ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

2017年1月9日「成人した方へ、アニマルライツキャンペーン」

女性の晴れ着にまとうショール。
現在、貸衣装屋でセットで貸し出すことがほとんどです。
成人を迎える若者たちは、知らぬ間に動物虐待に加担させ られています。
これを機に、動物性素材の残酷性を知り、やさしさを身 に付けて欲しい願いを込めてのアクションを行いました。
 


二十歳を迎えられた新成人の皆様おめでとうございます。
二十歳という節目を迎えて大人の仲間入りを果たす、成人式。
新成人のみなさん、ご家族のみなさんに
知って欲しいことがあります。
少しお付き合いください。

私たち人間の行為であらゆる場面で動物が利用され、犠牲になっていることを知ってください。
動物は服ではない。
動物は食べ物ではない。
動物は娯楽に利用されるべきではない。
動物は実験されるべきではない。
動物が売り買いされるべきではない。
どんな理由があっても、動物を苦しめたり、利用するべきではないのです。

成人式に羽織ることの多いショールについてお話しさせていただきます。
ショールに使われている素材。フェイク以外でしたら、毛皮と羽毛素材がほとんどです。
動物の毛皮と鳥の羽根です。
これは動物が犠牲となり出来た素材です。
ショールになる毛皮と羽毛。
このためにだけに動物たちは生まれてきて、狭い、不衛生な檻で飼育され、その檻から出るときは
毛皮だったら、生きたまま毛皮を剥がされ、動物たちが殺されます。
羽毛だったら、鳥が生きたまま何度も羽根をむしられます。
この残酷さを知る人は少ないですし、隠されている現実です。

成人式に羽織るショール。
自分の意志ではなく、貸衣装で借りた際に着いてきたショールを羽織る方が多いと思います。
ショールに使われる毛皮や羽毛の残酷さを知ったあなたに、お願いがあります。
貸衣装へショールを返す際に「ショールは、毛皮や羽毛ではなく、フェイクファーを使ってください」と声を届けてください。
もしこの中に、これから大人になっていくお子さんをお持ちのお母さんやお父さんがいましたら、
お子さんを残酷な事に加担させるのではなく、
思いやりを身につけられるよう、是非教えてあげて欲しいと思います。
その時は、命に優しい装いが当たり前の成人式になりますように。
命を思いやる成人式になりますように。
そして、普段のオシャレでも、動物の命を犠牲にしない思いやりのあるファッションを習慣にしてみませんか?
ここにいる私たちは動物性素材を一切身につけていません。
動物を犠牲にしなくても、寒さをしのぐことができます、お洒落もできます。
どうしても毛皮やダウンなどファッション性が欲しいときは、フェイク素材を選んでください。
動物性素材に代わる素材があります。
豊かな国に住む私たちは選択肢がいくつもあります。
動物性素材を選ばないことで、救われる命があることを知ってください。
命を思いやる素敵な大人になってください。

ショールだけではなく、私たち人間の行為であらゆる場面で動物が利用され、犠牲になってしまっています。

・私たちが食べるために利用され、殺される「家畜」と呼ばれる動物。
・ファッションのために殺される動物。
・人間の身勝手な理由で殺される殺処分される犬猫。
・被災地(災害)で見捨てられ消えて逝った動物。
・化粧品や医薬品開発のために、残酷に殺されて逝った動物。
・人間の娯楽のために(競馬・サーカス・動物園・水族館など)搾取され利用され消えて逝った動物
・熊の胆(くまのい)、クマの胆汁のために、苦しみ消えて逝ったクマたち。
・伝統文化や行事のために、利用され殺された動物。(闘牛・糸満ハーレーアヒル取り競争・ガディマイ祭り・諏訪大社カエル串刺し生贄 など)

この機会に、私たちの周りや、生活における動物たちの存在を考えてみてください。
そして、行動する。ぜひ出来ることからやってみてください。
命を思いやる素敵な大人になってください。
お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、動物虐待、工場畜産、犬猫殺処分などをなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る