動物福祉



  1. 命つないだワンニャン写真動画コンテスト入賞作品展

    命つないだワンニャン写真動画コンテストノラ猫、犬の写真展殺処分ゼロを目指して、全国で 50000 頭を超える猫の無料不妊手術を行う公益財団法人どうぶつ基金は、殺処分の寸前に保護され命を救われ幸せになった犬や猫の写真展を開きます。保健所に収容され殺処分される犬や猫は 1 年間に 約6万頭、殺処分寸前に救われる命はまだわずかです。どうぶつ基金では犬や猫と幸せに暮らす方法として、ペット業者から買うのではなく「里親に

  2. 鳥取県に協力病院が増えました。

    どうぶつ基金の協力病院が 1件 増えました! 鳥取県米子市  藤井動物病院    動物問題にご理解のある協力病院の先生方に心より感謝申し上げます。どうぶつ基金では、協力病院を募集しています。少ない数からの参加でも問題ありません。できる範囲でご協力、ご検討賜りますようよろしくお願いいたします。協力病院参加についてお問合せはこちらさくらねこ無料不妊手術事業の詳細は こち

  3. 世界は良くなった。スピラがいたから 4

    Q: あなたの最初のキャンペーン、ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムでの勝利のことを語っていただけませんか。それからレブロンへ進むわけですよね。A: どこから始めようかいろいろ探しました。一般論で人にわかってもらうのは難しいです。シャープで分かりやすい問題が人を呼び止められるのです。私たちはニューヨーク市のナチュラル・ヒストリー・ミュージアムで残虐な実験が行われていることをつきとめました。20年以上にも

  4. 犬が処方された

    2013年にさかのぼるが、私は鬱で病院に通っていた。そのとき、犬を飼ったらどうかと精神科の医師に提案されたのだ。どんな天気の日も運動をする。家の外に出るようになる。良い出会いに巡り合う。家に帰ると自分がいないと生きていけない無償の愛を与えてくれる誰かが待っている。私の鬱の治療の一環として犬が処方された! いろいろ考えた結果、家主に許可をもらい、バタシー・ホームに登録した。仕事が忙しく、2014年の8月にやっ

  5. 犬が処方された

    2013年にさかのぼるが、私は鬱で病院に通っていた。そのとき、犬を飼ったらどうかと精神科の医師に提案されたのだ。どんな天気の日も運動をする。家の外に出るようになる。良い出会いに巡り合う。家に帰ると自分がいないと生きていけない無償の愛を与えてくれる誰かが待っている。私の鬱の治療の一環として犬が処方された! いろいろ考えた結果、家主に許可をもらい、バタシー・ホームに登録した。仕事が忙しく、2014年の8月にやっ

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る