f0078320_23181030.jpg
f0078320_23182098.jpgあどけなさの残る可愛らしいお顔から、
表記の様1歳すぎくらいと思っていましたが、
歯を見せてもらうとかなり汚れています。
これまでの食事や環境にもよりますが、
もしかしたらもう少し上なのかもしれません。

こちらのチョットした動きに驚き、
慌てて体制を変えたりしますが、
怖がっても、攻撃に転じる行動は一切見受けられません。

1か月程前に、この部屋を担当した時は、
表情にも変化が見られ、ビビリチッコもウンチも出ずだったので、
少しずつ馴れてきていると、とても嬉しく思っていましたが、
今回は、ビビリウン出てしまいました。

一緒に部屋に入ったメンバーが、
そっと拭いとってくれたのですが、ジッとされるがままでした。
抵抗する余裕さえ無いのかと思うと逆に、
見ていて切なく感じてしまいます。
f0078320_23182947.jpg
f0078320_23183941.jpg
f0078320_23185019.jpgオヤツも相変わらず、人の手からも、そばに置いても
人の気配がある間は、食べることが出来ませんでした。

ご飯はしっかり食べているのでしょう。
とてもしっかりした身体をしており、
撫でていてもゴツゴツ感はありません。
それでも小柄な子で、表記の体重よりは小さいのではないかと思われます。

人と接する時間が多くなれば、人馴れももう少し進むように感じます。
一日も早く、この緊張から解放させてあげたいです。




※4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▼茶 オス 1-2歳 11キロ前後
f0078320_2323372.jpg
f0078320_23231516.jpg
f0078320_23232597.jpg
f0078320_2323406.jpgこの子も人の気配を感じると、
怯えて小刻みに震えだしてしまいました。
長く側に居て触っていると、震えは徐々に落ち着いては来ます。
しかしここでは、1頭1頭にかけてあげる時間が足りないのが歯がゆいです。
f0078320_23235172.jpg
f0078320_2324266.jpgまだ抱き上げられないので見た目でですが、
↑表記よりもっと体重はある様に感じました。
しかし、一時期よりも痩せてしまったようで心配です。

オヤツはしっかり食べますので、食欲はあるのかなと思います。
まだまだ緊張はしていますので、
そういった面からも栄養が身に付かないのかなとも考えられます。

怯えながらも私達の動きを見て何か考えているようです。
その目がとても優しい子ですので、この子に必要な時間さえかけてあげたら、
きっと人に寄り添える子だと感じます。

どうかこの子も一般家庭の環境に、
一日も早く入れてあげたい、そう願ってやみません。





1-3 1頭



※8/2よりレポートに登場
▼薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
f0078320_23283238.jpg
f0078320_23284521.jpg
f0078320_232858100.jpg
f0078320_23291293.jpg
f0078320_23292399.jpg
f0078320_23294135.jpg顔だちの整った美犬さんです。

同室の子達が次々とセンターを後にし、
この子ヒトリになったからか、以前のように小部屋から出てくる行動はなく、
ひたすら固まっていました。
更に警戒心が増してしまったかもしれません。

私はこの子が、人が部屋に入っただけでビビリションをしてしまったのは、
この日初めて見ました。

この子にとっては、私達は
大切な仲間を連れ去って行った者としか思えないかもしれません。
f0078320_23295535.jpg
f0078320_2330832.jpg私達から視線をそらさず、
良く観察して一生懸命に考えているように感じました。

少し前から触らせてくれるようになってはいましたが、
それはかなり我慢をしているようです。
触り方により、またいつまでも触っていると、
「やめて!」とお口が出ます。

大きな変化ではありませんが、
移動もせずにひたすら固まっている様子を見て、
人馴れが後退してしまったように感じて、残念でなりません。

お口を出す必要が無いということに気付いてもらうためにも、
出来るだけ早く家庭犬としての生活をスタートさせてあげたい。
そんな日が一日でも早く来ることを祈ります。




1-4 2頭



※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▼白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ程度
f0078320_23352668.jpg
f0078320_23354980.jpg
f0078320_2336033.jpg
f0078320_23361292.jpgとても個性的な美犬ちゃんです。
まだ思うように人馴れは進みませんが、それでも一通りのことは出来ます。

私達が小部屋に入るとジッとしていられず、暫くは逃げ回り、
私達が動きを止めると、出来るだけ遠い位置にて落ち着きます。
(大部屋の入り口はしっかり施錠してから小部屋の扉を開けています)

しかし、距離を縮めようと又近寄ると、逃げ回るの繰り返しです。

でも最近は行動パターンがわかって来ましたので、
簡単に捕まえられるようになりました。
抱き始めはジタバタするのですが、足が浮いた瞬間に観念します。
その際、攻撃してくる様子は全くありません。
f0078320_23362539.jpg
f0078320_23364179.jpg
f0078320_23365187.jpgジタバタする割には、意外とシックリと抱かせてくれるのです。
お肉がギュっとつまっていて、見た目よりもズシッと感じる子です。

逃げ回っている時の動きは、予測がつきませんので、
細心の注意が必要です。

害がないことは理解してくれているように思いますが、
最初はどうしても反射的に逃げたくなるようです。

まだこの子には自分の感情を出せる余裕はありませんが、
楽しいことや嬉しいことを沢山経験して行くことで、
表情がもっともっと変わり、更に魅力が出るような子です。



※2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳 13-14キロ
f0078320_23594491.jpg
f0078320_2359587.jpg小部屋の扉を閉めていたら
ただただ吠えて煩い子で終わってしまうような子ですが、
小部屋の扉を開けた瞬間、ウソの様にピタッと止まります。

今は喜びを吠えて表現をするしか、この子にはないのだと思いますので、
気長に見守り、吠える必要がないことを理解してくれるよう、
この子にたっぷり時間を持ってもらえる方が良いように思います。
f0078320_001034.jpgまだ真正面から堂々とは近寄って来ませんが、
知らん顔してあげていると寄って来て匂いを嗅いだりしてます。
人馴れしているとは言えない子ですが、
それでも人には興味はあるようです。
どう接したら良いのかわからないだけかもしれません。
f0078320_00337.jpg
f0078320_004778.jpg
f0078320_005912.jpg
f0078320_011167.jpg
f0078320_012255.jpg
f0078320_01334.jpgこの日はこの子に限らず、
この舎の子達皆、
どことなくピリピリしてて、いつもにまして警戒されてしまいました。

普通に手から食べられていたオヤツを、
後足を残して身体を伸ばして食べていたため、
何度も口に入らず仕切り直しをしてました。


収容期間が長くなり、この生活に慣れてしまった様子は受けますが、
当たり前に思って欲しくはありません。
身体を拘束したり、リードコントロールも苦手としている子ですから、
暫くは大変なことが多いかと思いますが、
一つずつ一緒に進んでくれる家族様の中で生活をさせてあげたい。
この子にも、どうかそんなチャンスが訪れますよう祈っています。



この日気になったのですが、食べ方が変だなと初めて感じました。
口内状態を見られる子ではないのでわかりませんが、
歯が余り良くないのかなという感じの食べ方をしていました。
それともう一つは、小部屋から出て来て、長いチッコをしたのですが、
尿臭がとてもキツイなと感じました。
体調が悪いのでなければ良いのですが。





レポートは続きます。
" />

... TOPIX

1/24センターレポート 旧子犬舎     5頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







1-2 2頭




※4/15よりレポートに登場 (3/25収容)
▼茶黒 オス(去勢済) 1-2歳 12キロ前後 脱肛手術済
f0078320_23175889.jpg

f0078320_23181030.jpg

f0078320_23182098.jpg
あどけなさの残る可愛らしいお顔から、
表記の様1歳すぎくらいと思っていましたが、
歯を見せてもらうとかなり汚れています。
これまでの食事や環境にもよりますが、
もしかしたらもう少し上なのかもしれません。

こちらのチョットした動きに驚き、
慌てて体制を変えたりしますが、
怖がっても、攻撃に転じる行動は一切見受けられません。

1か月程前に、この部屋を担当した時は、
表情にも変化が見られ、ビビリチッコもウンチも出ずだったので、
少しずつ馴れてきていると、とても嬉しく思っていましたが、
今回は、ビビリウン出てしまいました。

一緒に部屋に入ったメンバーが、
そっと拭いとってくれたのですが、ジッとされるがままでした。
抵抗する余裕さえ無いのかと思うと逆に、
見ていて切なく感じてしまいます。
f0078320_23182947.jpg

f0078320_23183941.jpg

f0078320_23185019.jpg
オヤツも相変わらず、人の手からも、そばに置いても
人の気配がある間は、食べることが出来ませんでした。

ご飯はしっかり食べているのでしょう。
とてもしっかりした身体をしており、
撫でていてもゴツゴツ感はありません。
それでも小柄な子で、表記の体重よりは小さいのではないかと思われます。

人と接する時間が多くなれば、人馴れももう少し進むように感じます。
一日も早く、この緊張から解放させてあげたいです。




※4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▼茶 オス 1-2歳 11キロ前後
f0078320_2323372.jpg

f0078320_23231516.jpg

f0078320_23232597.jpg

f0078320_2323406.jpg
この子も人の気配を感じると、
怯えて小刻みに震えだしてしまいました。
長く側に居て触っていると、震えは徐々に落ち着いては来ます。
しかしここでは、1頭1頭にかけてあげる時間が足りないのが歯がゆいです。
f0078320_23235172.jpg

f0078320_2324266.jpg
まだ抱き上げられないので見た目でですが、
↑表記よりもっと体重はある様に感じました。
しかし、一時期よりも痩せてしまったようで心配です。

オヤツはしっかり食べますので、食欲はあるのかなと思います。
まだまだ緊張はしていますので、
そういった面からも栄養が身に付かないのかなとも考えられます。

怯えながらも私達の動きを見て何か考えているようです。
その目がとても優しい子ですので、この子に必要な時間さえかけてあげたら、
きっと人に寄り添える子だと感じます。

どうかこの子も一般家庭の環境に、
一日も早く入れてあげたい、そう願ってやみません。





1-3 1頭



※8/2よりレポートに登場
▼薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
f0078320_23283238.jpg

f0078320_23284521.jpg

f0078320_232858100.jpg

f0078320_23291293.jpg

f0078320_23292399.jpg

f0078320_23294135.jpg
顔だちの整った美犬さんです。

同室の子達が次々とセンターを後にし、
この子ヒトリになったからか、以前のように小部屋から出てくる行動はなく、
ひたすら固まっていました。
更に警戒心が増してしまったかもしれません。

私はこの子が、人が部屋に入っただけでビビリションをしてしまったのは、
この日初めて見ました。

この子にとっては、私達は
大切な仲間を連れ去って行った者としか思えないかもしれません。
f0078320_23295535.jpg

f0078320_2330832.jpg
私達から視線をそらさず、
良く観察して一生懸命に考えているように感じました。

少し前から触らせてくれるようになってはいましたが、
それはかなり我慢をしているようです。
触り方により、またいつまでも触っていると、
「やめて!」とお口が出ます。

大きな変化ではありませんが、
移動もせずにひたすら固まっている様子を見て、
人馴れが後退してしまったように感じて、残念でなりません。

お口を出す必要が無いということに気付いてもらうためにも、
出来るだけ早く家庭犬としての生活をスタートさせてあげたい。
そんな日が一日でも早く来ることを祈ります。




1-4 2頭



※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▼白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ程度
f0078320_23352668.jpg

f0078320_23354980.jpg

f0078320_2336033.jpg

f0078320_23361292.jpg
とても個性的な美犬ちゃんです。
まだ思うように人馴れは進みませんが、それでも一通りのことは出来ます。

私達が小部屋に入るとジッとしていられず、暫くは逃げ回り、
私達が動きを止めると、出来るだけ遠い位置にて落ち着きます。
(大部屋の入り口はしっかり施錠してから小部屋の扉を開けています)

しかし、距離を縮めようと又近寄ると、逃げ回るの繰り返しです。

でも最近は行動パターンがわかって来ましたので、
簡単に捕まえられるようになりました。
抱き始めはジタバタするのですが、足が浮いた瞬間に観念します。
その際、攻撃してくる様子は全くありません。
f0078320_23362539.jpg

f0078320_23364179.jpg

f0078320_23365187.jpg
ジタバタする割には、意外とシックリと抱かせてくれるのです。
お肉がギュっとつまっていて、見た目よりもズシッと感じる子です。

逃げ回っている時の動きは、予測がつきませんので、
細心の注意が必要です。

害がないことは理解してくれているように思いますが、
最初はどうしても反射的に逃げたくなるようです。

まだこの子には自分の感情を出せる余裕はありませんが、
楽しいことや嬉しいことを沢山経験して行くことで、
表情がもっともっと変わり、更に魅力が出るような子です。



※2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳 13-14キロ
f0078320_23594491.jpg

f0078320_2359587.jpg
小部屋の扉を閉めていたら
ただただ吠えて煩い子で終わってしまうような子ですが、
小部屋の扉を開けた瞬間、ウソの様にピタッと止まります。

今は喜びを吠えて表現をするしか、この子にはないのだと思いますので、
気長に見守り、吠える必要がないことを理解してくれるよう、
この子にたっぷり時間を持ってもらえる方が良いように思います。
f0078320_001034.jpg
まだ真正面から堂々とは近寄って来ませんが、
知らん顔してあげていると寄って来て匂いを嗅いだりしてます。
人馴れしているとは言えない子ですが、
それでも人には興味はあるようです。
どう接したら良いのかわからないだけかもしれません。
f0078320_00337.jpg

f0078320_004778.jpg

f0078320_005912.jpg

f0078320_011167.jpg

f0078320_012255.jpg

f0078320_01334.jpg
この日はこの子に限らず、
この舎の子達皆、
どことなくピリピリしてて、いつもにまして警戒されてしまいました。

普通に手から食べられていたオヤツを、
後足を残して身体を伸ばして食べていたため、
何度も口に入らず仕切り直しをしてました。


収容期間が長くなり、この生活に慣れてしまった様子は受けますが、
当たり前に思って欲しくはありません。
身体を拘束したり、リードコントロールも苦手としている子ですから、
暫くは大変なことが多いかと思いますが、
一つずつ一緒に進んでくれる家族様の中で生活をさせてあげたい。
この子にも、どうかそんなチャンスが訪れますよう祈っています。



この日気になったのですが、食べ方が変だなと初めて感じました。
口内状態を見られる子ではないのでわかりませんが、
歯が余り良くないのかなという感じの食べ方をしていました。
それともう一つは、小部屋から出て来て、長いチッコをしたのですが、
尿臭がとてもキツイなと感じました。
体調が悪いのでなければ良いのですが。





レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る