アニマルライツセンター



  1. Good news!プラダグループ、ファーフリー!

    2019年5月22日、プラダグループ(PRADA group)は、2020年春夏ウィメンズコレクションを手始めとして、以後、自社デザインや新製品に動物の毛皮を使用しないと発表しました。ただし、在庫はなくなるまで販売されます。 40数ヵ国の50を超える動物保護団体が参加するファーフリーアライアンス(FFA)とのコラボレーションにおいて、プラダグループと、FFA参加団体、LAV(イタリア)、HSUS(米国)との間で積極的な対話が取り交わされた結果です。 「私たちプラダグループには、イノベーションと社会責任の努めを果たすという義務があります。ファーフリーアライアンス、特にLAV、HSUSとの積極的な対話の成果である、わが社のファーフリーの企業方針は、その達成に向けた取り組みの一環です。」ミウッチャ・プラダ氏はこう説明しています。「革新的な素材に焦点を当てることで、エシカルな製品の需要を満たしながらも、クリエイティブなデザインの追求が可能となるでしょう。」 「ファーフリーアライアンスは、プラダグループのファーフリー宣言を称賛します。」ファーフリーアライアンスの会長であるヨー・ビンディング氏はこう話します。「プラダグループとそのブランドは、このたび、ファーフリーブランドの仲間入りを果たしました。ファーフリーブランドは増え続けています。消費者の動物に対する考え方が変化していることに、企業が対応している結果なのです。」 ファーフリーアライアンスのプログラムマネージャーであるブリジット・オウェレ氏は、次の様に話します。「プラダグループは、ファーフリーに向けて最も迅速な決定を下した企業の一つです。積極的な話し合いは、ほんの一年あまり前に始まったばかりでした。ファーフリーリテイラー認証プログラムには現在、1000社あまりが登録されており、この世界的な動向が急速に勢いを増していることの証です。もはや毛皮が再び流行としてもてはやされる様なことは、まず起きないでしょう。今日は、動物たちにとって、本当に素晴らしい日です!」 日本でファーフリーアライアンスのメンバーとして活動する認定NPO法人アニマルライツセンターの代表理事 岡田千尋は次のように話しています。「企業のファーフリーの流れは、世界だけでなく日本の消費者の意向と一致しており、日本でも2018年から“しまむら“がファーフリーになるなど、動きが加速しています。プラダの決断によって、その流れはより確固たるものになりました。10年前では考えられなかった大きな流れです。次の10年では、毛皮に限らず、動物を苦しめたファッションから離脱し、エシカルな社会に変わっていくことを期待します。」 2018年に、アニマルライツセンターを含むFFAはプラダに対し国際キャンペーンを実施、当時毛皮の使用量を減らすことを約束し、その後話し合いが続けられていました。多くの消費者の期待に沿うファーフリー宣言、他の企業にさらに拡大することを願います! ファーフリーの確認が取れていない日本のアパレル企業 2018年以降、ベルサーチ、フルラ、ダナ・キャラン、ジョン・ガリアーノ、バーバリー、しまむら、そしてプラダと多くのブランドが次々と毛皮をやめることを宣言しています。インドやロサンゼルス、サンフランシスコなども毛皮の販売をやめています。 他のアパレル企業もこの社会的環境的責任を重視し、日本の企業・消費者も後に続いてください。 皆さんから企業にリアルファーを今後一切取り扱わないと決めてくださるよう、お願いをしてください。 3位 ワールド 0120-977-917 メールフォーム 4位 オンワードホールディングス メールフォーム 5位 青山商事 084-975-3939 メールファーム 6位 ワコールホールディングス 0120-307-056 メールフォーム 7位 アダストリア 0120-601-162 メールフォーム 8位 AOKIホールディングス メールフォーム 9位 TSIホールディングス(サンエー・インターナショナルを含むグループ) 株式会社サンエー・インターナショナル03-6748-0232 メール 株式会社東京スタイル:03-6836-1880 株式会社ローズバッド:メールフォーム 10位 ユナイテッドアローズ 0120-011-031 メールフォーム

  2. 動物愛護法改正は実験動物・畜産動物について更なる検討を!

    3団体共同声明 私どもは、「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)の、包括的かつ実効性ある改正を求め、2016年より連携して活動を続けてきた動物保護団体3団体です。昨年の通常国会では、実験動物・畜産動物のウェルフェア向上も含めた改正項目について、請願署名10万筆を衆参両院に提出いたしました。 本日、自由民主党どうぶつ愛護議員連盟と、犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟との間の合意が公表の運びとなり、私どもが求めてまいりました多くの改正点が実現の運びとなったことを心より歓迎するものです…

  3. 早稲田大学学食にヴィーガンメニュー導入!「大隈ガーデンハウス」

    早稲田大学の学食である大隈ガーデンハウスにヴィーガンメニューが導入されました! アニマルライツセンター学生部は去年の11月に学食の担当者と面会の時間をいただいてヴィーガンメニュー導入のお願いをしており、来年度から導入を検討するという回答を得ていました。 以下は、実際にカレーを食べに行ったアニマルライツ学生部メンバーの報告です。 早稲田大学の学食にヴィーガンメニューが導入されたと聞き、行ってきました。 豆カレーと野菜カレーが週替わりらしいです。 特にクセはなく、食べやすい味です。 毎日サイゼリ…

  4. 10億の動物がこぼれ落ちる動物愛護法改正、自民含め各党の検討会で訴え

    好きな動物だけを守り、自分たちにとって無関心な動物を人間の搾取と虐待から守らないことは、それだけで非人道的だと言えます。動物愛護法は機能していません。 今動物愛護法改正で、わたしたちは今見捨てられてしまっている「愛護動物」の中の鶏、豚、牛などの畜産動物について、法律の中に条項を加えてほしい、せめて畜産やと畜ラインとの連携をできるようにしてほしいと訴えてきました。 紙ペラ一枚の産業動物の飼養及び保管に関する基準ではなく、産業は動物愛護管理法自体を守るべきですが、今の日本は守ろうという気持ちはないよう…

  5. Good News!ファッションセンターしまむらファーフリー!

    国内第2位のアパレル企業である「しまむらグループ」が2018年から毛皮(リアルファー)の販売をやめ、ファーフリーになっていたことが、株式会社しまむらからの回答をいただいたことにより、わかりました。 しまむらグループは、ファッションセンターしまむらだけでも国内に1430店舗をもち、アベイルや、子供服のバースデイなどのその他のブランドを約700店舗持ち、台湾や上海にも進出しています。 しまむらグループがファーフリーになったことで、日本のアパレルトップであるファーストリテイリングにつづいて、2位の企業…

  6. 5月4日(土)アニマルライツ勉強会[豚の問題を徹底的に知る]

    2019年5月4日土曜日、アニマルライツ勉強会を開催いたします。 [豚の問題を徹底的に知る] 毎年行っている豚の勉強会です。 日本の豚の情報、動画などのご紹介と、どのように扱われているのか、世界の動きと日本の動きなど豚に関することを詳細に情報共有します。 講師:アニマルライツセンター 代表理事 岡田千尋 時間割 13:00~13:45 アニマルライツセンターについて、動物問題全般についての講義(はじめにアニマルライツセンター理事から説明があります。アニマルライツセンターの勉強会に初めてご参加さ…

  7. 5月4日(土)アニマルライツセンター定例ボランティア会議のお知らせ

    2019年5月の定例ボランティア会議のご案内です。 アニマルライツセンターの活動に参加したいと考える方であれば、どなたでも参加可能です。会員ではなくても大丈夫ですので、ぜひご参加ください。参加連絡は不要です。 概要 日時:2019年5月4日(土)15時30分~17時  会議の場所:アニマルライツセンター事務所 東京都渋谷区宇田川町12-3ニュー渋谷コーポラス1009 電話:03-3770-0720 アクセス:JR・地下鉄・井の頭線 渋谷駅 徒歩7分 ※アニマルライツセンターの活動に参加する意図の…

  8. 映画「かわいそうな象を知っていますか?」番外編に畜産動物

    動物愛護管理法の改正が近づくにつれ、明らかになってくる畜産動物の福祉への無関心。 動物ジャーナリストの佐藤栄記監督が、畜産動物たちに光を当ててくれました。 井の頭自然公園(井の頭動物園)でたった独りぼっちで、コンクリートの上に立ち続け、66歳で亡くなった象のはなこをご存知の方は多いでしょう。畜産動物とは異なる、長い長い緩慢な苦しみを与えられている日本の無機質な動物園に入れられた動物たち。日本中にいるこれらの動物たちの窮状を訴える映画「かわいそうな象を知っていますか?」の無料公開版が公開されました…

  9. 京都大学iPS細胞研究所所長 山中教授は本当に3R強化に反対なのか

    3月12日の衆議院厚生労働委員会での質疑において、実験動物の国際原則である3Rの理念の強化に反対する吉田統彦衆議院議員が、京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授が3Rの理念が強化されると「自身の今後の研究の遂行に大きくかかわる可能性があると危惧」していると発言*1しました。 また、超党派議連でのヒアリングの場で実験動物医学会が配布した資料には、山中教授の意見として、動物愛護法における実験動物に対する取組強化の改正を行うことに「なぜ改正を行うのか分からない」「改正された場合、自分自身の研究の推進に…

  10. 京都大学iPS細胞研究所所長 山中教授は本当に3R強化に反対なのか

    3月12日の衆議院厚生労働委員会での質疑において、実験動物の国際原則である3Rの理念の強化に反対する吉田統彦衆議院議員が、京都大学iPS細胞研究所所長 山中伸弥教授が3Rの理念が強化されると「自身の今後の研究の遂行に大きくかかわる可能性があると危惧」していると発言*1しました。 また、超党派議連でのヒアリングの場で実験動物医学会が配布した資料には、山中教授の意見として、動物愛護法における実験動物に対する取組強化の改正を行うことに「なぜ改正を行うのか分からない」「改正された場合、自分自身の研究の推進に…

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る