動物福祉



  1. 一人のビーガンは年間198匹の動物の命を助けるんですよ

    アニマル・エイド主催のクリスマスフェアに行ってきました。100以上の出店の大きな催事です。場所はケンジントン・タウン・ホール入口一番にシー・シェパードのストール「私達は海洋生物を守る団体よ」と説明中「まずは動物に恐怖や苦痛を与えない屠殺法。そしていずれは屠殺は廃止へ」と箱が大きく中味は小さかった。改善の余地あるビーガン・ケーキビーガン・コスメ の女性、おしゃれですロンドンのビーガンレストランガイドブ

  2. 危険な犬種

    70年代はドーベルマン80年代はジャーマン・シェパード90年代はロットワイラー今はピットブルが責められている。で、人間が責められるのはいつ?シーザー・ミラン

  3. 17番の電話

    はい、こちらXX動物収容所です。ただいま電話が大変込み合っておりますので、次のオプションをお聞きになり、該当の部門の番号を押してお待ちください。 15歳の息子さんが今まで飼っていた10歳になる犬 に突然アレルギー反応を起こしたので、すぐ他の人に譲りたいという方は1番を 本日引っ越すので、大型の8歳の犬をただちに他の人に譲りたい方は2番を この世界であなたしか犬3匹と赤ん坊の面倒を見る人が存在していないの

  4. え?ブリーダーさん?

    「え?ブリーダーやってるの? 犬が足りないなんてしらなかったわ」

  5. ラッキーが死んだとき僕も消えた

    自然界における最強の残酷ストーリーのひとつに「犬のいのちは人間にものよりずっとずっと短い」というものがある。僕の犬ラッキーは一年前の春に死んだ。私のレポーターという職業柄、ラッキーはミニセレブであった。僕たちのテーマソングだってあったのだ(アメリカツアーの非表示の料金に含まれていたボブとラッキーの歌)ファンタスティックなジャーナリストとして有名だったラッキーが次の旅行に行く直前に突然死んだ。世界中

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る