... TOPIX

ミラノファッションウィークで動物はピエロじゃないアピール!

2016年2月26日、ミラノファッションウィークでのElisabetta Franchiのショーは、ほぼ完全なアニマルフリーのヴィーガンファッションショーになりました。80点の洋服には"Animal Free"のロゴが入っていたそうです!

そして、その中で、彼女は「Circus is not fun for animals サーカスは動物には楽しくない」「Animals are not clowns 動物はピエロじゃない」というアピールを行いました。
サーカスに動物を使うことを禁止している国はたくさんあります。
スウェーデン、オランダ、デンマーク、フィンランド、スイス、ノルウェー、オーストリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、 チェコスロヴァキア 、キプロス、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、ポーランド、ポルトガル、スロベニア、マルタ、ボリビア、コスタリカ、コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、パナマ、パラグアイ、ペルー、イスラエル、シンガポール、台湾、インド。

さらに、スペイン、アイルランド、英国、オーストラリア、チリ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、カナダ、アメリカ合衆国では、動物をサーカスに利用することを一部の地域で禁止されています。

日本にはそのような倫理的な規制はありません。
けれども、わたしたち日本人は規制がなくとも倫理的な選択をし、動物をご楽に使わないことを選択していける国民です。

800人のファッションを楽しむセレブリティーたちにむけ、そしてElisabetta Franchiのファッションを楽しみたい人に向けてアピールが行われました。
今後、このようなエシカルなアピールを繰り広げるファッションデザイナーは増えていくことを期待しましょう!


Elisabetta Franchiはすでに毛皮を使わないファッションの認証 FUR FREE RETAILERプログラムに参加しています。

彼女のNEWコレクションはCrulety Free 残酷さのないファッションです。
ショーの様子を見てください。
10分あたりに登場するアピールTシャツを着た2人のモデルに注目です。
ラストはElisabetta Franchi自身が「CIRCUS IS NOT FUN FOR ANIMALS」と書かれたTシャツを着て登場しますよ!

関連記事

ページ上部へ戻る