f0078320_17184838.jpg
f0078320_17193035.jpg
f0078320_17185945.jpg





※7/12よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶(足先白)オス 10-12ヵ月 9キロ前後
これまでのレポートでも見たような写真しか撮れませんでした。

この子も犬舎に人の気配があるだけで
嵐が過ぎ去るのを待つかのように、個室の一番奥にジッと張り付いています。
たくさん撮影したのですが、この位置から動いているものはありませんでした。
差し出したおやつはモチロン手からは食べられないようですが
おやつを目の前に置いて隣の個室から戻ってみるとなくなっていたので
少しずつでも人と同じ空間にいることに慣れてきているのかな、と思います。

固まっていはいますが、毎日人にお世話をしてもらう中で
特に恐ろしいことがあるわけではないことは知っていると思います。
私がジッと見ると、当然目を合わせることはないのですが
離れたところからは伺うように私たちの動きを見ている様子もあり
人に興味がないわけではないのです。

まだどう振舞っていいかわからないだけ。
けれど、この子犬舎の中では
一般家庭と同じような経験を積むことはできません。
まだまだパピーの月齢です。
少しでも早く家庭に入っていろいろなものを見て、経験することで
大きく変化してくれる子ではないかと感じます。

成長期にここで長く過ごさせるのはもったいないです。
次のステップに進めることを願っています。

f0078320_17215549.jpg
f0078320_1722025.jpgf0078320_1722491.jpgf0078320_1722979.jpg




2-6 2頭


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度

最初は私達が部屋に入ると
角で固まっていておやつを見せても
そっぽを向いて見てないふりを必死にしていました。
それでも床におやつを置いた途端
部屋の外まで出て来て食べることが出来るような積極的な面もあります。

同行メンバーが辛抱強くおやつをあげているうちに
最後は難なく手から食べることが出来るようになりました。

また体も撫でている内に人の手は怖くないと思ったようで
明らかに最初とは表情も雰囲気も良い方に変わったのが分かりました。

私たちが部屋から出るときは扉の所まで来て後追いしていましたので
びびりというよりは人懐っこく好奇心旺盛な子だと感じました。

わずかの時間でこれだけ変化の見られる子ですので
家庭に入ってしまえばあっという間に
人との生活に馴染めるのではないでしょうか。
f0078320_17284996.jpgf0078320_17285495.jpgf0078320_17285987.jpgf0078320_1729551.jpgf0078320_1729922.jpgf0078320_17291441.jpg
↓先週レポートより
f0078320_17302364.jpg




※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ
下のメスと同胞

とても可愛いらしい顔をしたテリア系の男の子です。
固まりに固まって目に力が入っているせいか、
尚更、目のアイラインがくっきりときれいに見えました。
終始この姿勢で固まっているので、同じような写真しか撮れませんでしたが
壁の隅に顔を押し付けて、自分の気配を消すように姿を隠そうとするでもなく、
私たちの動きを目で追ったりコチラをジッと見たりすることもできます。

おやつは手からは食べられませんでしたが
置いたおやつは、私たちが隣りの部屋に移動した後に
様子を見て食べていました。
身体に触れてもパニックになったり、お口が出たりすることもなく
固まったまま受け入れてくれていました。
今後の変化を見守りたいと思います。
f0078320_17425910.jpg
f0078320_174365.jpg
↓先週レポートより
f0078320_17434093.jpgf0078320_17434746.jpg




2-7 2頭
f0078320_1752285.jpg



※11/1よりレポートに登場(10/24収容)
▽こげ茶 テリア系MIX メス 6ヵ月くらい 6キロ強
同じテリア系でも、同室の子とは少し印象が違います。
緊張から表情がとても硬いのですが、
ちょっとアタマでっかちで、身体の各パーツのバランスが
仔犬らしい可愛らしさを感じさせる子です。

手足が大きいので、成長後は比較的大きくなる子ではないかと思います。
固まってはいるのですが、それほどオドオドした感じはありません。
コチラに挑むようでもあり、芯の強さを感じました。
この日、この子の姉妹を引き出しました。
心なしか寂しそうに見えたのはそのせいかもしれません。
まだ月齢の低いこの子にも、早く家庭の暖かさを知ってほしいです。
f0078320_1748165.jpgf0078320_1748690.jpgf0078320_17481132.jpgf0078320_17481689.jpg





※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 7ー8か月 7-8キロ
2-6のテリア系オスと兄妹です。

きょうだいと表情がとても良く似ています。
扉を開けるなり飛び出して来て、
きょうだいの子よりも気持ちに余裕がありそうでした。

この子もビビリちゃんゆえ、
外に出たいというよりも、
個室に入ろうとする私たちを避けてのことだと思いますが
それでもかなり大胆に動けます。
私たちが見ていても、別の個室を覗き込んだりして
怖いながらも他に興味を向けることが出来るのは好ましいことだと思います。
今回は身体に触れることはしませんでしたが、
先週のレポートでは、撫でても攻撃的な行動を見せることはなかったようです。
まだまだ仔犬ですから、経験次第でもっと大きく変化して行くことと思います。
次週以降の様子も見守っていきたいです。

f0078320_17504329.jpgf0078320_17504853.jpg



レポートは続きます。

" />

... TOPIX

11/29センターレポート 子犬舎    6頭

ヤマモトさんのレポートです。

加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



2-5 2頭

※8/2よりレポートに登場 (7/末 他所からの移送)
▼オス 薄茶 1歳位 11-12キロくらい

建物内に人の気配があるだけで、個室の奥に張り付いて固まっています。
ただ、センターで夏秋を越して、人がそれほど害のないものということは
なんとなく理解しているようでもありました。

どうしていいかわからずにただジッとしていますが
近づいても、それほど目に緊張が走る…という感じではありませんし
コチラをジッと見ていつこともあって、
うっかり目を合わせてもそれほどオドオドしません。
そっと触れると、体をビクっとさせて反応しますが
逃げるわけでも口が出るわけでもなく、
それほど怖がらなくてもいいことは知っているようでした。

ここで少しずつ人というものを観察してきて、
家庭に入るベースは出来ていると思います。
最初から人懐こく側に来られる子ではありませんが
きっとそれほど時間をかけずとも
人とよい関係を築くことが出来るのではないかと感じます。

まだ1歳。
長くここにいるよりも、
はやく家庭に入ることで吸収できることがたくさんあると思います。
この子のペースに合わせて「人との暮らしは楽しいよ!」と
ゆっくり教えてくださる方とご縁がありますように。
f0078320_17184424.jpg
f0078320_17184838.jpg

f0078320_17193035.jpg

f0078320_17185945.jpg






※7/12よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶(足先白)オス 10-12ヵ月 9キロ前後
これまでのレポートでも見たような写真しか撮れませんでした。

この子も犬舎に人の気配があるだけで
嵐が過ぎ去るのを待つかのように、個室の一番奥にジッと張り付いています。
たくさん撮影したのですが、この位置から動いているものはありませんでした。
差し出したおやつはモチロン手からは食べられないようですが
おやつを目の前に置いて隣の個室から戻ってみるとなくなっていたので
少しずつでも人と同じ空間にいることに慣れてきているのかな、と思います。

固まっていはいますが、毎日人にお世話をしてもらう中で
特に恐ろしいことがあるわけではないことは知っていると思います。
私がジッと見ると、当然目を合わせることはないのですが
離れたところからは伺うように私たちの動きを見ている様子もあり
人に興味がないわけではないのです。

まだどう振舞っていいかわからないだけ。
けれど、この子犬舎の中では
一般家庭と同じような経験を積むことはできません。
まだまだパピーの月齢です。
少しでも早く家庭に入っていろいろなものを見て、経験することで
大きく変化してくれる子ではないかと感じます。

成長期にここで長く過ごさせるのはもったいないです。
次のステップに進めることを願っています。

f0078320_17215549.jpg

f0078320_1722025.jpg
f0078320_1722491.jpg
f0078320_1722979.jpg





2-6 2頭


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度

最初は私達が部屋に入ると
角で固まっていておやつを見せても
そっぽを向いて見てないふりを必死にしていました。
それでも床におやつを置いた途端
部屋の外まで出て来て食べることが出来るような積極的な面もあります。

同行メンバーが辛抱強くおやつをあげているうちに
最後は難なく手から食べることが出来るようになりました。

また体も撫でている内に人の手は怖くないと思ったようで
明らかに最初とは表情も雰囲気も良い方に変わったのが分かりました。

私たちが部屋から出るときは扉の所まで来て後追いしていましたので
びびりというよりは人懐っこく好奇心旺盛な子だと感じました。

わずかの時間でこれだけ変化の見られる子ですので
家庭に入ってしまえばあっという間に
人との生活に馴染めるのではないでしょうか。
f0078320_17284996.jpg
f0078320_17285495.jpg
f0078320_17285987.jpg
f0078320_1729551.jpg
f0078320_1729922.jpg
f0078320_17291441.jpg

↓先週レポートより
f0078320_17302364.jpg





※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ
下のメスと同胞

とても可愛いらしい顔をしたテリア系の男の子です。
固まりに固まって目に力が入っているせいか、
尚更、目のアイラインがくっきりときれいに見えました。
終始この姿勢で固まっているので、同じような写真しか撮れませんでしたが
壁の隅に顔を押し付けて、自分の気配を消すように姿を隠そうとするでもなく、
私たちの動きを目で追ったりコチラをジッと見たりすることもできます。

おやつは手からは食べられませんでしたが
置いたおやつは、私たちが隣りの部屋に移動した後に
様子を見て食べていました。
身体に触れてもパニックになったり、お口が出たりすることもなく
固まったまま受け入れてくれていました。
今後の変化を見守りたいと思います。
f0078320_17425910.jpg

f0078320_174365.jpg

↓先週レポートより
f0078320_17434093.jpg
f0078320_17434746.jpg





2-7 2頭
f0078320_1752285.jpg




※11/1よりレポートに登場(10/24収容)
▽こげ茶 テリア系MIX メス 6ヵ月くらい 6キロ強
同じテリア系でも、同室の子とは少し印象が違います。
緊張から表情がとても硬いのですが、
ちょっとアタマでっかちで、身体の各パーツのバランスが
仔犬らしい可愛らしさを感じさせる子です。

手足が大きいので、成長後は比較的大きくなる子ではないかと思います。
固まってはいるのですが、それほどオドオドした感じはありません。
コチラに挑むようでもあり、芯の強さを感じました。
この日、この子の姉妹を引き出しました。
心なしか寂しそうに見えたのはそのせいかもしれません。
まだ月齢の低いこの子にも、早く家庭の暖かさを知ってほしいです。
f0078320_1748165.jpg
f0078320_1748690.jpg
f0078320_17481132.jpg
f0078320_17481689.jpg






※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 7ー8か月 7-8キロ
2-6のテリア系オスと兄妹です。

きょうだいと表情がとても良く似ています。
扉を開けるなり飛び出して来て、
きょうだいの子よりも気持ちに余裕がありそうでした。

この子もビビリちゃんゆえ、
外に出たいというよりも、
個室に入ろうとする私たちを避けてのことだと思いますが
それでもかなり大胆に動けます。
私たちが見ていても、別の個室を覗き込んだりして
怖いながらも他に興味を向けることが出来るのは好ましいことだと思います。
今回は身体に触れることはしませんでしたが、
先週のレポートでは、撫でても攻撃的な行動を見せることはなかったようです。
まだまだ仔犬ですから、経験次第でもっと大きく変化して行くことと思います。
次週以降の様子も見守っていきたいです。

f0078320_17504329.jpg
f0078320_17504853.jpg




レポートは続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る