f0078320_22463348.jpg
f0078320_22464742.jpg
f0078320_2247484.jpg
f0078320_22472086.jpg
f0078320_22473646.jpg
f0078320_22474712.jpg
f0078320_22475972.jpg


※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

***写真・文章共に先週のレポートより転用してます***

ケージから出してもらえるまでは
鳴き続けていまいましたが、
自分のお部屋から出してもらうと
ピタリと鳴き止みました。
人にかまってもらうことが
嬉しくて嬉しくて仕方がないというように
身をよじって激しく動き回り、
立っていても、お腹を出してなでられている間も
一時もじっとしていない元気印の男の子です。
オスワリの指示はわかるようですが、
オスワリしている間もそわそわ
落ち着いては居られないようです。

おやつは指ごとパックンする勢いですが、
歯に指があたると噛む直前で寸止めして
私たちが痛い思いをすることはなかったので
ハイテンションでも
加減はできる子なのだと思います。


首から腹部は剃ったようにまったく毛がなくなっていますが、
先週までと比べると皮膚はきれいになったように感じ、
痒そうな様子も見られませんでした。

この子も人と一緒に過ごせれば
落ち着いた行動ができるようになると思います。



f0078320_23264672.jpg

f0078320_23264040.jpg


f0078320_23265142.jpg


f0078320_23265782.jpg









【D部屋 5頭】


※2/21レポート初登場 (2/16引き取り)
▽茶白(半長毛)メス 1歳くらい 12キロ位
子犬舎2-8に初登場の2頭と↓下の子と(全部で4頭)同郷です。

まだここでの生活が間もないため戸惑っている様子でした。
今は人を少しだけ警戒してて、人馴れ問題無しとまでは言えませんが、
攻撃をしてくる様子もありませんでした。
人と暮らしたことのある子ですし興味は持ってくれましたから、
一緒に居る時間が増えれば、馴れるのも早いのではないかと感じる子です。

ゆっくり動いて近づいてあげたら、慌てる様子もなく臭いを嗅いだり、
懸命に今の状況を理解しようとする様子が伺えました。

まだ険しいお顔をしていますが、本来はとても可愛らしいお顔の子です。

まだまだ若い子ですから、
人と共有する時間の楽しさをたっぷり味わせてあげたいと思います。

f0078320_23194518.jpg
f0078320_2320195.jpg
f0078320_23201893.jpg
f0078320_23203160.jpg
f0078320_23204722.jpg



※2/21レポート初登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳くらい メス 12キロ位
子犬舎2-8の2頭と ↑ 上の子と同郷です。

この子は臆病さんで、ずっと後ろで隠れるようにしていました。
今まで、そうやって守ってもらっていたのでしょうか。

手を出しても、怖さからの攻撃や唸るような行動はありませんでした。
優しい性格の子のように感じます。

人と暮らしていたとはいえ、殆ど放置状態で、
きっと良い思いをしてこなかったのではと想像してしまうほど、
私達を怖がって震えていました。

人の側に居ることが安心なのだと、教えてあげたい子です。
次週はもっとよく観察してきたいと思います。

f0078320_23221277.jpg
f0078320_2322292.jpg
f0078320_23224230.jpg
f0078320_23225959.jpg
f0078320_23231457.jpg






***以下の子達は、先週のレポートより転用しています。


※12/28よりレポートに登場 (12/12他抑留所より移送)
∇白 メス 3-4歳 10-11キロ

今いる3頭の中ではビビりながらも一番近付きやすい子だと思います。
人が動くとサッと身を交わして場所を移動してしまいますが
おやつを見せればすぐ寄って来てくれます。

他の子にあげたおやつも横からしれっと取ってしまうような積極的な面もあります。
横になっていたときにお尻をそっと撫でてみましたが
この人何やってんの?とキョトンとしていました。

経験がないため撫でられるという意味が分からないようでした。
この子からはさほど頑なな雰囲気は感じられないので
家庭に入れば人馴れするのは早いのではと思います。


f0078320_23293739.jpg


f0078320_23294249.jpg


f0078320_23294808.jpg


f0078320_23295689.jpg


f0078320_23300374.jpg


f0078320_23301056.jpg





※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい

今日も定位置にいて伏せていました。
歩き回る姿を見たことがないのですが
人がいないときは自由に過ごしているようです。
糞を片付けるために2回目に入ったときは体の向きが逆になっていました。
いつも気配を消そうとして、私はいないので構わないで下さいとでも言っているかのようです。
おやつも口の中に押し込んでみましたが、固まって食べる余裕はないようです。

もっと撫でてみたいのですが後ろの子がずっと唸り続けているので
あまり近寄れず、毎回距離が縮まりません。
今後はビビりというだけでなくこの子のもっと違う面も
レポート出来るようにしてあげたいと思います。
大人しいこの子に目をとめて下さる方がいますように。

f0078320_23321628.jpg


f0078320_23322393.jpg


f0078320_23323071.jpg


f0078320_23324006.jpg


f0078320_23324626.jpg


※2016/2/9よりレポートに登場(2016/1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
今日は私たちが部屋に入ると低い声でずっと地鳴りのように唸っていました。
この子が眉間にシワを寄せて険しい表情で必死に虚勢を張っているのを見ていると、可哀想になってきます。

センターでの生活も1年を過ぎました。
今はこの子にはこの部屋での生活が世界の全てで、それなりに居心地が良くなっているのかもしれません。
まだまだ若い子ですので、外の世界にはもっと楽しいことがあることを知って欲しいです。

f0078320_23340772.jpg


f0078320_23340092.jpg


f0078320_23341466.jpg


f0078320_23342049.jpg






レポートは続きます。




" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

2/21 センターレポート  C部屋2頭 D部屋5頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




【C部屋 2頭】
※2/21レポート初登場(2/13他抑留所より移送)
▽黒柴 オス(去勢済) 9-10歳 8,7キロ

性格二重丸の小柄な柴です。

撮る角度によっては、
あどけなさも感じたほど、ベビーフェイスで綺麗な顔立ちの子ですが、
うっすらと白髪も出て居て、お目目も少し白く感じましたから、
シニアの年齢に差し掛かっているのは間違いないようです。
その割には、綺麗でしっかりした歯をしてますし、とても元気です。

当たり前のことですが、この年齢になって環境が変わり不安があるのでしょう。
人馴れは全く問題ないのですが、最初は引き気味で直ぐにはケージから出て来られませんでした。

ロープで引かれることにも抵抗ありません。
抱っこも大人しくされていましたが、
長くしていたらおりたいとモジモジ動き出しました。

隣にガチャガチャと良く動く子が居るにも関わらず、
気にする様子も無く、終始穏やかな子でした。

元々の性格なのか、シニアの貫禄なのか、
それとも一時は大切に育てられた子なのか、
荒々しさは微塵も感じない子です。
犬とのんびり暮らしたいと思われているご家族様にはピッタリの子で、
良きパートナーになれるのではないでしょうか。

どうか、静かな環境で安心して暮らせる日が一日でも早く訪れますよう、
ただただ祈ります。


f0078320_22461621.jpg

f0078320_22463348.jpg

f0078320_22464742.jpg

f0078320_2247484.jpg

f0078320_22472086.jpg

f0078320_22473646.jpg

f0078320_22474712.jpg

f0078320_22475972.jpg



※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

***写真・文章共に先週のレポートより転用してます***

ケージから出してもらえるまでは
鳴き続けていまいましたが、
自分のお部屋から出してもらうと
ピタリと鳴き止みました。
人にかまってもらうことが
嬉しくて嬉しくて仕方がないというように
身をよじって激しく動き回り、
立っていても、お腹を出してなでられている間も
一時もじっとしていない元気印の男の子です。
オスワリの指示はわかるようですが、
オスワリしている間もそわそわ
落ち着いては居られないようです。

おやつは指ごとパックンする勢いですが、
歯に指があたると噛む直前で寸止めして
私たちが痛い思いをすることはなかったので
ハイテンションでも
加減はできる子なのだと思います。


首から腹部は剃ったようにまったく毛がなくなっていますが、
先週までと比べると皮膚はきれいになったように感じ、
痒そうな様子も見られませんでした。

この子も人と一緒に過ごせれば
落ち着いた行動ができるようになると思います。



f0078320_23264672.jpg


f0078320_23264040.jpg



f0078320_23265142.jpg



f0078320_23265782.jpg










【D部屋 5頭】


※2/21レポート初登場 (2/16引き取り)
▽茶白(半長毛)メス 1歳くらい 12キロ位
子犬舎2-8に初登場の2頭と↓下の子と(全部で4頭)同郷です。

まだここでの生活が間もないため戸惑っている様子でした。
今は人を少しだけ警戒してて、人馴れ問題無しとまでは言えませんが、
攻撃をしてくる様子もありませんでした。
人と暮らしたことのある子ですし興味は持ってくれましたから、
一緒に居る時間が増えれば、馴れるのも早いのではないかと感じる子です。

ゆっくり動いて近づいてあげたら、慌てる様子もなく臭いを嗅いだり、
懸命に今の状況を理解しようとする様子が伺えました。

まだ険しいお顔をしていますが、本来はとても可愛らしいお顔の子です。

まだまだ若い子ですから、
人と共有する時間の楽しさをたっぷり味わせてあげたいと思います。

f0078320_23194518.jpg

f0078320_2320195.jpg

f0078320_23201893.jpg

f0078320_23203160.jpg

f0078320_23204722.jpg




※2/21レポート初登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳くらい メス 12キロ位
子犬舎2-8の2頭と ↑ 上の子と同郷です。

この子は臆病さんで、ずっと後ろで隠れるようにしていました。
今まで、そうやって守ってもらっていたのでしょうか。

手を出しても、怖さからの攻撃や唸るような行動はありませんでした。
優しい性格の子のように感じます。

人と暮らしていたとはいえ、殆ど放置状態で、
きっと良い思いをしてこなかったのではと想像してしまうほど、
私達を怖がって震えていました。

人の側に居ることが安心なのだと、教えてあげたい子です。
次週はもっとよく観察してきたいと思います。

f0078320_23221277.jpg

f0078320_2322292.jpg

f0078320_23224230.jpg

f0078320_23225959.jpg

f0078320_23231457.jpg







***以下の子達は、先週のレポートより転用しています。


※12/28よりレポートに登場 (12/12他抑留所より移送)
∇白 メス 3-4歳 10-11キロ

今いる3頭の中ではビビりながらも一番近付きやすい子だと思います。
人が動くとサッと身を交わして場所を移動してしまいますが
おやつを見せればすぐ寄って来てくれます。

他の子にあげたおやつも横からしれっと取ってしまうような積極的な面もあります。
横になっていたときにお尻をそっと撫でてみましたが
この人何やってんの?とキョトンとしていました。

経験がないため撫でられるという意味が分からないようでした。
この子からはさほど頑なな雰囲気は感じられないので
家庭に入れば人馴れするのは早いのではと思います。


f0078320_23293739.jpg



f0078320_23294249.jpg



f0078320_23294808.jpg



f0078320_23295689.jpg



f0078320_23300374.jpg



f0078320_23301056.jpg






※10/25よりレポートに登場(10/18引取収容)
▼白×少しベージュ メス 4歳 10キロくらい

今日も定位置にいて伏せていました。
歩き回る姿を見たことがないのですが
人がいないときは自由に過ごしているようです。
糞を片付けるために2回目に入ったときは体の向きが逆になっていました。
いつも気配を消そうとして、私はいないので構わないで下さいとでも言っているかのようです。
おやつも口の中に押し込んでみましたが、固まって食べる余裕はないようです。

もっと撫でてみたいのですが後ろの子がずっと唸り続けているので
あまり近寄れず、毎回距離が縮まりません。
今後はビビりというだけでなくこの子のもっと違う面も
レポート出来るようにしてあげたいと思います。
大人しいこの子に目をとめて下さる方がいますように。

f0078320_23321628.jpg



f0078320_23322393.jpg



f0078320_23323071.jpg



f0078320_23324006.jpg



f0078320_23324626.jpg



※2016/2/9よりレポートに登場(2016/1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 11キロくらい
今日は私たちが部屋に入ると低い声でずっと地鳴りのように唸っていました。
この子が眉間にシワを寄せて険しい表情で必死に虚勢を張っているのを見ていると、可哀想になってきます。

センターでの生活も1年を過ぎました。
今はこの子にはこの部屋での生活が世界の全てで、それなりに居心地が良くなっているのかもしれません。
まだまだ若い子ですので、外の世界にはもっと楽しいことがあることを知って欲しいです。

f0078320_23340772.jpg



f0078320_23340092.jpg



f0078320_23341466.jpg



f0078320_23342049.jpg







レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る