... TOPIX

飼育密度が高すぎる日本の鶏肉(ブロイラー)

鶏肉用のニワトリが欧米では2kgで出荷されますが、日本では約3Kgまで太らせてから出荷されていると知っていましたか?
そもそも鶏は150日ほどかけて大きくなる動物ですが、50日で大きくなるように品種改変させられてきました。急激に成長する骨、肉に体を支えることができません。ブロイラーたちは自然な歩き方をしません。ポテポテと歩き、どてっと尻餅をつくように座り込みます。自然な姿を失った鶏たちは、多くの時間を痛みの中で過ごし、50日後にコンテナに詰められて、逆さ吊りにされた後、首を切られて殺されます。ブロイラーの苦しみの詳細はこちら

その鶏たちの日本での過密度合いは、
EUの平均1.4倍、最大1.78倍
に及んでいます。

日本

日本の出荷時の体重2.94kg
平均
1㎡あたり 15.90
1㎡あたり 46.68 kg
最大
1㎡あたり 22.69
1㎡あたり 58.99 kg

1㎡に20羽(2.94kgの鶏)
1㎡に29.5羽(2kgの鶏)
という計算になります。

EU

欧米の出荷時の体重約2㎏
上限
1㎡あたり 16.5
1㎡あたり 33 kg

EUでは1㎡あたりのkg数が法的に決められていますが、日本にはそのような規制はありません。そのため、1㎡あたり58.99kgという明らかな超過密状態が許されているのです。
過密飼育は明らかなストレスの原因となります。ブロイラーは50日と異常に短い一生を送りますが、その短い時間ですら、ストレスフルで苦痛の多い時間を過ごさなくてはならないのです。

201701042344_1.png

なお、過密であることだけが問題ではなく、不自然なまで太らせていることも問題です。
歩くことがより難しくなり、痛みに耐えなくてはならない期間が増えるためです。

効率の良い経済活動こそがすべてに優先してしまう現在の日本の風潮を変えていかなくてはなりません。
抗議する声を持たない動物だからと、限度なく効率と苦しみを押し付けて言い訳はないのです。

201701042344_2.png

写真はすべて日本

関連記事

ページ上部へ戻る