とても人懐こく甘えん坊です。
ビーグルらしく食いしん坊ですが、ほかの子を構っているときに
ぼくの所へ来てくださいと、ちょっとだけ甘え鳴きしていましたが、
まったく吠えないと言ってもいいくらい吠えない子です。
私はこの子に会うのは初めてで、ビーグル=うるさいかな?
と思ったのですが、拍子抜けしてしまいました。
とにかく人が大好きで構ってほしいし、おやつもほしい。
だから何されても気にしませんと、とても気のいい子です。
f0078320_10415349.jpg
f0078320_1042525.jpg
f0078320_10421786.jpg
犬とベタベタしたい人にはピッタリだと思います。
f0078320_104397.jpg
触れ合っている間はずーっとしっぽフリフリで、
抱っこされると、この満足そうなお顔です。
f0078320_10434124.jpg
f0078320_10435364.jpg
シニアの域に入る年頃だと思いますから、
歯はそれなりに汚れていました。
f0078320_1044312.jpg
犬らしく明るい子で、飼いやすいタイプだと思いました。
今すぐ家庭に入っても、スムーズに家族の一員になりそうです。




<1-2> 2頭
f0078320_10511268.jpg

※2016/4/15よりレポートに登場 (3/25収容)
▼茶黒 オス(去勢済) 1-25-6歳 12キロ前後 脱肛手術済
f0078320_10455688.jpg
とてもかわいい子で、いつ見ても童顔です。
f0078320_104655100.jpg
でも、この歯を見ると年齢はそれなりだと思いますので
推定1-2歳を推定5‐6歳に訂正しました。
いつでもちゃんと顔を上げることができますし、
それほどビビっているふうでもないのに、ウンチが出てしまいます。
良いウンチでした。
しっぽを持ち上げて取り除いても嫌がるそぶりもありません。
ちょっとの緊張でも漏れちゃう感じなのではないでしょうか。
極度の恐怖からのビビリウンとは違う気がします。
シニアにありがちな、締りが悪くてポロリなのではとも思います。
f0078320_10505873.jpg
f0078320_1052865.jpg
f0078320_10522288.jpg
f0078320_1052439.jpg
f0078320_105255100.jpg
あと2ヵ月もすると、ここでの生活も1年になります。
大きな変化がほとんどない子ですから、
本当のお家に行っても、たぶんこの調子なんだろうなーって思います。
犬が大好きで、そばにいてくれるだけでいいよという方との
穏やかな生活が、この子には合っているように思います。
静かすぎてあまり目立たない子かもしれませんが、
気にかけていただけるとうれしいです。




※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▼茶 オス 1-2歳 11キロ前後
f0078320_22243032.jpg
きれいな顔立ちの男の子で、いつも定位置で固まっています。
この部屋の2頭に「キミたち、場所を変わったことある?」と
訊いてみたい気がします。
私が見る限りでは、この子はいつもこの姿勢でこの場所です。
床ずれができないかしらと心配になるほどです。
f0078320_22404228.jpg
f0078320_22405484.jpg
f0078320_22411232.jpg
f0078320_22422939.jpg
それでもおやつは手から食べてくれますし、
歯を見ても、迷惑そうではあるけれど怒ることはありません。
f0078320_2245209.jpg
f0078320_22481497.jpg
以前はもう少しむっちりしていたように思います。
今回、あばら骨が浮いて少しやせてきているのが気になりました。
f0078320_22471364.jpg
いつまでもこのままここで生活するわけにはいきません。
手から直接おやつを食べることができるようになっていますし、
攻撃的なそぶりを見たことがありません。
人のそばで暮らすことで、大きな変化が訪れるような気がします。





<1-3> 1頭

※8/2よりレポートに登場
▼薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
f0078320_232825.jpg
共に収容されずっと一緒に居た2頭が先にセンターを出て、
ひとりになってどうしているかなーと気になっていました。
ほかの2頭を守っているようにも感じていました。
そういう目で見るせいか、どこか淋しげに感じます。
f0078320_23305355.jpg
でも、前に担当したときより警戒心はかなり軽減されていました。
おやつはパクパクとおいしそうに手から食べます。
f0078320_23354614.jpg
f0078320_2336270.jpg
こんな変化を見せてくれると嬉しくなってしまいます。
お茶目な表情も見せてくれました。
f0078320_23373835.jpg
f0078320_23375843.jpg
f0078320_23383096.jpg
f0078320_23384752.jpg
以前は、頑なな印象でしたが、今はもう人と暮らしても丈夫と
言えるようになっていました。
先に出た2頭に1日も早く続けることを願っています。




<1-4> 2頭
f0078320_23454396.jpg

※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▼白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ程度
f0078320_23462251.jpg
この日も入った瞬間に逃げ回っていました。
職員の方がお掃除してくださった直後だったにもかかわらず
たっぷりのウンチを同じ色の毛布の上にも置いてくれていたため、
その罠にしっかりはまってしまいました。
私がこの子と会うのは初めてのせいか、近付くと
素早い動きで必ず反対側に逃げます。
f0078320_2352491.jpg
f0078320_2353095.jpg
f0078320_23533492.jpg
カメラのピントを合わせるときの音やシャッター音も気にしていました。
先週のレポートでは抱っこもされていましたから、
私のことを知らない人と認識して警戒していたのかもしれません。
f0078320_2354233.jpg
f0078320_23543678.jpg
f0078320_23545371.jpg
まだまだビビリちゃんですが、ビビリ克服の一番の治療薬は
人のそばで暮らすことだと思います。
人馴れしたら、きっと元気に跳ね回って遊ぶタイプだと思います。



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳?7-8歳? 13-14キロ
f0078320_021734.jpg
ついに1年が過ぎてしまいました。
相変わらず大きな声で呼んでいましたが、
部屋のドアを開けると、いつものように飛び出して静かになります。
f0078320_0112721.jpg
通路と個室を行ったり来たりするのもいつもと同じです。
自分から寄って来るのに、人から勝手に近づいてほしくないそうです。
f0078320_092543.jpg
f0078320_0103245.jpg
f0078320_0105580.jpg
f0078320_0121220.jpg
もともと美人さんですが、お手入れしたら見違えると思います。
f0078320_014480.jpg
f0078320_0133497.jpgf0078320_0143397.jpg
一緒に収容された子は、預かりさんのところで
かわいい甘えん坊さんになっています。
この子も甘えん坊になれる環境で、家庭犬学習をさせてあげたいと思います。
それは早ければ早いほどうれしいです。

レポートは続きます。" />

... TOPIX

2/14センターレポート 旧仔犬舎      6頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。

センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。



<1-1> 1頭

※1/31よりレポートに登場 (1/26他抑留所より収容)
▼茶黒 オス  6歳-8歳 10キロ前後
f0078320_10352539.jpg

とても人懐こく甘えん坊です。
ビーグルらしく食いしん坊ですが、ほかの子を構っているときに
ぼくの所へ来てくださいと、ちょっとだけ甘え鳴きしていましたが、
まったく吠えないと言ってもいいくらい吠えない子です。
私はこの子に会うのは初めてで、ビーグル=うるさいかな?
と思ったのですが、拍子抜けしてしまいました。
とにかく人が大好きで構ってほしいし、おやつもほしい。
だから何されても気にしませんと、とても気のいい子です。
f0078320_10415349.jpg

f0078320_1042525.jpg

f0078320_10421786.jpg

犬とベタベタしたい人にはピッタリだと思います。
f0078320_104397.jpg

触れ合っている間はずーっとしっぽフリフリで、
抱っこされると、この満足そうなお顔です。
f0078320_10434124.jpg

f0078320_10435364.jpg

シニアの域に入る年頃だと思いますから、
歯はそれなりに汚れていました。
f0078320_1044312.jpg

犬らしく明るい子で、飼いやすいタイプだと思いました。
今すぐ家庭に入っても、スムーズに家族の一員になりそうです。




<1-2> 2頭
f0078320_10511268.jpg


※2016/4/15よりレポートに登場 (3/25収容)
▼茶黒 オス(去勢済) 1-25-6歳 12キロ前後 脱肛手術済
f0078320_10455688.jpg

とてもかわいい子で、いつ見ても童顔です。
f0078320_104655100.jpg

でも、この歯を見ると年齢はそれなりだと思いますので
推定1-2歳を推定5‐6歳に訂正しました。
いつでもちゃんと顔を上げることができますし、
それほどビビっているふうでもないのに、ウンチが出てしまいます。
良いウンチでした。
しっぽを持ち上げて取り除いても嫌がるそぶりもありません。
ちょっとの緊張でも漏れちゃう感じなのではないでしょうか。
極度の恐怖からのビビリウンとは違う気がします。
シニアにありがちな、締りが悪くてポロリなのではとも思います。
f0078320_10505873.jpg

f0078320_1052865.jpg

f0078320_10522288.jpg

f0078320_1052439.jpg

f0078320_105255100.jpg

あと2ヵ月もすると、ここでの生活も1年になります。
大きな変化がほとんどない子ですから、
本当のお家に行っても、たぶんこの調子なんだろうなーって思います。
犬が大好きで、そばにいてくれるだけでいいよという方との
穏やかな生活が、この子には合っているように思います。
静かすぎてあまり目立たない子かもしれませんが、
気にかけていただけるとうれしいです。




※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▼茶 オス 1-2歳 11キロ前後
f0078320_22243032.jpg

きれいな顔立ちの男の子で、いつも定位置で固まっています。
この部屋の2頭に「キミたち、場所を変わったことある?」と
訊いてみたい気がします。
私が見る限りでは、この子はいつもこの姿勢でこの場所です。
床ずれができないかしらと心配になるほどです。
f0078320_22404228.jpg

f0078320_22405484.jpg

f0078320_22411232.jpg

f0078320_22422939.jpg

それでもおやつは手から食べてくれますし、
歯を見ても、迷惑そうではあるけれど怒ることはありません。
f0078320_2245209.jpg

f0078320_22481497.jpg

以前はもう少しむっちりしていたように思います。
今回、あばら骨が浮いて少しやせてきているのが気になりました。
f0078320_22471364.jpg

いつまでもこのままここで生活するわけにはいきません。
手から直接おやつを食べることができるようになっていますし、
攻撃的なそぶりを見たことがありません。
人のそばで暮らすことで、大きな変化が訪れるような気がします。





<1-3> 1頭

※8/2よりレポートに登場
▼薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
f0078320_232825.jpg

共に収容されずっと一緒に居た2頭が先にセンターを出て、
ひとりになってどうしているかなーと気になっていました。
ほかの2頭を守っているようにも感じていました。
そういう目で見るせいか、どこか淋しげに感じます。
f0078320_23305355.jpg

でも、前に担当したときより警戒心はかなり軽減されていました。
おやつはパクパクとおいしそうに手から食べます。
f0078320_23354614.jpg

f0078320_2336270.jpg

こんな変化を見せてくれると嬉しくなってしまいます。
お茶目な表情も見せてくれました。
f0078320_23373835.jpg

f0078320_23375843.jpg

f0078320_23383096.jpg

f0078320_23384752.jpg

以前は、頑なな印象でしたが、今はもう人と暮らしても丈夫と
言えるようになっていました。
先に出た2頭に1日も早く続けることを願っています。




<1-4> 2頭
f0078320_23454396.jpg


※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▼白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ程度
f0078320_23462251.jpg

この日も入った瞬間に逃げ回っていました。
職員の方がお掃除してくださった直後だったにもかかわらず
たっぷりのウンチを同じ色の毛布の上にも置いてくれていたため、
その罠にしっかりはまってしまいました。
私がこの子と会うのは初めてのせいか、近付くと
素早い動きで必ず反対側に逃げます。
f0078320_2352491.jpg

f0078320_2353095.jpg

f0078320_23533492.jpg

カメラのピントを合わせるときの音やシャッター音も気にしていました。
先週のレポートでは抱っこもされていましたから、
私のことを知らない人と認識して警戒していたのかもしれません。
f0078320_2354233.jpg

f0078320_23543678.jpg

f0078320_23545371.jpg

まだまだビビリちゃんですが、ビビリ克服の一番の治療薬は
人のそばで暮らすことだと思います。
人馴れしたら、きっと元気に跳ね回って遊ぶタイプだと思います。



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳?7-8歳? 13-14キロ
f0078320_021734.jpg

ついに1年が過ぎてしまいました。
相変わらず大きな声で呼んでいましたが、
部屋のドアを開けると、いつものように飛び出して静かになります。
f0078320_0112721.jpg

通路と個室を行ったり来たりするのもいつもと同じです。
自分から寄って来るのに、人から勝手に近づいてほしくないそうです。
f0078320_092543.jpg

f0078320_0103245.jpg

f0078320_0105580.jpg

f0078320_0121220.jpg

もともと美人さんですが、お手入れしたら見違えると思います。
f0078320_014480.jpg

f0078320_0133497.jpg
f0078320_0143397.jpg

一緒に収容された子は、預かりさんのところで
かわいい甘えん坊さんになっています。
この子も甘えん坊になれる環境で、家庭犬学習をさせてあげたいと思います。
それは早ければ早いほどうれしいです。

レポートは続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る