啓蒙記事

  1. 「福岡県春日市須玖南の草むらに落ちていた 薬品の塗られたパンを食べてしまった犬が・・・・・」

    福岡県春日市須玖南の方は十分 注意してください。 4月に春日市須玖南の公園ではない草むらに落ちていた 薬品が塗られていたパンを犬が食べてしまい その仔は 急性腎不全をお越し残念ながら・・・・・。 その飼主からメールがあって事実が発覚しました。 パンは犬猫が好む甘い匂いがして少量でも腎臓が やられてしまう薬だそうです。(獣医談) おそらく猫目的なのか草むらに置いてあったそうです。 警察は獣医師の診断書だけで

    続きを読む
  2. 「虐待される猫を守ろうとしたホームレスの老人が野球部部員(元、現)に●害された~岐阜県」

    2020年3月25日 岐阜県の河川敷で猫を虐待から守ろうとしたホームレスの老人(81歳)が 岐阜県朝日大学、硬式野球部の卒業生の社会人と現役野球部部員合わせて 5人によって●害されました。 犯人の野球部部員たち5人は4月23日逮捕されました。 全員19歳です。 報道では少年法が適用され実名の公表もありません。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ———–記事引用ここか

    続きを読む
  3. 「隔離された飼い主からのビデオ通話に遠吠えする犬」

    こんな家族も多いのではないでしょうか? これはコロナの検疫の為に隔離生活の飼い主からの ビデオ通話を見て犬が遠吠えして悲しんでいる動画です。 アメリカのカリフォルニア州エスコンディードの家族です。 日本も感染が明らかになった人がどんどん増えています。 終息する気配もわかりません。 今、まだ一緒に生活できている方は その生活を大切にしてください。 自分の犬猫を家族を悲しませない為にも。 そして自分の命を

    続きを読む
  4. 「中国・深圳市では犬猫を食べる事が禁止となりました」

    中国の深圳市(シンセンシ)では今年(2020年)5月1日から 犬猫を食べる事が禁止されました。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 中国自体コロナウイルスの影響で 今後「食べても良い物」を特定しました。 その中には犬は含まれていないようですが 政府の発表には明確に禁止されていません。 ↑出展元:BBCニュースより 中国の犬猫を食べる習慣は「文化」だとして有名です

    続きを読む
  5. 「亡くなった事がわからず毎日、涙を流しながらおばあちゃんを捜し続ける犬」

    犬には飼い主が亡くなった事など わかるはずもなく、毎日毎日逢える日を待っている。 それでも逢える事ができないため 毎日毎日、外に行きおばあちゃんを捜し続ける犬がいました。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); その内、満足に食べようともしないため ガリガリになっても涙を流しながら歩き続けました。 街の人たちは、その犬を見るたびに心を痛め 野良犬なんだろ

    続きを読む
  6. 「ホームレスになって車上生活8年、犬を手放す事はできなかった・・・・北海道」

    ホームレスになって車上生活8年。 北海道の極寒の中、みんなで抱き合って 寒さをしのいだ。 最初は犬2頭、猫1頭だったけど 犬1頭と猫1頭は車の中で看取ったそうです。 残った1頭と共に保護された夫婦の物語。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ホームレスの方を保護するNPOに 人は保護できても犬は保護できないと言われ 逢犬はうすが預かる事にしました。 犬猫を飼ってる

    続きを読む
  7. 「お金がもったいない」と避妊手術を拒否する飼い主

    野良猫にえさは与えても、ただそれだけ・・・・・。 あげくの果ては 「不妊手術なんてお金がもったいない! 子猫が生まれても、その内いなくなる」という えさやりさんも居るのが現実。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); その内、いなくなる? それ死んでるって事でしょ? そういう感覚でえさやりする方は本当に 猫がかわいそうだと思ってる訳ではない。 本当にかわいそう

    続きを読む
  8. 「9.1%の人が犬猫の殺処分はすべきと回答~犬猫の殺処分に関する意識調査の結果」

    「犬猫の殺処分はすべきと回答」 そう回答した方が9.1%居ました。 これは2020年1月に発表されたデーターです。 《スポンサード リンク》 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ライフプラン相談、保険相談サービス 「ほけんROOM」を運営する 株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)で 2020年1月20日〜2020年1月22日の間に インターネットで1053名の方に「犬の殺処分に関する意識調査」として 行っ

    続きを読む
  9. 「老犬たちの涙」巡回写真展が始まります。

    「老犬たちの涙  “いのち”と“こころ”を守る14の方法」の著者 児玉小枝さんが少しでも多くの方に 現在の老犬たちの実情を知ってもらいたいと 巡回写真展「老犬たちの涙」を開始する事にしました。 これ以前から行われていた 「どうぶつたちへのレクイエム」 「ラストチャンス」 「同伴避難」などの巡回写真展の 「老犬たちの涙」版です。 著書を知らない人たち ホームページを知らない人たち 現実を知らない人たちなどの為に

    続きを読む
  10. 「3年半以上も老犬の世話をして天命を全うしてくれた保健所~名古屋市動物愛護センター」

    保健所で老犬の里親さんを見つけるのは なかなか難しい事。 多くの方は子犬を欲しがるから。 でも老犬もかわいいんですよ。 名古屋市動物愛護センターでは 平成28年6月に収容された老犬ラッジィを 家族にしてくださる方を募集しましたが見つからず 今の今までセンターで過ごしていました。 3年半以上も。 ラッジィは2020年2月17日に 虹の橋へ向かいましたが 最後の最後まで職員さんたちに 見守られていました。 愛護センター

    続きを読む

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る