... TOPIX

プリンの最後の記

亡くなる前日の夜中中ゲ―ゲ―吐き気との戦いでした。傍に居てもどうしてあげる事も出来ずただ身体を指すってあげる事しか出来なかった。朝になり直ぐ様獣医に相談。吐き気止めの注射を打ちに自宅に来て下さるとの事でした。その間、点滴を打ちただ、ただ「頑張れ」としか言えなかった歩く事は勿論立つことも儘ならない身体で私が目を離した隙にお庭に出でしまったプリン倒れて動けなくなってしまいました。こうなると私一人では持ち上げる事も出来ず暫くこのまま寝かせていました。そしたらヨロヨロ・・・苦しそうに座り込みました。私は

関連記事

ページ上部へ戻る