f0078320_23522324.jpg
f0078320_23523977.jpg
f0078320_23525654.jpg
f0078320_23531452.jpg
f0078320_23543020.jpg

この子も上のオスと同じような様子です。
人をジッとみたりも出来る分、
オスの子より半歩進んでいるかもしれません。

触ると、緊張しながらも座ったまま踏ん張れました。
オヤツも食べられる時があるようですが、
この日は無理でした。
まだ常に食べられるというところまではいかないようです。

この子も、大切なこの時期に、
楽しいことを沢山経験してもらいたいです。




※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス 10歳以上 10-11キロ(太り気味)
尻尾に酷い怪我を負ってしまったため縫ったのですが
その傷口が開いてしまい
引き続き別室にて治療中です。

f0078320_2355895.jpg
f0078320_23552095.jpg
f0078320_23553287.jpg
f0078320_2355442.jpg
f0078320_23555862.jpg

人馴れ全く問題無し。
シニアならではの落ち着きがあり、
とても可愛いおばあちゃんです。
のんびり犬と暮らしたい方にとっては、
最高のパートナーになれる子だと感じます。

一時は愛情を注がれ育てられたに違いないと思える穏やかさです。
今でも人を信じていて、何でもさせてくれます。
ただ、抱っこは出来ればして欲しくはない様子でした。

どれだけ放置されていたのか、どれだけ放浪していたのか、
毛がかなり汚れてしまっています。
しかし痩せてはおらず、むしろムチッとした感じではありますので、
食べることは出来ていたようですが、
その様子を想像するだけで、切なくなります。

センターに収容され、今までの生活よりは危険はないかもしれませんが、
物静かなこの子にとったら、落ち着ける環境ではありません。


出来るだけ早く家庭でのんびり静かに過ごさせてあげたいと、
ただただ祈る気持ちで一杯になります。


(先週のレポートより)
よく見ると目が白くなりつつあり、
左目の目頭に小さなイボのようなものがありました。




レポートは続きます。
" />

... TOPIX

1/10センターレポート 別室      2頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




前回先週レポートより転用します。


※子犬舎 2-7より移動

※11/15よりレポートに登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス(不妊手術済) 7ー8か月 7-8キロ
(同胞のオスが子犬舎にいます)
f0078320_2352026.jpg

f0078320_23522324.jpg

f0078320_23523977.jpg

f0078320_23525654.jpg

f0078320_23531452.jpg

f0078320_23543020.jpg


この子も上のオスと同じような様子です。
人をジッとみたりも出来る分、
オスの子より半歩進んでいるかもしれません。

触ると、緊張しながらも座ったまま踏ん張れました。
オヤツも食べられる時があるようですが、
この日は無理でした。
まだ常に食べられるというところまではいかないようです。

この子も、大切なこの時期に、
楽しいことを沢山経験してもらいたいです。




※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス 10歳以上 10-11キロ(太り気味)
尻尾に酷い怪我を負ってしまったため縫ったのですが
その傷口が開いてしまい
引き続き別室にて治療中です。

f0078320_2355895.jpg

f0078320_23552095.jpg

f0078320_23553287.jpg

f0078320_2355442.jpg

f0078320_23555862.jpg


人馴れ全く問題無し。
シニアならではの落ち着きがあり、
とても可愛いおばあちゃんです。
のんびり犬と暮らしたい方にとっては、
最高のパートナーになれる子だと感じます。

一時は愛情を注がれ育てられたに違いないと思える穏やかさです。
今でも人を信じていて、何でもさせてくれます。
ただ、抱っこは出来ればして欲しくはない様子でした。

どれだけ放置されていたのか、どれだけ放浪していたのか、
毛がかなり汚れてしまっています。
しかし痩せてはおらず、むしろムチッとした感じではありますので、
食べることは出来ていたようですが、
その様子を想像するだけで、切なくなります。

センターに収容され、今までの生活よりは危険はないかもしれませんが、
物静かなこの子にとったら、落ち着ける環境ではありません。


出来るだけ早く家庭でのんびり静かに過ごさせてあげたいと、
ただただ祈る気持ちで一杯になります。


(先週のレポートより)
よく見ると目が白くなりつつあり、
左目の目頭に小さなイボのようなものがありました。




レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る