... TOPIX

2週連続 Empty The Tanks 「水槽を空にせよ」

イルカショーのための捕獲及びイルカの監禁と搾取に反対する国際イベント EmptyTheTanks 2016-5/7。

日本でも「水槽を空にしよう!」と二週連続で新江ノ島水族館前でプロテストを行いました。
一週目はイルカ問題を訴え、二週目は魚も含めすべての動物の解放を訴えました。

現在、新江ノ島水族館にはイルカ、ペンギン、アシカ、魚その他多くの海洋生物が監禁状態にあります。
イルカについては、現在日本でイルカを有する水族館は53カ所あり、監禁されているイルカの数は約600頭、これらの数はともに世界で群を抜いています。
私たちが水族館に監禁される海洋生物たちを助けるためにできることは、ただひとつ「水族館のチケットを買わないこと」です。

2016/5/7



2016/05/14



プロテスト後、海岸でゴミ拾い


700種類の海洋生物がプラスチック製のゴミのせいで絶滅の危機に遭っており、270000トンものプラスチックが海に浮いていると言われています。

700 Marine Species Might Go Extinct Because of Plastic Pollution. Here Are 5 Ways You Can Help!
http://www.onegreenplanet.org/environment/marine-species-extinction-and-plastic-pollution/

海のごみ、吸い殻が最多 米環境団体68カ国調査 生物に深刻な被害
(東京新聞 2007年8月4日 夕刊)

米国の環境保護団体オーシャン・コンサーバンシーなどは四日までに、日本や米国、 ニュージーランドなど世界六十八カ国の海岸などで昨年九月から十月ごろにかけて 実施した清掃キャンペーンで約八百万個のごみを回収し、フィルターを含むたばこの 吸い殻が全体の約四分の一と最多だったと公表、プラスチックごみなどで生物に 深刻な被害が出ていると警告した。
清掃の際、各国で計約千百の生き物が釣り具に絡まるなどした状態で見つかり、 ほとんどは死んでいたという。
日本の窓口の「クリーンアップ全国事務局」によると、国内では約二百カ所の海岸で 計約二十一万個のごみを収。世界的な傾向と同様に吸い殻が最も多かった。
同事務局の小島あずささんは「過疎化でごみ回収のボランティア確保が困難な地域も 多い。ごみになる商品に費用を上乗せする制度で基金をつくり、回収に充てることも 検討すべきだ」と話している。
調査結果によると、回収したごみは世界で約三千トン。最多の吸い殻は約百九十万個 で、以下、食品の包装・容器(約七十七万個)、ふた・キャップ(約七十万個)、プラスチック などの袋類(六十九万個)の順。国内では吸い殻のほか、食品の包装・容器、 ふた・キャップ、プラスチック製の飲料ボトルなどが上位だった。
同事務局は国内独自の分類方法による結果も公表。一位は吸い殻だが、以下、硬い プラスチックの破片、発泡スチロールの破片、プラスチックの袋やシートの破片と続いて いる。
プラスチック類は、紫外線で劣化するなどしたものが多かった。海のごみは、 日常生活で使うものが川から流れ込むケースが多く、日本のごみはハワイや米西海岸 にも流れ着くという。


*タバコの吸殻のフィルター部分にはセルロース・アセテートというレイヨンによく似た素材がつかわれており、生分解には2年ほどかかるそうです。




私たちには、人間として生活することの責任があります。

関連記事

ページ上部へ戻る