動物福祉



  1. 悲しい不必要なさようなら

    少年の母ブリトニー筆「この写真は息子の純粋なありのままの写真です。8歳の息子は学校の子羊プロジェクトをすることに決めました。息子は、愛着がわくのも、最後にどうなるのかも理解していました。子羊にビーンズとポークと名づけ、朝早く起き、学校に行く前に餌を与え、肺炎になったときは夜なべで看病していました。餌の量を測り、サプリメントも与え、きれいな水はいつも用意されていました。静かにしているなと思って見たら

  2. 子供たちに真実を学ばせよ

    屠殺場がガラス張りだったら、人はまだ肉を買うだろうか。 ビーガンの私はトム・ヒープ氏が推奨する「子供たちを屠殺場へ見学に連れていこう」に賛成である。 食用肉の舞台裏は本当は非常に残虐なものなので、秘密として隠しておいたほうが良いと考えているのなら、あなたもその秘密隠しに加担しているということである。 食生活の大きな部分を占める肉は、おとぎ話のコーティングに包まれ、消費者のもとに届けられる。子供の本

  3. さようならだ

    「犬を飼うことで一番難しいことは?」と聞かれたことがあった。「さようならだ」と答えた

  4. 愛知県 岡崎市 アロハ動物病院が協力病院に参加

    どうぶつ基金の協力病院が愛知県 岡崎市に増えました! 愛知県 岡崎市  アロハ動物病院    動物問題にご理解のある協力病院の先生方に心より感謝申し上げます。どうぶつ基金では、協力病院を募集しています。少ない数からの参加でも問題ありません。できる範囲でご協力、ご検討賜りますようよろしくお願いいたします。協力病院参加についてお問合せはこちらさくらねこ無料不妊手術事業の詳細は&#16

  5. 千葉県 松戸市 ノブどうぶつ病院が協力病院に参加

    どうぶつ基金の協力病院が千葉県 松戸市に増えました! 千葉県 松戸市  ノブどうぶつ病院 動物問題にご理解のある協力病院の先生方に心より感謝申し上げます。どうぶつ基金では、協力病院を募集しています。少ない数からの参加でも問題ありません。できる範囲でご協力、ご検討賜りますようよろしくお願いいたします。協力病院参加についてお問合せはこちらさくらねこ無料不妊手術事業の詳細は こちら を

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る