... TOPIX

動物の権利や動物の福祉が論点に。消費者庁「倫理的消費」調査研究会

2016年6月3日
第7回 消費者庁「倫理的消費」調査研究会

日本女子大学の細川幸一教授から「アニマルウェル・フェアとエシカル消費について」の報告がありました。
細川教授は「いのちを消費するものの責任として、自らの消費行動を検証することもエシカル消費を考えるうえで重要」だとし、主に畜産の現場で問題とされている動物の飼育方法について報告。話は豚や鶏だけではなく、ダウンの採集やアンゴラウールの問題にまで及びました。
細川教授の報告により、他の委員からも「動物問題をこの研究会で議論することは大事」「実は今日学校でアニマルウェルフェアの授業を行ってきた」という発言が出ており、今後この問題はより深く掘り下げられていくだろうと期待されます。

細川教授の報告書より一部抜粋

産業動物は人間の利益のために繁殖させられ、人間の利益が最大になるように飼育され、消費者向け商品として屠殺され、商品となる。動物を殺して食するのは、人間が生きるためには当然という主張が一般的である。だが、現在の効率最優先の工場畜産は動物の生き物としての尊厳を軽視し、単なる利益を生む出すモノとしてしか扱わない傾向がある。工場畜産を行わせているのは安い食肉を求める消費者であり、私たちはスーパーの食肉が生きものであったときに彼らが人間からどのような扱いを受けてきたのかを知る必要がある。


この日の議事録はこちらのサイトに掲載される予定です。
「倫理的消費」調査研究会
http://www.caa.go.jp/region/index13.html

2015年12月16日
第5回 消費者庁「倫理的消費」調査研究会

株式会社レスポンスアビリティ代表取締役 足立 直樹氏が「今までの議論から動物の権利、アニマルライツという観点が抜け落ちているのではないか」と指摘、動物問題に関する「日本と海外の規制比較表」が配布され、足立氏から「時間を設けてこの問題を勉強するべきではないか」と問題提起されました。

当日の議事録から一部抜粋

〇山本座長 足立委員から今までの議論から動物の権利、アニマルライツという観点が抜け落ちているのではないかという御指摘がございました。足立委員が参考資料として、まだオフィシャルな資料ではありませんが、皆様のお手元にお配りしていますので、簡潔に御説明ください。
〇足立委員 今回この事務局の方々にまとめていただいた論点なのですが、具体的なところを入れておいた方が良いと思いまして、なるべく色々な論点を落さずに拾い上げてみたいと思っています。それについて、いくつか御紹介したいと思っておりまして、今山本先生に御言及いただきましたが、皆様のお手元には追加資料が一つございます。動物への配慮状況の国際比較というもので、これを見ていただきますと、動物の権利、動物の福祉、アニマルウェルフェアという言葉がありますが、これについて私たちは全く議論していなかったのではないかと思います。渡辺先生が最初の御報告のところで、イギリス等でエシカルというものが始まって、最初の一つの論点に動物実験があって、かなり長い歴史があったわけですが、それについて私たちが全く議論しなかったというのは少し論点を抜け落としていると思います。このことは本日の議論の正式な議題に入ってございませんので、まずはこういう問題があって、なおかつ日本では制度的に不十分なのだということを御参考までに見ていただいて、別の機
会にもう少し時間を取って専門の団体などもありますので、そういう方をお招きして少し勉強したほうが良いのではないかと思っております。


第5回 消費者庁「倫理的消費」調査研究会 議事録
http://www.caa.go.jp/region/pdf/151216_gijiroku.pdf
関連記事
消費者庁に消費者教育に動物への配慮を含めることを要望
http://www.arcj.org/lifestyle/00/id=722

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る