f0078320_11075734.jpgf0078320_11075095.jpgf0078320_11081101.jpgf0078320_11081875.jpg




※3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 2-3歳 12キロ~

黒茶の子がおやつをもらっているのを見て
一緒になってのぞき込む姿が可愛らしかったです。

少しずつですが変化は見られてきています。
ただ逃げ回ることは無くなったように感じます。

この部屋の子たちは皆、特に人と係わる時間が必要な子たちばかりです。

一日でも早く家庭の中に入れてあげたい。
そう願ってやみません。

f0078320_11130817.jpgf0078320_11131313.jpgf0078320_11132155.jpgf0078320_11132709.jpgf0078320_11133682.jpgf0078320_11134119.jpgf0078320_11134722.jpgf0078320_11161288.jpg

※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい

この子が一番部屋の中を動き回っていました。
怖がる割には、人のすぐそばをすり抜け
外を気にしながら、絶えず動き回っていました。

以前は手からおやつを食べたこともあるようですが
ここ最近はあまりそういう素振りもないようです。

と、思ったら部屋をそろそろ出ようかと思った時に
床に置いたおやつは食べました。

撮影する私のすぐそばで、ゆっくりと口を近づけ匂いを嗅ぎ
慎重になりながらも食べていました。

また美味しい物を持ちながら、詳しく観察してきたいと思います。


f0078320_11210766.jpgf0078320_11211560.jpgf0078320_11212444.jpg
↓先週レポートより

f0078320_11213033.jpg



※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい

この子はこの部屋の中では
一番他の子を頼りにしているように見えます。
いつも誰かの背中にくっ付いています。

まだまだ人がいる時におやつを食べる余裕はありません。

他の子よりも少し年上で、生きてきた年月の分だけ
頑ななところもあるのかもしれません。

まずは人の手からおやつが食べられるように
そして少しでも身体に触れて、怖いことは無いよと
伝えられればと思います。
f0078320_11302739.jpgf0078320_11303321.jpgf0078320_11305625.jpgf0078320_11310450.jpg



※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後
おやつをもらうことにはかなり慣れてきて
その時に人の手が近づいても嫌がることは少なくなりました。

人のいるすぐそばまで身体を乗り出してくるようにもなりました。

まだ触れ方によっては「ヤダ!」と一喝されてしまうのですが
ほんの少しずつでも変化が見られたことはとても嬉しいです。

おそらく野良に近い生活を送ってきたのでしょうから
いきなり人に慣れろと言うのも無理な話ですので

時間を掛けながらもゆっくり家庭犬として暮らせるよう
人は怖くないと少しでも教えられたらと思います。
f0078320_11474668.jpgf0078320_11475280.jpgf0078320_11475888.jpgf0078320_11480823.jpgf0078320_11481345.jpgf0078320_11481993.jpg

レポートは続きます。




" />

... TOPIX

1/31センターレポート 4日目部屋   5頭

ヤマモトさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


この日この部屋には一人で撮影に入ったためか
皆さほど緊張もせずに

いつもは決しておやつを口にしない子も
匂いを嗅ぎ食べようとしている場面が見られました。

栄養が行き届き
毛並がきれいになってきた子もいます。

こちらの部屋は皆、野良っ子だったと思われますので
対応する人は少なめのほうが安心するのかもしれません。

またリラックスしたこの子達の様子を紹介出来ればと思います。


個別の詳細コメントは先週レポートより転用します。
写真は1/31撮影の最新のものです。


※8/23よりレポートに登場 (8/8収容)皮膚治療中。
▽茶 オス 1-2歳 13キロくらい

この部屋のどの子よりも繊細な印象を受ける子です。

他の子達が人とのふれあい方、過ごし方を知らないとすると
この子は人の怖さを知っている、そんな感じを受けます。

人の動きにかなり敏感に反応しますし
なにかにつけビクッとするのはなかなか薄れていきません。

ですが、決して攻撃に転じてしまうことはなく
収容室にいた時にロープを掛け、身体を包むようにしたことも
ありますが、お口が出たことはありませんでした。

身体は以前に比べると少しふっくらして
骨と皮の痛々しい姿ではなくなっていました。

楽しいことや、刺激的なこと、嬉しいと感じること
これからいろんな経験をさせてあげたい
そう思わせる子です。

f0078320_11074289.jpg
f0078320_11075734.jpg
f0078320_11075095.jpg
f0078320_11081101.jpg
f0078320_11081875.jpg





※3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 2-3歳 12キロ~

黒茶の子がおやつをもらっているのを見て
一緒になってのぞき込む姿が可愛らしかったです。

少しずつですが変化は見られてきています。
ただ逃げ回ることは無くなったように感じます。

この部屋の子たちは皆、特に人と係わる時間が必要な子たちばかりです。

一日でも早く家庭の中に入れてあげたい。
そう願ってやみません。

f0078320_11130817.jpg
f0078320_11131313.jpg
f0078320_11132155.jpg
f0078320_11132709.jpg
f0078320_11133682.jpg
f0078320_11134119.jpg
f0078320_11134722.jpg
f0078320_11161288.jpg


※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい

この子が一番部屋の中を動き回っていました。
怖がる割には、人のすぐそばをすり抜け
外を気にしながら、絶えず動き回っていました。

以前は手からおやつを食べたこともあるようですが
ここ最近はあまりそういう素振りもないようです。

と、思ったら部屋をそろそろ出ようかと思った時に
床に置いたおやつは食べました。

撮影する私のすぐそばで、ゆっくりと口を近づけ匂いを嗅ぎ
慎重になりながらも食べていました。

また美味しい物を持ちながら、詳しく観察してきたいと思います。


f0078320_11210766.jpg
f0078320_11211560.jpg
f0078320_11212444.jpg

↓先週レポートより

f0078320_11213033.jpg




※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい

この子はこの部屋の中では
一番他の子を頼りにしているように見えます。
いつも誰かの背中にくっ付いています。

まだまだ人がいる時におやつを食べる余裕はありません。

他の子よりも少し年上で、生きてきた年月の分だけ
頑ななところもあるのかもしれません。

まずは人の手からおやつが食べられるように
そして少しでも身体に触れて、怖いことは無いよと
伝えられればと思います。
f0078320_11302739.jpg
f0078320_11303321.jpg
f0078320_11305625.jpg
f0078320_11310450.jpg




※8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後
おやつをもらうことにはかなり慣れてきて
その時に人の手が近づいても嫌がることは少なくなりました。

人のいるすぐそばまで身体を乗り出してくるようにもなりました。

まだ触れ方によっては「ヤダ!」と一喝されてしまうのですが
ほんの少しずつでも変化が見られたことはとても嬉しいです。

おそらく野良に近い生活を送ってきたのでしょうから
いきなり人に慣れろと言うのも無理な話ですので

時間を掛けながらもゆっくり家庭犬として暮らせるよう
人は怖くないと少しでも教えられたらと思います。
f0078320_11474668.jpg
f0078320_11475280.jpg
f0078320_11475888.jpg
f0078320_11480823.jpg
f0078320_11481345.jpg
f0078320_11481993.jpg


レポートは続きます。




関連記事

ページ上部へ戻る