートに登場 (7/15収容) (9番)
▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後
隣の黒白の子よりも更にハイパーな女の子です。
ケージの近くにいると、前足を器用に使って服を引っ張ろうとしたりします。
人が来たことが嬉しくて仕方がないらしく、しっぽをブンブン振っているので
ケージの壁にドンドン当たって音がしていて可笑しくなります。

ケージから出てくると嬉しくて嬉しくて床を滑りながら走り回ろうとします。
この子も人が大好きなので、人に甘えたり、走り回ったりと
とても忙しそうです。

この子の毛の色は「黒」というより「こげ茶」に近い色です。
写真だと黒にしか見えないかもしれませんが、
スムースコートできれいなこげ茶色をしていて艶もありますので
とても綺麗です。





※9/29よりレポート初登場 (9/24他抑留所からの移送) 
▼セッターMIX? こげ茶 メス 3-4歳程度 15キロ前後(痩せすぎ)
とても穏やかな顔をしていますが、少し臆病なようです。
ケージから出してあげるとしっぽは股の間にいれてしまって
少し震えていました。
まだこの環境に慣れていないようでした。

とにかく痩せていて、あばらも浮き出ているように見えますし、
腰のあたりが本当に骨と皮だけ、といった感じです。

怖がっているからなのか、性格が穏やかだからなのかは
現時点ではわかりませんが、
どこを触っても嫌がることはありませんでした。
たくさんご飯をもらって、少しずつお肉つけていこうね。




レポートはパート4に続きます。

" />

... TOPIX

9/29センターレポート パート3      ㉑

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターレポートパート2からの続きです。

譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。


ここでは、
旧子犬舎・A部屋(譲渡室)・B部屋(鑑定室)にいる子たちを紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【旧子犬舎】13頭


<1-1>3頭
※6/9よりレポートに登場(6/8他抑留所より移送 4きょうだいで引き取り)
▼茶鼻黒 赤い首輪 メス 9ヵ月(1月生まれ) 8キロ前後
いつものように白い男の子とぴったりくっついていました。
相変わらず目力の強い子です。
芯がしっかりしてそうな印象は変わりません。

おやつはちょっと恐る恐るではありますが、
しっかり手から食べることが出来ます。
あなたはまだ信用していないけど、おやつは食べたいからもらうわ!
と言われてるような気がしました。

近づこうとするとまだ逃げようと腰を浮かせます。
でもビビリではあっても人をじっと見ることが出来るので
家庭に入ればぐっと人馴れが進む可能性を秘めていると思います。





※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
▼白 オス 8-9ヵ月 11キロ~
近づかなければその場にじっとしていることはできます。
注目していても、距離を縮めなければ問題はありません。
なかなか距離を縮められることが出来ずもどかしく思います。

おやつにもまだ興味をしめしてくれません。
近づきすぎると拒否してすぐ逃げようとしてしまいます。

今回旧子犬舎の撮影は久しぶりだったのですが、
以前に撮影したときよりも目つきが柔らかくなっていた気がして
とても嬉しかったです。





※6/9よりレポート登場(5/26収容)
▼茶 メス 1歳前後 8キロ前後
この中で一番ビビリちゃんではありますが、
全く目を合わせようとしない、ということはありませんので
以前収容棟にいた頃に比べればかなり表情は柔らかくなってきたと思います。

こちらから近づこうとちょっと動くだけで逃げ回り、
おやつも手から食べることは出来ないのですが、
置いたおやつは食べることが出来ます。

とても綺麗なお顔をしているので、
なんとか少しでも撫でてあげたいと思ってしまいます。
この子の甘えた顔も見てみたいです。







<1-2>6頭
5頭くっついて部屋の隅っこに固まっていました。
一番体の大きな子が一匹前に出てきていました。
まだまだ怖いようで一頭一頭抱き上げることはしませんでしたので、
撮影しているだけで気がついた点のみコメント入れてご紹介します。
収容当時から比べると、皆大分体が大きくなってきました。
まだこのくらいの時期に
一日も早く家庭に入って人との生活ができれば・・・
皮膚の状態もあまりよくありませんので、
早めに個別治療をしてあげられたらと思います。



※8/18よりレポート登場 (~8/11収容)
▼テリア系 茶色 オス 4ヵ月前後 4-5キロ
体が一番大きく、6頭いる中で唯一人に近づいてくることが出来ます。
おやつも手から食べることができます。
他の子と一緒にくっついていることは少なく、
収容当初からこの子だけが人に寄って来る子でした。
家庭に入ればすぐに馴れてくれると思います。
(先週レポートより)



※8/18よりレポートに登場 (~8/11収容)
▼テリア系 薄茶/鼻黒 オス 4ヵ月ぐらい 4キロ程度
一番奥に入り込んでいて、なかなか写真が取れませんでした。




※8/18よりレポートに登場 (~8/11収容)
▼テリア系 茶 オス 4ヵ月ぐらい  4キロ程度
(唯一茶色一色の子です)
こちらをじっと見ることができるので、そこまでビビリちゃんではないかもしれません。




※8/18よりレポート登場 (~8/11収容)
▼テリア系 薄茶/顔やや長毛 メス 4ヵ月ぐらい 3-4キロ
(テリア系の4頭の中で唯一のメスです)
とても整ったお顔をしています。
きっと大きくなったら美人さんになることでしょう。




※8/25よりレポート登場 (8/14収容)
▼薄茶/鼻黒 メス 4ヵ月ぐらい 3-4キロ
 ↑で紹介した子に似た感じで、マズルの部分の毛が他の子たちよりも
少し長くてかわいいです。
あまり目を合わせてくれなかったので、まだ少し怖いのかもしれません。




※8/25よりレポート登場 (8/14収容)
▼黒茶 メス 4ヵ月ぐらい 3キロ程度
一番体が小さい仔です。
段々他の子たちとの体格差が目立ってきました。
おやつをあげようと手を出してもそこまで怖がる様子はありませんでした。
他の子たちのようにマズル部分の毛の長さはありませんし、
体も小さいので一頭だけちょっと違う感じもしますが、
毛質はやはり似ています。






<1-3>2頭
喧嘩することもなくうまく過ごせていけているようです。



※6/9よりレポート登場(5/28収容)
▼薄茶 メス 2-3歳 11キロぐらい
人はちょっと怖いんだけれど、またおやつ持ってるかも!と
期待して近づいてきている感じがします。
前に出てきては引っ込み、
また前に出てきては引っ込み、ということをずっと2頭で繰り返していました。

一緒にいる子がとてもカチャカチャしているので
ついついそちらにつられて同じような動きをしていますが、
実際には落ち着きがある子だと思います。
ゆっくり触ることが出来ませんでしたが、
人のことをじっと見ながら近づいてきますので
こちらの指示はしっかり伝わる子なのではないかと思います。





※5/12よりレポート登場(4/23収容)
▼白×薄茶が少し メス テリアmix 1歳ぐらい 10キロ前後
以前よりもとても活発になっていて驚きました。
ずっと吠えながら前に出てきたり、そのまま後退したりを
ひたすら続けていました。
たまたまおやつを持っていなかったのですが、
それがわかると前に出て軽くかぷっと手を噛もうとしていました。

「怖いけどおやつ欲しいのに・・・おやつ持ってないの?!?!」
ちょこっと前に出ては私の手を確認しようと
空噛みをしていたのだと思います。

ちょっと前よりまた吠えが強くなってきた感じがしました。
でもそれも、なかなか人と触れ合う機会が少ないせいで
人が来たから警戒しているのと、
おやつ持ってるんでしょ!ちょうだい!!という要求吠えの
両方なのではないかと思います。







<1-4>2頭
※7/7よりレポートに登場 (6/29収容)
▼黒白 メス 3-4歳 13キロ前後 
人が大好きなので、日向ぼっこしているところに私たちが入っていくと
嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねていましたが、
しばらくすると少し落ち着いて、こちらに笑顔を見せてくれました。

散々動き回った後で、今日は少し暑かったからか
一生懸命水を飲んでいました。

人に触ってもらっているのが嬉しいようで、
同行メンバーにずっと甘えてくっついていました。
嬉しそうな顔を見ているとこちらも幸せな気持ちになります。
本当の家族にこの笑顔を見せてあげたいです。





※7/7よりレポート登場 (6/29収容)
▼白茶 メス  3-4歳  12キロ前後
この子も人が大好きなので、来てくれたのが嬉しくて嬉しくて
どうしていいかわからなくなっているようで
とにかく人に甘えようと必死にアピールしてきます。

さすが姉妹。こちらも散々動き回った後に
同じようなタイミングで水を飲んでいました。
白黒の子よりもこちらの子の方が元気一杯です。

メンバーにくっついてとにかく撫でてもらいたいようでした。
とても甘ったれちゃんなので、たくさん甘えさせてくれるご家庭に
迎えていただけることを祈っています。







【A部屋(譲渡室)】5頭



No.III
※9/29レポート初登場
▼秋田犬(白黒虎柄) オス 3歳ぐらい 30キロ前後
センターに収容されている子たちの中でも一際大きい男の子ですが、
とても素直で落ち着きがあるように感じました。
ここまで大きな子のリードを持つのが初めてでしたので
最初はとても緊張したのですが、
ケージから出す時も全く抵抗することもなく、
落ち着いてゆっくりと出てきてくれました。
ロープをかけるのも全く問題ありませんでした。

どこを触っても問題ありませんでした。
歯を見た感じでも綺麗でしたので、まだ若い子だと思います。

満面の笑みでこちらを見つめてくれるので
とても嬉しくなってたくさんたくさん撫でてあげました。
これだけ体が大きくても苦手なこともなさそうですので
秋田犬などの大型犬を飼ったご経験のある方でしたら
問題なく家族に迎えて頂くことが出来ると思います。
まだとても若い分、ヤンチャな面も持っており、
嬉しくて飛びついたりもします。
大型犬の経験又は和犬気質をご理解いただけている方にお願いします。




No.IV
※9/8よりレポート登場 (8/31収容)
▽白茶 メス 2-3歳 13キロくらい
先々週まで収容室②にいました。
こちらの部屋に移動してきましたが、変わらず落ち着いており
ケージから出てきても動き回ることもなく、
かわいい笑顔を見せてくれました。

おやつをあげたところ、大分テンションがあがってきたようで
それからは前に出てくるようになりました。
まだ若いのですから、このくらいの元気があった方が普通だと思います。

段々本当の姿を見せてくれるようになってきたのかと思うと
とても嬉しくなりました。
それでも年齢の割には落ち着いている方だと思います。
咳がよく出ていたのが少し気になりました。





No.V
※9/15よりレポート登場 (9/10他抑留所からの移送)
▽茶鼻黒 オス 13-14キロ(痩せすぎ)
先々週まで4日目部屋(オスが数頭いる大部屋)にいました。
前の部屋にいた時には、少し体格の小さい子にしきりにマウントしていましたが
今日会った時にはその時の印象とは違い、大分落ち着いていました。

ケージから出るとウロウロしていましたが、
大部屋から個別ケージに移ったので、まだ馴れないのかもしれません。

厳つい顔をしていますが、とても甘ったれです。
頭をぐちゃぐちゃに撫で回しても嫌がるどころか嬉しそうにしていました。
とても痩せているのが心配です。





No.VII
※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼茶 メス 3-4歳 16-17キロ
とてもお利口さんで、いつもケージから出るのも戻るのも
こちらの指示だけですることが出来ます。
いつものようにお座りをしてこちらを見つめていました。
おやつを期待していたのかな?

本当にお利口にしているのでついついおやつもあげすぎてしまいます。
この子もセンターでの生活が8ヶ月を経過してしまいました。
収容当時の見立てではありますが、16~7Kgという体重は
既に超えていると思われます。(恐らく現在は20Kg近くあると思われます)
一日も早くここを卒業させてあげたいです。

人の指示がしっかりきけますので、コントロールし易いと思います。
最近、長期間センターでの生活を過ごしてきた仲間がここを卒業しているので、
次こそ、この子の番なんだけどな。と思ってしまいます。





No.VIII
※昨年12/16よりレポートに登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス (去勢済み) 8-9歳 14.12キロ
「飼い主募集中!!№2809」
先週木曜日に訪問した際にはドッグランに出してもらっていて
とても嬉しそうにしていましたが、
今日はいつも通りケージの中にいました。
相変わらず元気一杯のシェパじぃです。

いつものように上手に排水溝におしっこをして、
部屋の隅で排便もしました。
部屋の中はきれいなままになっていて
汚したくないのでしょう。
長いセンター生活の中で、この狭いケージで快適に過ごす方法を
しっかり覚えているという感じで、少し悲しくなりました。
早くここを卒業して、そこまで我慢して排泄しないでいる生活を
終わらせてあげられたらと切に願っています。







【B部屋(鑑定室)】3頭



※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)(8番)
▼黒白 メス 1歳ぐらい 12-3キロ
元気が有り余っているかのようにケージから出てきて
ひとしきり動き回っていました。
人が大好きなので、常に人にまとわりついていて
その元気の良さはまだまだ子犬ちゃんだなぁと感じます。
人にも従順ですので
家庭に入ればすごい甘ったれで皆にかわいがられると思います。

ケージから出て少しするとおしっこもうんちもしました。
部屋は汚したくないのでしょうね。綺麗好きなのだと思います。

ケージから出てくるまではずっと出して欲しくて鳴いていますが
出てきてしまえば全く吠えることはありません。
これだけ元気が有り余っていて、狭いケージにいれば仕方のないことです。
出して欲しい!人に甘えたい!
その一心で吠えているだけだと思います。
出てくればお座りも出来ますし、本当にいい子だと思います。





※7/28よりレポートに登場 (7/15収容) (9番)
▼黒白 メス 1歳程度 11キロ前後
隣の黒白の子よりも更にハイパーな女の子です。
ケージの近くにいると、前足を器用に使って服を引っ張ろうとしたりします。
人が来たことが嬉しくて仕方がないらしく、しっぽをブンブン振っているので
ケージの壁にドンドン当たって音がしていて可笑しくなります。

ケージから出てくると嬉しくて嬉しくて床を滑りながら走り回ろうとします。
この子も人が大好きなので、人に甘えたり、走り回ったりと
とても忙しそうです。

この子の毛の色は「黒」というより「こげ茶」に近い色です。
写真だと黒にしか見えないかもしれませんが、
スムースコートできれいなこげ茶色をしていて艶もありますので
とても綺麗です。





※9/29よりレポート初登場 (9/24他抑留所からの移送) 
▼セッターMIX? こげ茶 メス 3-4歳程度 15キロ前後(痩せすぎ)
とても穏やかな顔をしていますが、少し臆病なようです。
ケージから出してあげるとしっぽは股の間にいれてしまって
少し震えていました。
まだこの環境に慣れていないようでした。

とにかく痩せていて、あばらも浮き出ているように見えますし、
腰のあたりが本当に骨と皮だけ、といった感じです。

怖がっているからなのか、性格が穏やかだからなのかは
現時点ではわかりませんが、
どこを触っても嫌がることはありませんでした。
たくさんご飯をもらって、少しずつお肉つけていこうね。




レポートはパート4に続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る