捨てるな。買うな。助けよ。

  1. 引き取られて行く時、スタッフはみんな泣いた

    6年前の話である。バタシー・ホームに保護されていた8歳のスタフォードシャー・ブルテリア雑種のマーセル君青いセーターを着て情けない顔をしていた。6年前、犬を探して、バタシーに通っていたとき、「長くバタシー・ホームにいる犬たち」というタイトルで 廊下に張り出しているマーセル君の写真を見た。実に私好み。。。。マーセルをひきとりたいと思ったが、バタシー・ホームはアーチーを選んでくれた。それでも誰も引き取り手が

  2. エイドリアンが好きだった玩具

    皆さん、こんにちは私はエイドリアンという名前で、遊ぶのが大好きな仔犬でしたシェルターが満杯で、11月27日に処分されました人間の皆さん、ブリーダーやペットショップから買わないでください代わりに私達の命を救ってください。私は間に合いませんでしたが、私のような犬が本当に沢山います…

  3. シローが思うのと同じくらい

    私達のビューティフルなシローをご紹介します。彼女は新しい家族が必要です。シローが思うのと同じくらいシローが必要だと思ってくれる家族を探しています。シニア・レディのシローは人生の大半を外で鎖につながれていました。新しい小型犬が家に来たとき、シローは外にだされたのです。何日も何日も同じ日が続き、構ってもらうことも愛もなく、誰かやってくるのを汚い場所で待つだけの毎日でした。どんどん伸びていく草に埋もれて

  4. この記事を読むとシェルターは空になるはずである

    シェルターにペットを持っていた人は誰しもそこは地獄だと感じたであろう。書類記入。おそらく涙。たまに地域の動物チャリティ・グループが説得のためにシェルターの前で待機しているかもしれない。引き取りを拒否するシェルターはない。引き取るが殺処分する。しばしば数日以内に。この数日間は犬にとって一番ストレスがかかり、混乱の悲しい日々である。引き取り数の高いシェルターにペットを落としていく人たちは飼い主が去った

  5. 私は幸せを願う母である

    私がひきとったのは推定10歳のミスター・ボーンというピットブルテリア。ニューヨークのアニマルケア・コントロールで殺処分を待つ身であった。彼と暮らし始めて4年半だが、その間5回の口腔手術を受けている。今日はその5回目の手術の日だ。ミスター・ボーンの口は人間から虐待され傷つけられたとみられる大きなダメージがあり、2012年からドクターたちは懸命に治療を続けてくれている。私は仕事を休んで、彼の手術すべてに付き添

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

ページ上部へ戻る