... TOPIX

ゆず、手術に挑む

徹底した検査データをもとに治療方針を定めました。 まず一つは狭窄部分を切除し、直腸をひっぱり、入り口とつなげる方法 これは、便秘の解消になりますが、肛門括約筋を切るので開きっぱなしの肛門から便がダダ漏れになるリスクがあります。 もう一つは、狭窄部分を広げる直腸バルーン拡張術 全身麻酔をして肛門をバルーンで徐々に膨らませることを何度かに分けて行います。 麻酔のリスクに加え出血したり、腸が裂けたり、やっても効果がなかったり、広げても戻るリスクはありますがこちらの方がゆずの負担が

関連記事

ページ上部へ戻る