*2/9よりレポート登場 (1/28収容)
▽茶 メス 2-3歳 10キロくらい

この日も定位置で、同じ姿勢で迎えてくれました。
相変わらずの様子です。
どうにかしてオヤツを食べてもらおうと床に置くも、
人馴れした他の子に横取りされてしまい、
仲良くなれる術をまだ見付けることが出来ません。

単純に距離を縮めようと寄ると、低い声でこの日も唸られてしまいました。
f0078320_0534962.jpg
f0078320_0543851.jpg
毎回同じような写真ですが、決して使いまわしの写真ではありません。
この子の動き回る姿が見てみたいです。それが逃げる姿でも…。

人が居ないときは、当然、動いて排泄や食事もしているのでしょう。
決して痩せすぎてはおらず、見る限り健康体な体型をしてます。


f0078320_0545440.jpg
ボケてしまいましたが、顔だちも姿もとても美しい子です。

人馴れした子が良い影響を与えてくれたら良いなと願っているのですが、
この日は ↓ のとてもフレンドリーな子が寄って行ったところ、
怒る場面がありました。
まだ気持ちに余裕のないこの子には、
かけ離れた明るい性格の子の存在が、今は鬱陶しいのかもしれません。

まだ時間は必要な子ですが、
必ず変わると信じて、これからも様子を見ていきたいと思います。





*3/29よりレポートに登場  (3/16収容)
▽茶黒まだら メス 2歳くらい 11-12キロ

人が大好きな可愛い子です。
この中では飛びっきり明るく、かなり浮いています。
↑ヘラヘラしながら側に行ったところ、上の子に怒られる場面がありましたが、
そんなことは全然気にせずサッと引き、
何も無かったかの様に私の所にニコニコ顔のままやって来るほど、
マイペースな子です。

f0078320_040170.jpg
f0078320_0401792.jpg
f0078320_0403054.jpg
f0078320_0414067.jpgf0078320_0414950.jpg
平和主義で、周りに沢山の笑顔を振りまく、とっても性格花丸の子です。


f0078320_0421188.jpg
決して太っては居ませんが、良い肉付き。
しっかり食事もとれて居るようで、心も身体も安定してるこの子を見てると、
一瞬ここがセンターだということを忘れてしまいます。





*昨年3/17よりレポート登場 (3/10収容)
▽茶 メス 2歳くらい 12-13キロくらい

ここの生活が随分長くなってしまいましたが、
人馴れは思うように進んではいません。
私がジッとしてれば、この子もジッとしていられるのですが、
一歩動き出すとどうしたら良いのか落ち着かず部屋中をウロウロし出します。

f0078320_0593670.jpg
f0078320_0595594.jpg
f0078320_161829100.jpg
f0078320_101034.jpg
人と距離を取りたくても、隅っこに単独で居ることは嫌なようです。
白い子を慕って側に居ることが多かったです。

この子も、オヤツを食べる余裕もまだありませんが、
痩せてはおりませんでしたからしっかり食事は取れているようです。





*2/23よりレポート登場 (2/12収容)
▽白 メス 16-18キロくらい

とても不思議ちゃんで、人馴れしてると言って良いのか、
でも人馴れしてないとも言えない子です
オヤツを差し出すと表情を全く変えずに、
人の手から優しく食べる事が出来ます。
オヤツ・オヤツと煩く付きまとうほどではありませんが、
ゆっくり寄って来たりはします。

しかし身体を触ろうとすると、スッと下がり距離を持ちたがりますので、
まだ私は身体を触ったことはありません。

f0078320_11174.jpg
f0078320_113138.jpg
元々の性格が落ち着いて居て穏やかなのか、
それとも人に愛想をつかしてしまっているのか、
冷静な子だなと感じます。

犬にぶつかってこられても、しつこく顔をクンクンされても、
怒ったのを見たことがありません。
それどころか表情一つ変えません。


f0078320_125318.jpg
f0078320_13121.jpg
f0078320_115575.jpg
臆病な子たちからとても慕われているように見えました。
この2頭にとっては、明るい子よりも、
この子が側に居る方が安心していられるのかも知れません。



どの子にも、ここの生活が当たり前なんだと思って欲しくはありません。

どうか、一日でも早く家庭の中に入れますよう祈ります。




レポートは、パート2に続きます。
" />

... TOPIX

4/5センターレポート パート1      ④

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。 

4/5訪問レポートです。
今週も、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


こちらではD部屋の4頭の子達を紹介します。


f0078320_0374839.jpg




*2/9よりレポート登場 (1/28収容)
▽茶 メス 2-3歳 10キロくらい

この日も定位置で、同じ姿勢で迎えてくれました。
相変わらずの様子です。
どうにかしてオヤツを食べてもらおうと床に置くも、
人馴れした他の子に横取りされてしまい、
仲良くなれる術をまだ見付けることが出来ません。

単純に距離を縮めようと寄ると、低い声でこの日も唸られてしまいました。
f0078320_0534962.jpg

f0078320_0543851.jpg

毎回同じような写真ですが、決して使いまわしの写真ではありません。
この子の動き回る姿が見てみたいです。それが逃げる姿でも…。

人が居ないときは、当然、動いて排泄や食事もしているのでしょう。
決して痩せすぎてはおらず、見る限り健康体な体型をしてます。


f0078320_0545440.jpg

ボケてしまいましたが、顔だちも姿もとても美しい子です。

人馴れした子が良い影響を与えてくれたら良いなと願っているのですが、
この日は ↓ のとてもフレンドリーな子が寄って行ったところ、
怒る場面がありました。
まだ気持ちに余裕のないこの子には、
かけ離れた明るい性格の子の存在が、今は鬱陶しいのかもしれません。

まだ時間は必要な子ですが、
必ず変わると信じて、これからも様子を見ていきたいと思います。





*3/29よりレポートに登場  (3/16収容)
▽茶黒まだら メス 2歳くらい 11-12キロ

人が大好きな可愛い子です。
この中では飛びっきり明るく、かなり浮いています。
↑ヘラヘラしながら側に行ったところ、上の子に怒られる場面がありましたが、
そんなことは全然気にせずサッと引き、
何も無かったかの様に私の所にニコニコ顔のままやって来るほど、
マイペースな子です。

f0078320_040170.jpg

f0078320_0401792.jpg

f0078320_0403054.jpg

f0078320_0414067.jpg
f0078320_0414950.jpg

平和主義で、周りに沢山の笑顔を振りまく、とっても性格花丸の子です。


f0078320_0421188.jpg

決して太っては居ませんが、良い肉付き。
しっかり食事もとれて居るようで、心も身体も安定してるこの子を見てると、
一瞬ここがセンターだということを忘れてしまいます。





*昨年3/17よりレポート登場 (3/10収容)
▽茶 メス 2歳くらい 12-13キロくらい

ここの生活が随分長くなってしまいましたが、
人馴れは思うように進んではいません。
私がジッとしてれば、この子もジッとしていられるのですが、
一歩動き出すとどうしたら良いのか落ち着かず部屋中をウロウロし出します。

f0078320_0593670.jpg

f0078320_0595594.jpg

f0078320_161829100.jpg

f0078320_101034.jpg

人と距離を取りたくても、隅っこに単独で居ることは嫌なようです。
白い子を慕って側に居ることが多かったです。

この子も、オヤツを食べる余裕もまだありませんが、
痩せてはおりませんでしたからしっかり食事は取れているようです。





*2/23よりレポート登場 (2/12収容)
▽白 メス 16-18キロくらい

とても不思議ちゃんで、人馴れしてると言って良いのか、
でも人馴れしてないとも言えない子です
オヤツを差し出すと表情を全く変えずに、
人の手から優しく食べる事が出来ます。
オヤツ・オヤツと煩く付きまとうほどではありませんが、
ゆっくり寄って来たりはします。

しかし身体を触ろうとすると、スッと下がり距離を持ちたがりますので、
まだ私は身体を触ったことはありません。

f0078320_11174.jpg

f0078320_113138.jpg

元々の性格が落ち着いて居て穏やかなのか、
それとも人に愛想をつかしてしまっているのか、
冷静な子だなと感じます。

犬にぶつかってこられても、しつこく顔をクンクンされても、
怒ったのを見たことがありません。
それどころか表情一つ変えません。


f0078320_125318.jpg

f0078320_13121.jpg

f0078320_115575.jpg

臆病な子たちからとても慕われているように見えました。
この2頭にとっては、明るい子よりも、
この子が側に居る方が安心していられるのかも知れません。



どの子にも、ここの生活が当たり前なんだと思って欲しくはありません。

どうか、一日でも早く家庭の中に入れますよう祈ります。




レポートは、パート2に続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る