f0078320_238646.jpgf0078320_2383141.jpgf0078320_2385149.jpg





※11/5レポート初登場(10/20収容)
▼茶鼻黒 オス 7-8ヶ月 10キロ前後
ビビリながらもこちらを見ながら腰を浮かせていたので
無理にロープはかけず、ケージの外に出てきてもらいました。
(部屋の施錠は確認し、開閉しないようにして行っています)
f0078320_23151312.jpgf0078320_23152920.jpg
ケージから出ると部屋の隅に移動し、じっとしていましたが、
特に震えているようなことはなかったので
まだこの環境に慣れていないだけなのかもしれません。
f0078320_23185275.jpgf0078320_23191883.jpg
まだ幼い子のようですので、
人が怖いと思ってしまう前に早く家庭に入れるといいなと思います。
f0078320_23202745.jpgf0078320_23204874.jpg





【収容室②】
※11/5レポート初登場
▼茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ (10/29他抑留所からの移送)
不妊手術を予定していましたが、前日に子犬が4頭産まれていたそうです。
産まれたばかりの子犬たちに授乳中だったため、
少し離れたところから撮影しましたので
見づらいかもしれません。
お母さんになったこの子は本当に人懐こい子のようで
子犬に授乳している最中でも、私たちが近づくと
私たちに甘えようと立ち上がってしまうので
今日はそっとしておきました。
朝晩は寒くなってきていますので、子犬たちの体力も心配です。
お母さんにもしっかり栄養をつけてもらって、
4頭無事に育ってくれますように。
f0078320_22573612.jpgf0078320_22575955.jpg





【収容室③】
※11/5レポート初登場(10/22他抑留所からの移送 引取)
▼薄茶垂れ耳 オス 8歳? 15-6キロ
ケージから出てきていきなり足をあげておしっこをしていました。
落ち着きはあるようでしたが、ケージから出してあげてすぐは
部屋の中をうろうろと歩き回っていました。
若い子特有の飛びつきなどは見られませんでした。
体格はしっかりしていますが、まだまだ若く、
顔もとても幼く見えます。
撮影は出来ていませんが、歯もとてもきれいでした。
収容されてから時間がたっていませんので、
来週以降もう少し変化が見られるかもしれません。
f0078320_23385750.jpgf0078320_23392379.jpgf0078320_23395189.jpgf0078320_2340217.jpgf0078320_2340464.jpg





※11/5よりレポート初登場(10/26他抑留所からの移送)
▼薄茶長毛 オス 1ー2歳 20キロ弱
ふわもこでかわいいお顔をした子です。
少し大きめで、落ち着きがあります。
怖がっているというよりも、どうしていいかわからない、といった感じで
ケージからなかなか出てこれませんでした。
「僕、どうしたらいいの?」
と言っているかのようなお顔がかわいかったです。
その後ロープをかけてゆっくり誘導すると
そろそろと出てくることが出来ましたが
まだこの環境にとまどっているように見えました。
f0078320_23483523.jpgf0078320_2349641.jpgf0078320_23493374.jpgf0078320_23495526.jpg






【A部屋(譲渡室)】
No.Ⅶ
※11/5レポート初登場 (10/26頃他抑留所からの移送)
▼ビーグル オス 4-5歳 14-5キロ
バゼットハウンド風の容貌の男の子です。
人馴れは抜群ですが、他犬とは相性があるようです。
抱っこも問題なく出来ました。
最終部屋から殺処分を免れた命です。
今度こそ君を愛してくれるご家族とのご縁を探そうね。
f0078320_23562924.jpgf0078320_23565242.jpgf0078320_23572253.jpgf0078320_23574968.jpg






【D部屋(旧シャンプー室)】
※11/5レポート初登場 (10/27引取収容)
▼ダックス/ビーグルMIX メス 7歳以上 12-3キロ(小柄なのに重い)
見た目はビーグルのようですが、
色合いがダックス特有のダップルという毛色が出ています。
人馴れは抜群で、特に抱っこしてあげたときには
メンバーにぴったりと顔をくっつけて
幸せそうなお顔をしていたのが印象的でした。
多頭飼育崩壊の現場から収容された子で、
犬との相性も問題ありません。
まだまだ長い犬生を共に歩んでくれるご家族を
一日も早く見つけてあげたいと思います。
f0078320_072420.jpgf0078320_075081.jpgf0078320_081394.jpgf0078320_085749.jpg






【E部屋(選定室)】
また新しく子犬が2頭収容されていました。

※11/5レポート初登場 (10/29頃収容)
▼薄茶垂れ耳 メス 2-3ヶ月 6-7キロ
まだ幼犬なのにとても体格がよく、大きく成長しそうな女の子です。
抱っこも問題なく出来ましたし、人馴れは抜群!
ふわふわで大きいので、まるでぬいぐるみのようです。
大型犬の子犬を希望されていらっしゃる方にはぴったりかも知れません。
f0078320_1215378.jpgf0078320_12154777.jpgf0078320_12162091.jpgf0078320_12165133.jpg




※11/5レポート初登場 (10/27収容)
▼茶鼻黒 オス 2-3ヵ月 3キロ前後
ほんの少し物怖じして逃げていましたが、
抱っこしてしまえばおとなしくしていました。
このくらい小さい時期に一日でも早く家庭に入って
人との生活に慣れさせてあげたいと思います。
f0078320_12231988.jpgf0078320_12233823.jpgf0078320_12244100.jpgf0078320_122429100.jpg





※11/5レポート初登場 (10/27引取収容)
▼黒柴 メス 7歳以上 10キロ~
とても人懐こく、落ち着きもある女の子です。
メンバーにまとわりつき、構って欲しくてたまらないようでした。
歯を見た限りではシニアの域に入っていそうですが、
元気は一杯ですので、これからもたくさん遊んでくれそうなご家庭に
迎えていただけるといいなと思いました。
f0078320_123341.jpgf0078320_12333434.jpgf0078320_123441.jpg
抱っこは慣れていないようで足がつっぱってしまったりしていましたが
暴れてどうにもならない、ということはありません。
おやつも歯をあてずに上手に食べることが出来ました。
f0078320_12404747.jpgf0078320_1241192.jpg






【譲渡管理室】
※11/5レポート初登場 (10/27引取収容)
▼コーギー メス 7歳以上 10キロ前後
コーギーにしては小ぶりな子です。
手入れがされていなかったことを物語るかのように
抜けそうな毛がボコボコ飛び出ていて、
ブラッシングできれいにしてあげたかったです。
人馴れは問題なさそうです。
ゆっくりと見る時間がなかったので、
また来週以降様子を見てみたいと思います。
f0078320_15364578.jpgf0078320_15371384.jpgf0078320_15374267.jpgf0078320_153824.jpg





※11/5レポート初登場 (10/16収容)
▼茶白+黒差毛やや長毛 オス(去勢済み) 3-4歳 14-5キロ
とても穏やかで落ち着きがある大きめの男の子です。
クレートからもゆっくりと出てきて、
どこを触っても怒ることはありませんでした。
もこもこな毛と幼いお顔が印象に残りました。
来週以降もう少しよく様子をみてみたいと思います。
f0078320_15581238.jpgf0078320_15585223.jpgf0078320_15591730.jpg





※9/24よりレポート登場 (9/14他抑留所からの移送)
▼薄茶黒 長毛 オス(去勢済み) 2-3歳 8.42キロ
「飼い主募集中No.4119」
とても元気がよく、私たちが訪問すると喜んでいつも近づいてきます。
パピヨンのような大きなお耳がとてもかわいい子です。
中型のなかでは小ぶりですので、集合住宅でも飼育可能だと思います。
いろいろな魅力がたっぷりの容姿は
きっと皆さんのアイドルになることまちがいなしです。
f0078320_16183187.jpgf0078320_16191141.jpgf0078320_16201678.jpg(10/20センターレポートより)









初登場の子たちは以上13頭(うち1頭は再登場)でしたが、
子犬舎・旧子犬舎の子たちも部屋の外から撮影しましたので掲載します。

朝晩かなり冷え込んでくるようになってきましたが、
これからはもっと寒い季節がやってきます。
子犬に限らず、成犬たちにとっても厳しい時期です。

子犬舎、旧子犬舎に現在収容されている子犬たちは、
臆病な子が確かに多くなっていますが、
それでも少しずつ心を開いてきてくれています。
一日でも早く家庭に迎えてもらい、人との交流をたくさん持ってもらいたい、
コンクリートの冷たい床ではなく、
暖かいお布団の上で寝かせてあげたい。
そう願ってやみません。

預かりボランティアをやってみたい、
家では飼えないから古新聞紙を送ってあげよう、
何でもいいと思います。
家に飼っている犬がいるので、もう1頭というのは難しい、という方は
どうぞその子を最期までしっかりとお世話をしてあげてください。
皆さんがそうしてくださることで、
そして不妊・去勢手術もしっかりしてくださることで、
ここに収容される子は減っていくはずなのです。

現在公開中の映画「犬に名前をつける日」では
このセンターを舞台とした保護犬たちの現実が
嘘いつわりなく表現されています。
決して、無理に泣かせようとする内容ではありません。

どうかこの映画をご覧いただいて、自分に出来ることは何だろう?と
お一人お一人お考えいただけたら幸いです。
誰にでも、できることは必ずあります。

f0078320_16455527.jpgf0078320_16472843.jpgf0078320_16474818.jpgf0078320_16462728.jpgf0078320_1648865.jpgf0078320_16482763.jpg


f0078320_1649476.jpgf0078320_16492474.jpgf0078320_16494875.jpgf0078320_16501355.jpg





レポートは以上です。


" />

... TOPIX

11/5センターレポート 短縮版    (77)

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


11/5(木)犬の引き出しのため、今週もセンターを訪問しました。


今回は初登場の子達を主にご紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【収容室①】
※11/5レポート初登場(10/23収容)
▼テリア系MIX 茶 メス 1ー2歳 7-8キロ
最初にケージを開けたときには、頑なに顔も隠していましたが、
ケージから少し離れたところ、
顔をあげてこちらを見てくれるようになりました。
それでもまだまだ怖いようで、
ロープをかけようとするとまた顔を隠してしまうので
今日は無理にロープをかけることはしませんでした。
ケージをあけっぱなしにしても出てくることはなく、
ずっとケージの奥でじっとしていました。
でも少し離れればこちらを見ることが出来ますので
極度のビビリではないような気がします。
f0078320_2374337.jpg
f0078320_238646.jpg
f0078320_2383141.jpg
f0078320_2385149.jpg






※11/5レポート初登場(10/20収容)
▼茶鼻黒 オス 7-8ヶ月 10キロ前後
ビビリながらもこちらを見ながら腰を浮かせていたので
無理にロープはかけず、ケージの外に出てきてもらいました。
(部屋の施錠は確認し、開閉しないようにして行っています)
f0078320_23151312.jpg
f0078320_23152920.jpg

ケージから出ると部屋の隅に移動し、じっとしていましたが、
特に震えているようなことはなかったので
まだこの環境に慣れていないだけなのかもしれません。
f0078320_23185275.jpg
f0078320_23191883.jpg

まだ幼い子のようですので、
人が怖いと思ってしまう前に早く家庭に入れるといいなと思います。
f0078320_23202745.jpg
f0078320_23204874.jpg






【収容室②】
※11/5レポート初登場
▼茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ (10/29他抑留所からの移送)
不妊手術を予定していましたが、前日に子犬が4頭産まれていたそうです。
産まれたばかりの子犬たちに授乳中だったため、
少し離れたところから撮影しましたので
見づらいかもしれません。
お母さんになったこの子は本当に人懐こい子のようで
子犬に授乳している最中でも、私たちが近づくと
私たちに甘えようと立ち上がってしまうので
今日はそっとしておきました。
朝晩は寒くなってきていますので、子犬たちの体力も心配です。
お母さんにもしっかり栄養をつけてもらって、
4頭無事に育ってくれますように。
f0078320_22573612.jpg
f0078320_22575955.jpg






【収容室③】
※11/5レポート初登場(10/22他抑留所からの移送 引取)
▼薄茶垂れ耳 オス 8歳? 15-6キロ
ケージから出てきていきなり足をあげておしっこをしていました。
落ち着きはあるようでしたが、ケージから出してあげてすぐは
部屋の中をうろうろと歩き回っていました。
若い子特有の飛びつきなどは見られませんでした。
体格はしっかりしていますが、まだまだ若く、
顔もとても幼く見えます。
撮影は出来ていませんが、歯もとてもきれいでした。
収容されてから時間がたっていませんので、
来週以降もう少し変化が見られるかもしれません。
f0078320_23385750.jpg
f0078320_23392379.jpg
f0078320_23395189.jpg
f0078320_2340217.jpg
f0078320_2340464.jpg






※11/5よりレポート初登場(10/26他抑留所からの移送)
▼薄茶長毛 オス 1ー2歳 20キロ弱
ふわもこでかわいいお顔をした子です。
少し大きめで、落ち着きがあります。
怖がっているというよりも、どうしていいかわからない、といった感じで
ケージからなかなか出てこれませんでした。
「僕、どうしたらいいの?」
と言っているかのようなお顔がかわいかったです。
その後ロープをかけてゆっくり誘導すると
そろそろと出てくることが出来ましたが
まだこの環境にとまどっているように見えました。
f0078320_23483523.jpg
f0078320_2349641.jpg
f0078320_23493374.jpg
f0078320_23495526.jpg







【A部屋(譲渡室)】
No.Ⅶ
※11/5レポート初登場 (10/26頃他抑留所からの移送)
▼ビーグル オス 4-5歳 14-5キロ
バゼットハウンド風の容貌の男の子です。
人馴れは抜群ですが、他犬とは相性があるようです。
抱っこも問題なく出来ました。
最終部屋から殺処分を免れた命です。
今度こそ君を愛してくれるご家族とのご縁を探そうね。
f0078320_23562924.jpg
f0078320_23565242.jpg
f0078320_23572253.jpg
f0078320_23574968.jpg







【D部屋(旧シャンプー室)】
※11/5レポート初登場 (10/27引取収容)
▼ダックス/ビーグルMIX メス 7歳以上 12-3キロ(小柄なのに重い)
見た目はビーグルのようですが、
色合いがダックス特有のダップルという毛色が出ています。
人馴れは抜群で、特に抱っこしてあげたときには
メンバーにぴったりと顔をくっつけて
幸せそうなお顔をしていたのが印象的でした。
多頭飼育崩壊の現場から収容された子で、
犬との相性も問題ありません。
まだまだ長い犬生を共に歩んでくれるご家族を
一日も早く見つけてあげたいと思います。
f0078320_072420.jpg
f0078320_075081.jpg
f0078320_081394.jpg
f0078320_085749.jpg







【E部屋(選定室)】
また新しく子犬が2頭収容されていました。

※11/5レポート初登場 (10/29頃収容)
▼薄茶垂れ耳 メス 2-3ヶ月 6-7キロ
まだ幼犬なのにとても体格がよく、大きく成長しそうな女の子です。
抱っこも問題なく出来ましたし、人馴れは抜群!
ふわふわで大きいので、まるでぬいぐるみのようです。
大型犬の子犬を希望されていらっしゃる方にはぴったりかも知れません。
f0078320_1215378.jpg
f0078320_12154777.jpg
f0078320_12162091.jpg
f0078320_12165133.jpg





※11/5レポート初登場 (10/27収容)
▼茶鼻黒 オス 2-3ヵ月 3キロ前後
ほんの少し物怖じして逃げていましたが、
抱っこしてしまえばおとなしくしていました。
このくらい小さい時期に一日でも早く家庭に入って
人との生活に慣れさせてあげたいと思います。
f0078320_12231988.jpg
f0078320_12233823.jpg
f0078320_12244100.jpg
f0078320_122429100.jpg






※11/5レポート初登場 (10/27引取収容)
▼黒柴 メス 7歳以上 10キロ~
とても人懐こく、落ち着きもある女の子です。
メンバーにまとわりつき、構って欲しくてたまらないようでした。
歯を見た限りではシニアの域に入っていそうですが、
元気は一杯ですので、これからもたくさん遊んでくれそうなご家庭に
迎えていただけるといいなと思いました。
f0078320_123341.jpg
f0078320_12333434.jpg
f0078320_123441.jpg

抱っこは慣れていないようで足がつっぱってしまったりしていましたが
暴れてどうにもならない、ということはありません。
おやつも歯をあてずに上手に食べることが出来ました。
f0078320_12404747.jpg
f0078320_1241192.jpg







【譲渡管理室】
※11/5レポート初登場 (10/27引取収容)
▼コーギー メス 7歳以上 10キロ前後
コーギーにしては小ぶりな子です。
手入れがされていなかったことを物語るかのように
抜けそうな毛がボコボコ飛び出ていて、
ブラッシングできれいにしてあげたかったです。
人馴れは問題なさそうです。
ゆっくりと見る時間がなかったので、
また来週以降様子を見てみたいと思います。
f0078320_15364578.jpg
f0078320_15371384.jpg
f0078320_15374267.jpg
f0078320_153824.jpg






※11/5レポート初登場 (10/16収容)
▼茶白+黒差毛やや長毛 オス(去勢済み) 3-4歳 14-5キロ
とても穏やかで落ち着きがある大きめの男の子です。
クレートからもゆっくりと出てきて、
どこを触っても怒ることはありませんでした。
もこもこな毛と幼いお顔が印象に残りました。
来週以降もう少しよく様子をみてみたいと思います。
f0078320_15581238.jpg
f0078320_15585223.jpg
f0078320_15591730.jpg






※9/24よりレポート登場 (9/14他抑留所からの移送)
▼薄茶黒 長毛 オス(去勢済み) 2-3歳 8.42キロ
「飼い主募集中No.4119」
とても元気がよく、私たちが訪問すると喜んでいつも近づいてきます。
パピヨンのような大きなお耳がとてもかわいい子です。
中型のなかでは小ぶりですので、集合住宅でも飼育可能だと思います。
いろいろな魅力がたっぷりの容姿は
きっと皆さんのアイドルになることまちがいなしです。
f0078320_16183187.jpg
f0078320_16191141.jpg
f0078320_16201678.jpg
(10/20センターレポートより)









初登場の子たちは以上13頭(うち1頭は再登場)でしたが、
子犬舎・旧子犬舎の子たちも部屋の外から撮影しましたので掲載します。

朝晩かなり冷え込んでくるようになってきましたが、
これからはもっと寒い季節がやってきます。
子犬に限らず、成犬たちにとっても厳しい時期です。

子犬舎、旧子犬舎に現在収容されている子犬たちは、
臆病な子が確かに多くなっていますが、
それでも少しずつ心を開いてきてくれています。
一日でも早く家庭に迎えてもらい、人との交流をたくさん持ってもらいたい、
コンクリートの冷たい床ではなく、
暖かいお布団の上で寝かせてあげたい。
そう願ってやみません。

預かりボランティアをやってみたい、
家では飼えないから古新聞紙を送ってあげよう、
何でもいいと思います。
家に飼っている犬がいるので、もう1頭というのは難しい、という方は
どうぞその子を最期までしっかりとお世話をしてあげてください。
皆さんがそうしてくださることで、
そして不妊・去勢手術もしっかりしてくださることで、
ここに収容される子は減っていくはずなのです。

現在公開中の映画「犬に名前をつける日」では
このセンターを舞台とした保護犬たちの現実が
嘘いつわりなく表現されています。
決して、無理に泣かせようとする内容ではありません。

どうかこの映画をご覧いただいて、自分に出来ることは何だろう?と
お一人お一人お考えいただけたら幸いです。
誰にでも、できることは必ずあります。

f0078320_16455527.jpg
f0078320_16472843.jpg
f0078320_16474818.jpg
f0078320_16462728.jpg
f0078320_1648865.jpg
f0078320_16482763.jpg



f0078320_1649476.jpg
f0078320_16492474.jpg
f0078320_16494875.jpg
f0078320_16501355.jpg






レポートは以上です。


関連記事

ページ上部へ戻る