地域猫

  1. パケボラしてみませんか?

    【奄美レポート7】 今回、私達は初めてパケボラしました。 パケボラとはバゲージ・ボランティア、又はパッケージ・ボランティアの略 飛行機に乗る際、猫を手荷物で運ぶボランティアです。 【パケボラの流れ】 ①奄美の空港に地元のボランティアさんが猫をお持ちします。 途中で開かないようにしっかりガムテープで止めてます。 今回運んだのは、ノネコNo81のラブちゃん飼い主様、大募集中です! 手荷物として、カウンターに預けてください。 今回のペット料金は6千円で私達が一時的に立て替えました。 (羽田 …

    続きを読む
  2. 奄美の神様のとりはからい

    【奄美レポート6】 ここまでで、 ・奄美ねこ対策協議会・奄美市議会議員・地元の方、ボランティア・奄美猫部・ノネコセンター・マングースバスターズ から地元事情を教えていただきました。 最も重要な国・環境省の出先である奄美野生生物保護センターともお話させていただきたく相談をしていました。 ところが場所が遠く帰りの便までの残り時間で伺うことができず、諦めかけていたのですが、 ご多忙な中、通り道でノネコセンターにお立ち寄りくださり情報交換をさせていただきました。 こちらの疑問にもできる範囲でご回 …

    続きを読む
  3. 奄美ノネコ譲渡認定団体となる

    本日のねりま区報 動物愛護週間(9/20-26)の時期に犬・猫を飼うときのルールとマナーを毎年、掲載しています。 くりかえし、啓発して、あたりまえになっていくのです。 【奄美レポート5】 2日目の午前はノネコセンターで認定団体の講習を受講しました。 先日、譲渡認定証が届き、晴れて、ノネコの引取りができるようになりました。 元々あった建物をリフォームして使っています。 内部は非公開なので、報道関係者に公開された時の写真をリンクします。 7月から捕獲開始 奄美ノネコセンター(南海日日新聞2 …

    続きを読む
  4. 個人攻撃について思うこと

    【奄美レポート4】 先生方と、行政職員さんとの情報交換は、終業時間まで続きました。 ご多忙な中、貴重なお時間をありがとうございました。 市役所前のバス停です。 アマミノクロウサギのコクトくんというキャラです。 今回は仕事みたいなもので観光するつもりはありませんでした。(そんな暇もないし) 希少種は見るべきなのでナイトツアーは検討しましたが 地元との情報交換を優先して、諦めました。 「折角、遠い奄美まで来てどこも見ないなんてもったいない」と 地元の方が、車でステキな所に連れて行ってく …

    続きを読む
  5. 奄美市役所で議員・役所と会議

    【奄美レポート3】 今回の目的は奄美の方々と関係を構築することでした。 ノネコ管理計画をめぐっては論争が続いています。 この問題は、国、議員、学者、研究者、関係機関、愛護団体など議論を深めていただきたいのですがそれとは別に ノネコの譲渡を進めるために私達は奄美の方々と協力・連携しなければなりません。 2年前、奄美市議会議員団が野良猫対策の視察に練馬区役所にお越しになり、保健所と私達が対応しました。 その際、お会いした先生方に相談をしたら 市議会議員と奄美ネコ対策協議会の合同の情報 …

    続きを読む
  6. 対立ではなく協働の道を探る

    【奄美レポート2】 私達はノネコの「譲渡認定団体」になりましたが、個人でノネコの飼い主になることもできます。 ライターの本木さんがそのプロセスを記事にしてくれました。↓ 奄美大島のノネコ管理計画 個人でノネコの譲渡認定者になるには?(9/3 sippo) 本木さんは申請した理由を「議論が続く「奄美のノネコ問題」を現地に赴いて考えたかった」と書かれていました。 対策が始まって1年ノネコをめぐる論争は続いています。 少なからずの人が怒りや悲しみを感じ傷ついてきました。 対立ではなく、協働の …

    続きを読む
  7. いざ奄美へ!

    【奄美レポート1】 奄美のノネコ譲渡認定団体として審査に通過し、ついに、講習を受けに行くことになりました。 たくさん保護猫がいるので、ペットシッターさんに依頼し一泊弾丸ツアーです。 一ヵ月前から夫婦2名でJAL直行便のパックツアーを予約しましたが、1名しか発券できません。 なんで? なんと、先方の問題でオーバーブッキング! JALカウンターで「後の便に変更できませんか?」と尋ねられましたが、 「着いたらすぐに面談なんです。」と窮状を訴えました。 ここからJALのリカバリがスゴイです。 …

    続きを読む
  8. 奄美の猫を救う方法

    あまみの引越し応援団から幸せになった奄美猫の近況です。 ボタンちゃんは、新名ミオちゃんにえ?これ食卓のカゴ(;^_^Aおてんばだな~ マツバちゃんは、新名クロちゃんに お兄ちゃんと席を半分こ 可愛がってくれてありがとうございます。 ********* 奄美のノネコの捕獲が始まり1年捕獲された猫は約80頭 奄美だけなら、殺処分でした。 しかし、猫を救いたい島の外の人達が必死の思いで引き出して現在まで殺処分はゼロです。 ノネコ管理計画に反対する人達(愛護団体・動物病院・ボランティア)の努 …

    続きを読む
  9. 奄美で小笠原モデルはできるのか?

    本日のお見合い マロンちゃん・メロンちゃん姉妹一緒のおうちに迎えていただくことになりました。 野良猫がたくさんいるエリア地元の協力で保護されました。 野良猫だった2匹も人なつこい子に成長しました。 子猫を助けようと協力してくれた地元の皆様飼い主探しのお手伝いをした私達、そして2匹を迎えてくれたご夫妻 関わった人達の愛で幸せになります。 ******** 世界遺産の小笠原は 捕獲した猫を殺処分ではなく、保護・譲渡する対策を進めています。 引き受け先は東京都獣医師会これまで800頭が島を出ました …

    続きを読む
  10. だれが保護するのか?

    昨日のつづき 多くの方が殺処分を望まない 猫は保護・譲渡したらいいと思っている。 これ、奄美だけでなく日本中の問題なんです。 世の中、居場所のない猫で溢れかえってます。 だから、外には何百万だかの猫がいて 34,854万頭も殺処分されてます。(平成29年度) 「じゃあ、保護すればいい」と言われますが いったい、だれが? どうやって?? 保護・譲渡ってものすご~~く大変です。 保護は一匹一匹の命に重い責任を持つことです。 譲渡先が見つからなければ終生、愛情と責任を持って自分が飼 …

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る