f0078320_113238100.jpg
リードに慣れていないのか、
上手にロープをかわしてなかなか首にかけることが出来ませんでした。
かけたらかけたで、「いやよ!」と首を振ってひと暴れしましたが
わりとあっさりリードに慣れてくれました。

それほど怖いものでもないことを理解してくれたのでしょう。
「そういうもの」と思えば受け入れることが出来る素直な子のようでした。
こういう場所でなければ、
精神的に安定しているタイプのように見受けられました。
f0078320_11325017.jpg
怖がっている様子もありましたが、おやつも手から抵抗なく食べることが出来て
人馴れが難しい子とは感じませんでした。
ただ、リードを引くと「出ちゃった…」という感じでウンチがあったので
本人はかなり緊張していたのかもしれません。
f0078320_113304.jpg

ゆっくりと抱き上げることも出来ました。
f0078320_12304344.jpg

体に触れても、暴れたり攻撃的になったりすることは一切なく
鮮明には撮れませんでしたが歯も見せてくれるなど、口周りも触れます。
f0078320_11331219.jpg
左前足の第2・第3指が欠損していますが、最近の怪我ではないようで
本犬も全く気にしておらず、また足取りも全く問題ありません。
毛足も長いので、私自身は注意して見なければわかりませんでした。
体つきもけっこうしっかりしている様子ですし、
手入れをしたらとても見映えのする美しい子になると思います。




収容室② 2頭


※11/22レポート初登場(11/10収容)
▽茶 オス 3〜4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

大きめの身体に似合わず、困った顔をしてケージの奥で震えていました。
f0078320_11334110.jpg
ロープをかけても暴れたりすることはなく、
「出来れば出たくない…」という感じで踏ん張ってはいましたが、
それでも促されれば大きな抵抗はせずに出てきてくれました。

一見強面風ですが、攻撃的な気配は全く感じません。
f0078320_1134115.jpg
f0078320_11335240.jpg
f0078320_11341258.jpg
それどころか、穏やかで気優しい雰囲気がひしひしと伝わってくる子でした。
困った顔で終始オドオド小さくなっていて、それは可哀想なほど。
どうしてここにいるのだろう?ここで何が起こるのだろう?と
不安でいっぱいなのかもしれません。
f0078320_11342022.jpg
f0078320_11343169.jpg

喧嘩で出来た傷なのか左耳の先がちぎれたようになっていますが
既に古い怪我のようで本犬は気にしていません。
手から直接おやつは食べられませんでしたが、
お皿に乗せたものは見ていても食べていました。

とてもやさしい穏やかな子という印象なので、
一緒に暮らしたら、きっと
頼りになるパートナーになってくれる子ではないかと思います。
早くこの子本来の姿で過ごすことのできる落ち着いた場所に
移動させてあげたいです。



※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
(以下、先週レポートより転載します)

ロープを掛け誘導すると怖々出てきてくれました。
それでもパニックになったり暴れたりすることはありません。
抱き上げたりしても抵抗することもなく
どちらかというとされるがままの固まる系のビビりちゃんです。
家庭に入れば馴れるのは比較的早い子だと思われます。
f0078320_059465.jpgf0078320_0595266.jpgf0078320_0595764.jpgf0078320_10923.jpg
f0078320_165412.jpg
f0078320_101419.jpgf0078320_102067.jpgf0078320_102569.jpg






収容室③ 2頭



※11/15よりレポートに登場 (11/1収容)
▽茶黒 メス 1-2歳 14キロ程度 

くっきり富士額がきれいな、可愛らしい女の子です。
f0078320_11345488.jpg

扉を開けると、ゆ~っくり立ち上がって
ケージの奥へ奥へと行きたい様子で怖がっていたので
無理には外に出しませんでした。
f0078320_113533.jpg
f0078320_11351371.jpg
f0078320_11352163.jpg

授乳したことのあるおっぱいをしていましたので、
きっと子育てを経験しているのでしょう。
大人しくジッとしていますが、身体全体に緊張が漲っています。
顔を横に向けたままジッとしていましたが、
目の端でいつも私たちを意識しており
ただただ固まって、早くこの時間が過ぎればいいと思っているようでした。
f0078320_11353031.jpg
手を出しても固まるのみでお口が出ることもなく
とても落ち着いた大人しい女の子だと思います。
早く無邪気に甘えられるような、
伸び伸び安心できる場所に移動できますように。




※11/22レポート初登場(11/7収容)
▽薄茶 オス 2歳くらい 20キロ程度

人懐こい男の子です。
動きも、まだ仔犬かと勘違いするように無邪気。
人馴れには全く問題なく、ひっくりかえってお腹も披露してくれるほどでした。

自由に歩かせていると撮影できないので、
ちばわんメンバーにホールドしてもらいました。
抱き上げると暴れたりせずに、比較的大人しくしています。
f0078320_1312479.jpg
f0078320_13121679.jpg
f0078320_13122833.jpg


落ち着きのある子ではないので、
はじめは教えてあげなければならないことがたくさんありそうです。
身体もそこそこ大きいので、
この子に振り回されないよう人がリードしてあげる必要があると思いますが
このまま家庭に入っても、すぐに順応してくれる子だと思います。
f0078320_1312403.jpg
f0078320_13142398.jpg

仔犬がそのまま大きくなったような愛くるしい子です。
歯も見せてくれました。
f0078320_11364432.jpg

口周りを触っても全く問題ありませんでした。




レポートは続きます。
" />

... TOPIX

11/22 センターレポート 収容室①②③  5頭

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



収容室① 1頭



※11/22レポート初登場(11/8収容)
▽テリア系雑 白 メス 3-4歳? 15キロぐらい(左前足第2、第3指欠損)

大きめむくむく。可愛いらしいテリア系の女の子です。
ケージの中では少し吠えていましたが、
外に出したらウンともスンとも言いませんでした。
f0078320_11323011.jpg

f0078320_113238100.jpg

リードに慣れていないのか、
上手にロープをかわしてなかなか首にかけることが出来ませんでした。
かけたらかけたで、「いやよ!」と首を振ってひと暴れしましたが
わりとあっさりリードに慣れてくれました。

それほど怖いものでもないことを理解してくれたのでしょう。
「そういうもの」と思えば受け入れることが出来る素直な子のようでした。
こういう場所でなければ、
精神的に安定しているタイプのように見受けられました。
f0078320_11325017.jpg

怖がっている様子もありましたが、おやつも手から抵抗なく食べることが出来て
人馴れが難しい子とは感じませんでした。
ただ、リードを引くと「出ちゃった…」という感じでウンチがあったので
本人はかなり緊張していたのかもしれません。
f0078320_113304.jpg


ゆっくりと抱き上げることも出来ました。
f0078320_12304344.jpg


体に触れても、暴れたり攻撃的になったりすることは一切なく
鮮明には撮れませんでしたが歯も見せてくれるなど、口周りも触れます。
f0078320_11331219.jpg

左前足の第2・第3指が欠損していますが、最近の怪我ではないようで
本犬も全く気にしておらず、また足取りも全く問題ありません。
毛足も長いので、私自身は注意して見なければわかりませんでした。
体つきもけっこうしっかりしている様子ですし、
手入れをしたらとても見映えのする美しい子になると思います。




収容室② 2頭


※11/22レポート初登場(11/10収容)
▽茶 オス 3〜4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

大きめの身体に似合わず、困った顔をしてケージの奥で震えていました。
f0078320_11334110.jpg

ロープをかけても暴れたりすることはなく、
「出来れば出たくない…」という感じで踏ん張ってはいましたが、
それでも促されれば大きな抵抗はせずに出てきてくれました。

一見強面風ですが、攻撃的な気配は全く感じません。
f0078320_1134115.jpg

f0078320_11335240.jpg

f0078320_11341258.jpg

それどころか、穏やかで気優しい雰囲気がひしひしと伝わってくる子でした。
困った顔で終始オドオド小さくなっていて、それは可哀想なほど。
どうしてここにいるのだろう?ここで何が起こるのだろう?と
不安でいっぱいなのかもしれません。
f0078320_11342022.jpg

f0078320_11343169.jpg


喧嘩で出来た傷なのか左耳の先がちぎれたようになっていますが
既に古い怪我のようで本犬は気にしていません。
手から直接おやつは食べられませんでしたが、
お皿に乗せたものは見ていても食べていました。

とてもやさしい穏やかな子という印象なので、
一緒に暮らしたら、きっと
頼りになるパートナーになってくれる子ではないかと思います。
早くこの子本来の姿で過ごすことのできる落ち着いた場所に
移動させてあげたいです。



※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
(以下、先週レポートより転載します)

ロープを掛け誘導すると怖々出てきてくれました。
それでもパニックになったり暴れたりすることはありません。
抱き上げたりしても抵抗することもなく
どちらかというとされるがままの固まる系のビビりちゃんです。
家庭に入れば馴れるのは比較的早い子だと思われます。
f0078320_059465.jpg
f0078320_0595266.jpg
f0078320_0595764.jpg
f0078320_10923.jpg

f0078320_165412.jpg

f0078320_101419.jpg
f0078320_102067.jpg
f0078320_102569.jpg







収容室③ 2頭



※11/15よりレポートに登場 (11/1収容)
▽茶黒 メス 1-2歳 14キロ程度 

くっきり富士額がきれいな、可愛らしい女の子です。
f0078320_11345488.jpg


扉を開けると、ゆ~っくり立ち上がって
ケージの奥へ奥へと行きたい様子で怖がっていたので
無理には外に出しませんでした。
f0078320_113533.jpg

f0078320_11351371.jpg

f0078320_11352163.jpg


授乳したことのあるおっぱいをしていましたので、
きっと子育てを経験しているのでしょう。
大人しくジッとしていますが、身体全体に緊張が漲っています。
顔を横に向けたままジッとしていましたが、
目の端でいつも私たちを意識しており
ただただ固まって、早くこの時間が過ぎればいいと思っているようでした。
f0078320_11353031.jpg

手を出しても固まるのみでお口が出ることもなく
とても落ち着いた大人しい女の子だと思います。
早く無邪気に甘えられるような、
伸び伸び安心できる場所に移動できますように。




※11/22レポート初登場(11/7収容)
▽薄茶 オス 2歳くらい 20キロ程度

人懐こい男の子です。
動きも、まだ仔犬かと勘違いするように無邪気。
人馴れには全く問題なく、ひっくりかえってお腹も披露してくれるほどでした。

自由に歩かせていると撮影できないので、
ちばわんメンバーにホールドしてもらいました。
抱き上げると暴れたりせずに、比較的大人しくしています。
f0078320_1312479.jpg

f0078320_13121679.jpg

f0078320_13122833.jpg



落ち着きのある子ではないので、
はじめは教えてあげなければならないことがたくさんありそうです。
身体もそこそこ大きいので、
この子に振り回されないよう人がリードしてあげる必要があると思いますが
このまま家庭に入っても、すぐに順応してくれる子だと思います。
f0078320_1312403.jpg

f0078320_13142398.jpg


仔犬がそのまま大きくなったような愛くるしい子です。
歯も見せてくれました。
f0078320_11364432.jpg


口周りを触っても全く問題ありませんでした。




レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る