愛護センター



  1. 「追記あり:最後まで諦めない!最後の呼びかけ~熊本県」

    2015年6月11日14:30追記この仔の命は繋がりました。ご心配&ご協力してくださった皆さんありがとうございました。高野 由磨子さん フェイスブックよりhttps://goo.gl/JjLqEMまだ八代保健所にはたくさんの収容犬たちがいます。その仔たちにも、そして全国の収容犬&猫たちにも目を向けてあげてください。熊本県八代保健所http://goo.gl/BOZHsMよろしくお願いします。—————————————-昨日の記事「保健所に

  2. 6/9センターレポート パート3      ㉑

    オカンさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    6/9訪問レポートパート2からの続きです。

    引き続き譲渡先・預かり先を探している仔たちを紹介します。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


    【子犬舎】11頭

    2-5
    ※4/21よりレポート登場(4/13収容)
    ▼茶 メス 8-9ヵ月程度 7キロ前後
    この日もお気に入りの窓枠の間に挟まっていましたが
    だいぶ人馴れが進んだようで、前足を掛けて飛びついて来ますし、
    手からおやつを何度も食べられました。







    ※4/28よりレポート登場(4/15収容)
    ▼薄茶黒 オス 中長毛 6-7ヵ月 7キロ前後
    まだ人からつい逃げてしまいます。
    扉越しにおやつをあげると手から食べてくれました。あと一歩という印象です。







    2-6
    5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
    ▼茶たれ耳 オス 6ヵ月ぐらい 7-8キロ
    人が大好きなようです。『早く僕の所にも来てー』と吠えていました。
    かといってしつこく飛びつく等はせず、度々自主的にお座りしていました。
    嬉ションしちゃう可愛い子です。






    5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
    ▼茶黒半長毛 メス 10ヵ月くらい 5キロ前後
    環境の変化に戸惑い緊張しているようです。
    床に置いたおやつはそっと食べていましたが、
    触ろうとすると空咬みしていたので無理に触るのは控えました。








    2-7
    ※3/17よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼白 メス 9ヵ月ぐらい 8キロ~(痩せています)
    相変わらず緊張していますし床に置いたおやつも食べられません。
    様子を見ながらそっと触りました。
    過度に震えたりお漏らし等はありませんでした。







    ※3/17よりレポート登場(3/10収容)
    ▼茶黒 鼻黒 オス 7ヵ月程度 9-10キロ(痩せています)
    時間を掛けそっと触ると戸惑いながらも大人しく受け入れてくれました。
    原因は分かりませんが、脱毛が進んでしまっているようです。










    ※4/7よりレポート登場(3/31収容)
    ▼茶たれ耳 メス 7ヵ月ぐらい 7-8キロ
    人が居ると落ち着かないのか、
    定位置の窓と板の隙間と床を行ったり来たりします。
    おやつを差し出してもおやつは目に入らず唸ってしまったので
    無理に接触を持つのは控えました。








    ※4/21よりレポート登場(4/10収容)
    ▼茶黒(中長毛) オス 6-7ヵ月 6キロ前後
    この日もやはり白い子の陰に隠れていました。
    白い子の背中に置いたおやつは
    こちらの様子を窺いながらもそっと食べていました。











    2-8
    ※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
    ▼茶白 オス 生後6ヵ月ぐらい 7-8キロ
    逃げたりはしませんが手を出すとお顔を背けてしまいました。
    人の手を知らないのでしょうか。そっと触ると空咬みをしていました。







    5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
    2頭姉妹 黒 メス  生後8-10ヵ月 7キロ前後


    ▽殆ど黒
    そっと触るだけならお口が出るような素振りはありませんでした。
    おやつには少し興味があるようです。一部脱毛がみられました。






    ▽胸と足先は白
    この日はこちらのこの方が緊張度が高いようでした。
    床に置いたおやつには目もくれず、固まったまま人の動きを観察していました。










    【鑑定室】2頭
    ※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
    ▽黒白 メス 1歳前後 10-12キロ程度
    人懐っこく明るい性格の女の子です。
    嬉しくて飛びついてしまいますが、抱っこをすると途端に大人しくなりました。
    しばらく相手をすると少し落ち着いていました。







    レポート初登場(5/25収容)
    ▽茶黒白 オス 4~5才?  18ー20キロ
    人とおやつが大好きなとてもフレンドリーな男の子です。
    ひとしきり喜びの舞を見せてくれました。
    抱き上げると途端に大人しくなり脱力するようです。










    【小型犬室】3頭
    レポート初登場
    ▽薄茶白 オス 生後3ー4ヵ月 4ー5キロ
    子犬らしく元気いっぱい好奇心旺盛な腕白坊主という印象です。
    一人でケージにいるのが寂しいようで『こっちに来てー!』と鳴いていました。








    ※3/24よりレポート登場(3/17収容)
    ▽茶 メス 3-5歳 7キロ前後 
    だいぶロープにも慣れて来たようです。
    控え目ながら尻尾を振って喜びを表してくれましたし、
    抱っこも問題ありません。









    ※5/19よりレポート登場 (5/7収容)
    ▽コーギー メス 5歳ぐらい? 7-8キロ 
    人が大好きな子です。
    ボランティアメンバーに体をくねらせて甘えていました。
    他の子の様子を見ている間も静かに待っていられました。









    【収容室①】5頭
    レポート初登場(5/21収容)
    ▽茶黒白(オッドアイ) メス 2歳ぐらい 10キロ前後
    人馴れ全く問題ありません。
    歯を見る時も足先を触った時も、嫌がる素振りひとつありませんでした。
    ワチャワチャした様子もなく、人と一緒に暮らしやすい子だと思います。 








    レポート初登場(6/2収容)
    ▽薄茶(中長毛) メス  1-2歳  8-9キロ?
    環境の変化に戸惑っているようで最初は緊張して震えていましたが、
    様子を見ながら接すると撫でることも歯をみることも出来ました。







    ※3/17よりレポート登場(3/10収容)
    ▼茶 メス 1歳前後 11キロくらい
    この日も悲鳴を上げながら逃げまどい部屋の隅に身を隠した後
    自らケージに戻ってしまいました。
    もう少し時間を掛けながら接してみたいと思います。








    レポート初登場(5/26収容)
    ▽茶 メス 1歳前後 10キロ前後
    この子もまだ人馴れをしていません。
    ↑の子と同じように部屋の隅に行き身を隠す場所を探していました。








    レポート初登場(5/28収容)
    ▽薄茶 メス 若年齢 11キロぐらい?
    緊張していた様なので無理に出すのは控えました。
    おやつを差し出した時にはお口が出る様な素振りは見られませんでした。


    子犬連れで収容されたお母さんです。





    【引きだした子】1頭
    ちばわん預かりボランティアの元でケア後にいぬ親様募集となります。



    レポートは、パート4に続きます。


  3. 「2ヶ月後に保健所の前に置き去り・・・・家族として迎えられたと思ったのに~熊本県」

    「やっぱり・・・・・」飼えないと2ヶ月前に里親になったのにこの仔を保健所の前にクレートごと置き去りにしたそうです。(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’

  4. 6/9センターレポート パート2      ⑫

    ぐーちゃんママのレポートです。
    加筆・修正しています。


    引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。



    【譲渡室】  5頭

    先週まで譲渡室Ⅲにいたお母さん犬と子犬たちは、
    他団体さんが引き出してくださったそうで、安堵しました。


    ※6/9よりレポート初登場 (6/2収容)
    ▽Ⅰ 茶 柴犬 メス 5-6歳? 7キロぐらい
    子犬2頭と一緒に収容されたようです。
    子育て真っ最中のお母さんですが、とても落ち着いていて
    子育てが終わったらゆっくりと甘えさせてもらえるご家庭に迎えて
    いただけるといいなと思いました。
    どこを触っても全く嫌がる素振りはありません。

    子犬たちは見た感じでは、まだ生まれて間もないようでした。
    どうか2頭共、すくすくと育ってくれますように。


    ※5/26よりレポートに登場 (5/19収容)
    ▽Ⅳ 薄茶 メス 1ー2歳 15-6キロぐらい
    ケージに入っている間はずっと吠えていましたが、
    外に出てしまえば吠えることは一切ありませんでした。
    人が入ってきて早くかまって欲しくて呼んでいたんだと思います。
    お座りもきちんとできて、おやつもやさしく食べることができました。
    抱っこされると神妙なお顔をしていましたが、それもそれでかわいかったです。


    2/17よりレポート登場(1/29収容)
    ▽Ⅵ クリーム メス 2歳くらい 16-17キロ
    とても活発な子で、出してもらえると嬉しくて嬉しくて
    どうしていいかわからない、といった様子でした。
    抱っこされればすっかりおとなしくなっていました。
    皮膚炎の治療中とのことでしたが、先週よりもハゲた部分に少し毛がはえてきたように思えました。
    頑張って早く治るといいね。


    ※2/3よりレポート登場(1/23収容)
    ▽Ⅶ 茶 メス 3-4歳 16-17キロ?
    落ち着いていて、ケージから出る時も入る時もすんなり従ってくれました。
    お座りも上手に出来、待つことも出来ます。
    外が気になるようで、しきりに入口の方を眺めていました。
    お外に出たいのでしょう。
    早く毎日長くお散歩してくれる方に迎えていただけるといいなと思いました。


    ※昨年12/16よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▽Ⅷ 茶黒 オス 去勢手術済 8-9歳 14.12キロ
    「飼い主募集中!!№2809」

    相変わらず新聞紙ビリビリがマイブームのようです。
    でも、ケージの中では排泄はしないでいるようで、
    外に出てきてから上手に排水溝でおしっこをすることが出来ます。
    基本的には綺麗好きで、いたずらをしているのは退屈なだけだと思います。
    お座りも伏せも上手に出来て、おやつのねだり方がわかっているようです。




    【別室クレート内】
    7頭

    こちらには、すでにセンターで不妊・去勢手術を済ませた子たちがクレートに入っています。
    天気の良い日にはドッグランで日光浴をさせてもらっていますが、
    あいにく今日は雨が降ったりやんだりと不安定なお天気でしたので
    こちらの部屋のクレート内にいました。
    クレートに入っていると皆落ち着くようで、センターの譲渡対象の子たちには
    いい訓練にもなっているようです。



    ※5/26よりレポートに登場 (5/15収容)
    ▼茶白黒 オス 去勢済み まだ若い。12-3キロ?
    先週はお外に出してもらっている時に会いましたが、
    今日はクレートの中にいておとなしくしていると思いきや、
    自分が出れるとわかった途端に騒ぎ出し、ドアを開けると
    一目散に飛び出してきました。
    外に出てからもクルクルと部屋の中を散々歩き回っていました。
    おやつをあげようとしましたら、きちんとお座りすることもできました。
    (先週レポートより)

    ※3/31よりレポートに登場(3/20収容)
    ▼茶白黒 メス 不妊手術済み 2歳くらい 11キロぐらい
    先週ドッグランではビビリながらも近づいてきてくれていましたが
    今日はクレートを開けても出て来れず、おやつを置いても食べて
    くれませんでした。
    もしかすると男性がいたので怖かったのかもしれません。
    それでも、センターでお世話してくださっている方がお散歩に連れ出そうと
    した時には、きちんと従い外に出てきましたので、
    そこまでビビリではないと思います。
    センターの方も、
    「この子はちょっとビビリだけど、
    後ろ向きになってあげると安心するみたいで、
    自分から人の背中に手をかけてきたりしてかわいいんだよ」
    とおっしゃっていました。


    ※2/24よりレポート登場(2/9他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 オス 去勢手術済 1-2歳 13.38キロ(やせ気味)
    「飼い主募集中!!№2918」
    先週訪問した時にも、一般譲渡のお見合い予定とのことだったので
    良いご縁があるといいなと思っていたのですが、
    実際面会したら別の子を選ばれたらしく、この子のお話はなくなったそうです。

    とても精悍な顔をしていて人懐こく、
    まだ痩せていますが、しっかりお肉がつけば
    立派なカッコいいシェパード風の男の子になると思います。

    お座りも出来て、おやつも上手に食べられます。
    しばらくぶりの掲載になりますので、
    かわいいところを是非たくさん見てあげてください。


    ※6/2よりレポート登場 (5/22収容)
    ▼ 茶鼻黒 オス 去勢手術済 1歳前後 10キロ未満
    とにかく甘えっ子です。
    クレートから出す時もとても落ち着いていて、人に甘えてくっついて
    最初はその様子を見た時に女の子だと思ってしまうほどでした。
    まだあどけなさの残るかわいい顔をしていて、
    家庭に入ったら飼い主さんのストーカーになること間違いなし!と
    いう感じの穏やかな男の子です。
    (先週レポートより)

    ※2/17よりレポート登場 (他抑留所からの移送)
    ▼茶(顔黒) メス 不妊手術済 2-3歳 14.54キロ
    「飼い主募集中!!! No.2905」
    まだまだ痩せていて、
    早くここを出てしっかりとした食事で太らせてあげたい子です。
    とても落ち着いていて、穏やかなお母さんといった感じです。
    そっと抱きしめてあげても嫌がる様子もなく、体を預けてきました。
    とても愛おしく思いました。


    ※5/26よりレポート登場 (5/13収容)
    ▼ 茶 オス 去勢手術済 1-2歳 14-15キロくらい
    人が大好きな反面、犬とは相性があるようです。
    クレートから出してもらってお散歩に連れていってもらう時に
    隣の子にガウっていました。
    抱っこも抵抗なくさせてくれました。
    1頭で飼っていただけるご家庭が向いていると思います。
    やんちゃで何にでも興味を示すこの子の顔を見ていたら、
    とても微笑ましく思えました。


    ※昨年11/18よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼うす茶 メス 不妊手術済 1-2歳 10キロ弱
    旧シャンプー室にいた頃は、かなり元気一杯のお転婆さんでしたが
    手術後は少し落ち着いたようでした。
    クレートから出してあげると、嬉しそうに出てきて
    部屋の中を歩き回っていました。
    先週はカラーを装着していましたが、もうはずしてもらっていて
    すっきりしているように思えました。
    センターでの生活が長くなってきてこの生活に馴染んでしまっていますが、
    家庭での生活に慣れさせてあげたいです。



    レポートはパート3につづきます。

  5. 6/9センターレポート パート4      ⑬

    ひなのんさんのレポートです。
    加筆・修正しています。


    6/9レポート パート1~3からの続きです。


    引き続き譲渡先・預かり先を探している犬たちを紹介します。
    問い合わせ先 
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




    ドックラン前にいた3頭

    ※5/12よりレポートに登場 (4/30他抑留所からの移送)
    ▼薄茶 メス 不妊手術済み 1-2歳 8キロくらい
    いつも大人しく壁際に張り付くように佇む物静かな女の子です。
    触れると一瞬緊張するものの、決して攻撃的になったり怒ったりする様子はなく
    歯も大人しく見せてくれます。
    おやつはまだ手から積極的には食べようとはしませんが
    小さくちぎって口に入れてあげるとモグモグごっくんと
    ちゃんと食べてくれます。




    体調は特に悪そうではありませんが、とても痩せています。
    センターでも大事にケアされてはいますが
    一日も早く一般家庭で安心した暮らしを送らせてあげたいです。




    ※5/12よりレポート登場(5/11他抑留所からの移送)
    ▼茶 メス(不妊手術済み) 1歳くらい 10-11キロ
    甘えん坊で人が好きな女の子です。
    旧子犬舎にいた時は子犬のように無邪気で活発な様子を見せ
    現在は少し落ち着きも出てきたようなので
    環境の変化に対して順応性の高い子だと思われます。








    ※6/9レポート初登場 (5/26収容)
    ▽茶白黒 オス 1-2歳? 12キロ前後
    ゆっくりとした動きと、ボソボソした被毛により
    一瞬そんなに若くないように見えたのですが
    歯はとてもきれいで、仕草や態度に幼さを感じました。
    一度撫でたら、嬉しかったのか、体をスリスリ摺り寄せながら
    子犬のように無邪気にアマアマと甘噛みをしてきました。
    そばから離れるのが切なくなるほど、健気なくらい慕ってきてくれました。











    【旧シャンプー室】6頭

    ※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
    ▼茶黒 メス 2-3歳? 太ったので13-14キロくらい
    人馴れしていますが、猫のように気まぐれなところがあり
    甘え方もマイペースです。
    自分が撫でてほしい時は積極的にそばに来ますが
    気分が乗らないと、差し出した手からひらりと身をかわして
    自由に行動しています。
    (その時無理に触っても怒るような様子は見られません)


    常に人にべったり引っ付きたがる子ではないので
    お留守番がある家庭でもストレスにならず暮らせそうです。





    ※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
    ▽茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
    この部屋に来てから表情が明るくなり
    おやつ欲しさにそばに来るようになりました。
    まだ触れるとぴゅーと逃げていきますが
    手からもおやつは食べられますし
    さほど人がいても緊張しなくなったようです。







    ※4/28よりレポート登場(4/20収容)
    ▼茶(半長毛) メス 1-2歳 12-13キロ
    この子も手からおやつを食べることができます。
    捕まえて歯を見ましたが、抵抗することなく
    大人しく見せてくれました。
    家庭に入れば人馴れも早く進みそうです。



    この2頭は捕獲された場所が全く同じだそうです。
    顏も似ていますし、すぐに打ち解けあった風なので
    血の繋がりがあるのかもしれません。(姉妹?)






    ※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
    ▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
    まだ緊張してしまうようで
    おやつを床に置いて、少し距離を取ってもまだ口にすることができません。
    ロープも嫌がり、口をパクパクさせて意思表示していたので
    怖がらせないよう、もう少しゆっくり接してあげたいと思います。





    ※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
    ▽茶白黒 メス 10キロぐらい? 
    まだまだ緊張していて、目を白黒させていましたので
    無理に触れることはやめておきました。
    子犬のように頼りなげで幼い表情をしていましたが
    子犬と共に収容されたお母さん犬です。
    (子犬たちは収容直後に他団体さん引き出し)









    ※3月からの収容なりますが6/9よりレポート初登場です。
    ▽薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
    ビビりさんで、なんとか気配を消そうと壁に寄り添ったり
    他の子の後ろに隠れていました。
    身を守るために唸ったり、攻撃的になるようなことはないそうです。





    他の犬を頼るようなので、他犬との暮らしには向いていそうです。




    【4日目の部屋】4頭

    ※3/31よりレポート登場(3/30他抑留所からの移送)
    ▼茶鼻黒 オス 2-3歳くらい? 8キロ前後
    ビビりな子でいつも逃げ回っているので
    あえて知らん顔していたら
    注目されていないと安心したのか
    鼻をヒクヒクさせながら少しそばに来たり、床のおやつの
    匂いを嗅ぎに来たりしていました。




    犬同士はとくに争いを起こすことなく
    仲良くいられるようで、この子も他犬との暮らしに向いているように感じます。





    ※4/21よりレポート登場(4/10収容)
    ▼茶白 オス 若め 10キロくらい
    おやつを持っている人だと学習したのか
    この日は最初から明るい表情でそばまで飛んで来てくれました。
    まだ触れようとすると逃げてしまいますが
    手からおやつも余裕で食べるようになりました。










    6/2よりレポート登場 (5/20収容)
    ▽茶白 オス 8-10ヵ月 8-9キロくらい
    「おやつをください」と真正面から近づいてきてくれました。
    手を伸ばすと「いやーん」と逃げてしまいますが
    すぐに馴れてくれそうな感じがします。







    ※6/9レポート初登場 (5/26収容)
    ▽白茶 オス 8-10ヵ月 8-9キロ位
    ↑上の子(兄弟と思われます)よりは少し人と距離を取っていましたが
    おやつを差し出すと手から食べてくれます。
    この子も時間の経過とともに人馴れ進みそうです。







    レポートはパート5に続きます。


  6. 6/9センターレポート パート1      ⑨   

    ぐーちゃんママのレポートです。
    加筆・修正しています。


    6/9センター訪問レポート です。

    センターで譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。

    問い合わせ先  
    korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
    無記名の問い合わせメールにはお返事できません。



    【旧子犬舎】  9頭


    1-1
    この日、新たに4頭のきょうだい子犬たちが旧子犬舎に移動してきました。
    最初に紹介する2頭は
    ちょうどセンターの方が収容棟から連れてきてくださったところでした。
    飼い主からの引き取りで、今年の1月生まれとのことです。
    人馴れしていますが、個々の性格まではよくわかりませんでしたので、
    来週また様子を見たいと思います。

    ※6/9レポート初登場(他抑留所で引き取り後移送)
    ▼茶 鼻黒 メス 6ヵ月 5-6キロ
    おとなしく抱っこされていました。




    ▼茶 やや大きめ オス 6ヵ月 6ー7キロ
    4頭のうち唯一の男の子で、他の3頭より一回り大きい感じです。


    ▼茶 胸と左足が白 メス 6ヵ月 5キロ前後
    4頭の中で一番小さい子です。
    おやつに興味を示し、人にも寄って来れるので人馴れはしているようです。


    ▼茶 背中が黒 メス 6ヵ月 5キロぐらい
    ややビビリさんなのか、部屋の隅から動こうとしませんでした。
    おやつを差し出しても逃げようとするだけで、手から食べることは出来ませんでしたが
    置いたおやつは食べることが出来ました。



    1-2
    以下2頭は姉妹だろうと思われます。
    仲良く一緒にいる姿は、2頭で支えあって頑張っているように思えて
    安心して暮らせるご家庭に1日も早く入れるように祈るばかりです。


    ※5/12よりレポート登場(4/23収容)
    ▼白×薄茶混じり メス テリア系雑 1-2歳 8キロ程度
    今日は部屋の中にいました。おやつを差し出すと近寄ってきてくれて
    腰は引けていましたが、手から食べることも出来ました。
    もう1頭の子よりも人馴れが進んできたのではないかと思われます。


    ※5/12よりレポート登場(4/23収容)
    ▼薄茶×白 メス テリア系雑 1-2歳 7-8キロ?
    まだ人が怖いようで、部屋に入ると逃げ回っていました。
    それでも必死に吠え、「おまえは誰だ!」と警戒しながらも人の様子は伺って
    いるようでした。人は怖くないんだよ、と教えてあげたいです。



    1-3
    ※4/7よりレポート登場(3/23収容)
    ▼薄茶 メス 6歳~ 11キロ前後
    今日もまだ1頭で、お外に出してもらっていました。
    とても落ち着いていて、人懐っこく、
    今すぐ家庭に入っても問題なく暮らせそうな子だと思います。
    おやつも嬉しそうに優しく手から食べてくれます。



    1-4
    ※2/24よりレポート登場(2/10収容)
    ▼黒茶 メス 1-2歳 8-9キロ
    今日は男性がいたからか、かなりとまどってしまったようで、
    びびりしょんとうんが出てしまいました。
    せっかく少し慣れてきたようでしたのでかわいそうなことをしてしまいました。
    同室の子がとても人懐こい子なので、いい影響を受けてくれるといいなと思いました。

    O看護士にはすでにだいぶ馴れているそうです。

    ※5/26よりレポート登場 (5/15収容)
    ▼濃茶、黒白混じり テリア系ミックス メス 4-5歳? 8キロくらい
    とにかく元気で、隣の部屋にいる間からピョンピョン飛び跳ね、
    「私ここにいるよ~!早く来て~!」と呼んでいました。
    人馴れは抜群で
    人に甘えたくて仕方がない、といった感じです。
    抱き上げられると大人しくしていました。



    レポートはパート2につづきます。

  7. 「保健所にまた戻されてしまった・・この仔の命の期限は6月11日夕方です~熊本県」

    この仔は3年前に保健所からレスキューされ家庭犬として迎えられました。その里親さんが今回急遽、入院してしまいまた保健所に戻ってきてしまったのです。(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(docume

  8. 「捨てられたあげくに事故で後ろ足を2本とも失い、それでも子育てをしながら生き抜いた犬~中国」

    中国の小さな犬の過酷な半生中国で元飼い主に引っ越しのため捨てられた犬シィ(9歳)がいました。他の捨て犬と同じように食べ物をあさって生き延びていたある日、電車にひかれて後ろ足を2本とも失ってしまいます。どんなに痛くどんなに辛い思いをした事でしょう。それでも生きていかなくてはなりませんでした。保護されてから診察した獣医によると電車に轢かれた時の熱で焼かれて出血がなかった事が幸いしたのだろうという事でし

  9. 「全国人口の割合による犬猫の持ち込み率と殺処分率(H25年度)」

    この記事はチーム殺処分0のメンバー個人のFBに投稿された記事です。https://goo.gl/CPq80l————————————あなたは地元の殺処分率を知ってますか?1~3枚目の画像は平成25年度環境省発表の資料に基づいて犬猫の人口に対する持ち込み率と殺処分率を計算して作成したものです。http://goo.gl/BOvcY5やはり猫の殺処分率が高いので猫に対する数値のみをまとめてみました。人口に対する猫の持ち込み率1)都道

  10. 「ペットショップの犠牲犬・・・・両目が無い繁殖犬」

    この仔には両目がありません。繁殖業者によって6年間、ゲージの中に閉じ込められて子犬を産まされ続けました。子犬が生まれれば何でも良い。そんな考え方の繁殖業者だったようです。なので次々と障害をもった子犬が生まれます。今までにも、たくさんいました。仕事であれば誇りを持てないのでしょうか?お金さえ入れば、犬たちはどうでも良いのでしょうか?以前にも書きましたが、仕事の道具としてしか考えないのであれば道具はも

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る