... TOPIX

治せない、譲渡できない、生きられない

ゆずくん、連日、通院しています。 糖液を皮下注射して、 腫れた肛門の炎症を抑える消炎剤と抗生剤を注射して 肛門をしぼり圧迫排便します。 薬や食事療法をしていますが、便秘は続き、自力の排泄は困難です。 食欲不振のため、強制給餌をしていますが、昨日は嘔吐もありました。 苦しそうです。 保護した当初↓の方が元気そうです。 なぜかと言うと・・・ ゆずくんはコクシジウムでひどい下痢でした。 それが不幸中の幸いで 下痢便だったので、小さな肛門から垂れ流しになり便秘にならなかったので

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る