... TOPIX

「続報:北海道砂川市猫多頭崩壊(54匹)現場の現状(10月25日時点)」

多くの方がご存知かと思いますが
北海道砂川市という街で
多頭崩壊によるの殺処分が行われてしまう
という記事の続報です。

現在は54-6=48頭のたちが命の期限を
迎えようとしています。

高速道路のサービスエリアに貼られていた
1枚のチラシから話が始まります。
そこには54匹多頭飼いのために
10月31日(月)には強制退去のためたちの
行き場がなくなる。

14642207_1096745820436676_4834661092187564111_ns_2016102516500046d.jpg
↑写真出展元:プレス空知/空知新聞社 https://goo.gl/TLwBTU

o0720096013778770287.jpg
↑写真出展元:【追記あり】北海道砂川市54匹の里親募集!10月31日期限
https://goo.gl/DmvzT6

と緊急で里親募集されていました。

また?
という想いでしたがこのたちにとって
「また」ではないのです。

一人でこの頭数は無理だし
かと言って、どこの団体もキャパオーバーな状態。
誰も無理だと思っていました。

ところが行政も殺処分は望みません。
団体も数頭ならと言いだして、まずは全頭移動できる場所を
捜し始めました。
そして現在は、何とか一時保護できる場所も
見つかったそうな・・・・・(まだ、明確ではありません)続報です。



《スポンサード リンク》



-----------ここから記事転載------------
昨日、拡散されまくった砂川54頭、飼い主強制退去による里親募集 の
砂川54頭事件。
昨夜、やっと窓口となっているボランティアさんと連絡が取れました。

昨日は。
70件もの問い合わせ電話で、大パニックとなり
皆さんからの電話もなかなか繋がらなかったみたいです。

お電話で聞いたお話を下記にまとめます。

■飼い主さんは54頭もゴミ屋敷状態で飼育してるので
強制退去となりました。大家さんの立場なら、
それも当然のことだと思います。

■窓口のボランティアさんは、まず最初に保護ではなく
一般譲渡を優先して行いたい。
譲渡条件もきっちりと厳しく審査しての譲渡。

■保護ボランティアさんからの保護申し出も頂いているので
一般譲渡の後に保護ボランティアさん達に連絡をして
引き出しをお願いする予定だそうです。

■たぶん、一般譲渡を優先するのが水曜日くらぃまで。

■保護されても半分は残ると察しますか、
残りの數十匹を置かせてもらえる別の場所を交渉中で
それは大丈夫そうかも。 かも! 未定。

■行政も介入し始め、保護団体さんへの問い合わせなどを行なっている模様。

■保健所は、砂川にはなく、管轄は滝川保健所。
今、滝川保健所にいる猫達を『しっぽの会』さんが
引き出して空っぽにしたら、何匹か滝川に収容の目処が立ってきた。

とはいえ、滝川保健所は小さく、10匹も無理と私は思う。。。

■保護団体さんが入るか、入っても全部は厳しいはず。
団体さんが入るか未定(本日時点),

■ともかく、今は窓口のボランティアさんが、
行政と飼い主さんと話しながら進行中。

まだまだボヤーっとした状況ですが、窓口の方、頑張ってます!
誰でもいから、という考えは一切なく、
すでに里親希望者の中には条件が合わなくて
お断りした方もいらっしゃるとの事。
安心できる方です。

今ある情報は以上です。
水曜日あたりにまた進捗があるでしょう。
-------------記事転載ここまで---------------

記事元:砂川54頭 状況確認じました
http://ameblo.jp/hiroko-chivi/entry-12212422122.html

何とか多くの方が介入して猫たちを助けようと動いている状態
でしょうか?

ところが!

この後は次回の記事に続きます。



《スポンサード リンク》



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


捨て犬・保護犬 ブログランキングへ


FC2 ブログランキング



関連記事

ページ上部へ戻る