f0078320_22585714.jpgf0078320_2259270.jpgf0078320_2259879.jpgf0078320_22591323.jpg





※5/10よりレポートに登場(4/19収容)
▼黒・茶混じり・白×足先黒斑点 メス 2歳前後 14-15キロ
最初だけは引き気味に寄って来ていましたが、
後はオヤツをくれるオバちゃん達だと思い出すと、
積極的におねだりし始めました。

とは言っても、落ち着いた動きでまだどこかぎこちない接し方です。
私達を見る目といい、雰囲気といい、
今までに増して優しくなって来たような感じがしました。

人に対しての興味も毎回変化を感じ、
今回はグイグイ寄って来て、思わずドアップ。

表情は変えずとも遊びを誘う様な行動も見せ、
お茶目なことをしてくれる子なんだと、
これまでとは違う一面が顔を出し始めました。

この子は、本来は明るい子なのでしょう。
年齢的にもまだ若い子ですから、家庭に入ったら人馴れも遊びも、
生活次第で変わるように感じます。
f0078320_22485799.jpgf0078320_2249218.jpgf0078320_2249961.jpg
f0078320_22545836.jpg
今回は手も持たせてくれました。
不信感も随分と薄れて来ていますので、
人に寄り添えるようになって来たと思います。
楽しみな子です。






※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×耳に少しベージュ メス 7歳 13-14キロくらい?
体高が低く、しっかりとした骨格です。
少し太った?と思い触ってみましたがそうでもなく胸板の厚い子のようです。

とても甘えん坊さんです。

この部屋の中でこの子だけ空気が違い、
メンバーにロープで引いていてもらわないと、
他の子の様子が見れないほど
割り込んで来るなど、本領発揮ぶりでした。

シニアの域に入っている子ならではの落ち着きもありで、
共に生活のし易い子の様に感じます。

今度こそ、ずっと側で愛しんでくれる人の元で暮らさせてあげたい。
この笑顔が曇ることがないよう安心してもらいたいです。
f0078320_22564550.jpgf0078320_22565072.jpgf0078320_22565516.jpg






※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい
今回も一度も身体を起こさずでした。

他の子が通る時に踏まれようが、上に乗られようが全く動じず。
我慢しているのか、元々穏やか過ぎる子なのか、
今の段階では判断しかねますが、
それでも、お顔を見ていると穏やかな子だと感じてしまうような、
良い表情の子です。

とても綺麗な瞳にひかれてしまいそうな魅力ある子です。

身体を撫でてあげても、顔を撫でてあげても
全く抵抗することもありませんし、
ましてや震えるということもありません。
人との生活の中で人の優しさはきっと知っているのでしょう。
元気に動きまわるこの子の姿も見てみたいです。
f0078320_2383162.jpgf0078320_2383510.jpgf0078320_2384543.jpgf0078320_2385073.jpg





※2/9よりレポートに登場(1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
他の犬達がぶつかっても、体重を掛けて寄りかかられても、
表情一つ変えず唸ることもなくやり過ごせる子で、
同室の犬達とは上手に過ごせている様子です。

しかしこの子は、人がある距離まで近づくと、
来ないでとでも言ってるかのように、今回も低く唸っていました。
まだ堂々とは触ることも出来ませんが、隣の子を触っている時に、
どさくさに紛れて触れたら口をパクッと開きました。
全く手のある位置でもありませんでしたから、嫌だと伝えたかったのでしょう。

噛む経験をさせたくはありませんから、
もっともっと慎重に時間を掛けてあげなくてはいけないなと、
この日痛感しました。

まだ若いこの子にはたっぷり時間があります。
訪問の度に伝えていけるよう、一緒に頑張ってあげたいと思ってます。

f0078320_23101465.jpgf0078320_23102094.jpg



レポートは続きます。

" />

... TOPIX

12/28センターレポート D部屋    5頭

ヤマモトさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※新たにレポート登場の1頭以外は
写真のみの更新です。



※12/28レポート初登場 12/12他抑留所より移送
∇白 メス 3-4歳 10-11キロ
この日この部屋の子の引き出し作業をしたのですが
他の子たちがブルブル震える中、この子は近くでその様子を見ていても
特に怖がっている風には見えませんでした。

入ったばかりでよく自分の状況が把握出来ていないだけかも知れません。

その後私一人で入室して写真を撮りましたが
特にびびっている様子もなくおやつを差し出すと意外にもすごい勢いで
パクッと手から食べてくれました。

この静かな雰囲気とおやつへの食いつき方のギャップに驚きましたが
お尻の辺りを撫でても特に反応は無かったので
本来それほど怖がりでは無いのかも知れません。

今日は接する時間が短かったので
次回以降もう少し様子を見ていきたいと思います。
f0078320_22585312.jpg
f0078320_22585714.jpg
f0078320_2259270.jpg
f0078320_2259879.jpg
f0078320_22591323.jpg






※5/10よりレポートに登場(4/19収容)
▼黒・茶混じり・白×足先黒斑点 メス 2歳前後 14-15キロ
最初だけは引き気味に寄って来ていましたが、
後はオヤツをくれるオバちゃん達だと思い出すと、
積極的におねだりし始めました。

とは言っても、落ち着いた動きでまだどこかぎこちない接し方です。
私達を見る目といい、雰囲気といい、
今までに増して優しくなって来たような感じがしました。

人に対しての興味も毎回変化を感じ、
今回はグイグイ寄って来て、思わずドアップ。

表情は変えずとも遊びを誘う様な行動も見せ、
お茶目なことをしてくれる子なんだと、
これまでとは違う一面が顔を出し始めました。

この子は、本来は明るい子なのでしょう。
年齢的にもまだ若い子ですから、家庭に入ったら人馴れも遊びも、
生活次第で変わるように感じます。
f0078320_22485799.jpg
f0078320_2249218.jpg
f0078320_2249961.jpg

f0078320_22545836.jpg

今回は手も持たせてくれました。
不信感も随分と薄れて来ていますので、
人に寄り添えるようになって来たと思います。
楽しみな子です。






※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×耳に少しベージュ メス 7歳 13-14キロくらい?
体高が低く、しっかりとした骨格です。
少し太った?と思い触ってみましたがそうでもなく胸板の厚い子のようです。

とても甘えん坊さんです。

この部屋の中でこの子だけ空気が違い、
メンバーにロープで引いていてもらわないと、
他の子の様子が見れないほど
割り込んで来るなど、本領発揮ぶりでした。

シニアの域に入っている子ならではの落ち着きもありで、
共に生活のし易い子の様に感じます。

今度こそ、ずっと側で愛しんでくれる人の元で暮らさせてあげたい。
この笑顔が曇ることがないよう安心してもらいたいです。
f0078320_22564550.jpg
f0078320_22565072.jpg
f0078320_22565516.jpg







※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい
今回も一度も身体を起こさずでした。

他の子が通る時に踏まれようが、上に乗られようが全く動じず。
我慢しているのか、元々穏やか過ぎる子なのか、
今の段階では判断しかねますが、
それでも、お顔を見ていると穏やかな子だと感じてしまうような、
良い表情の子です。

とても綺麗な瞳にひかれてしまいそうな魅力ある子です。

身体を撫でてあげても、顔を撫でてあげても
全く抵抗することもありませんし、
ましてや震えるということもありません。
人との生活の中で人の優しさはきっと知っているのでしょう。
元気に動きまわるこの子の姿も見てみたいです。
f0078320_2383162.jpg
f0078320_2383510.jpg
f0078320_2384543.jpg
f0078320_2385073.jpg






※2/9よりレポートに登場(1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
他の犬達がぶつかっても、体重を掛けて寄りかかられても、
表情一つ変えず唸ることもなくやり過ごせる子で、
同室の犬達とは上手に過ごせている様子です。

しかしこの子は、人がある距離まで近づくと、
来ないでとでも言ってるかのように、今回も低く唸っていました。
まだ堂々とは触ることも出来ませんが、隣の子を触っている時に、
どさくさに紛れて触れたら口をパクッと開きました。
全く手のある位置でもありませんでしたから、嫌だと伝えたかったのでしょう。

噛む経験をさせたくはありませんから、
もっともっと慎重に時間を掛けてあげなくてはいけないなと、
この日痛感しました。

まだ若いこの子にはたっぷり時間があります。
訪問の度に伝えていけるよう、一緒に頑張ってあげたいと思ってます。

f0078320_23101465.jpg
f0078320_23102094.jpg




レポートは続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る