ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

さよならRingling Brothers. 祝!動物利用サーカスの終焉アピール

プレスリリース

日時:2017年5月20日(土)午後15:00
場所:横浜みなとみらい木下大サーカス会場前(とちのき通り西付近)

米国大手の動物サーカスであるリングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス(Ringling Bros. and Barnum & Bailey Circus)が、2017年5月21日のニューヨーク州 ユニオンデールでの公演をもって、146年の歴史の幕を閉じます。これは、多くの批難を浴びていたゾウの調教ショーを廃止して以降、売上が減少し、経営難に陥ったためとされていますが、世界中の市民がサーカスでの動物の使役利用について批判的な態度を示し、動物への思いやりをもちはじめた時代への意識の移り変わりであると言えます。

私たちは、この事実をとおして、欧米から30年は遅れているといわれているこの国の動物倫理に対する意識を啓蒙したいと思い、米国大手の「リングリング・ブラザーズ」による動物サーカスの終焉について、横浜みなとみらいで行われている木下大サーカス会場前の、とちのき通り西付近にて、日本人と外国人の共同で、パネルやプラカードを持ち、平和的なPRを行ないます。私たちは、サーカスに反対なのではなく、サーカスでの動物利用に反対し、サーカス動物の調教の裏側に多くの動物虐待や監禁の苦痛が存在することを主張し、動物福祉による5つの自由すなわち、

1.飢えと渇きからの自由
2.肉体的苦痛と不快からの自由
3.外傷や疾病からの自由
4.恐怖や不安からの自由
5.正常な行動を表現する自由


が、十分に守られていないことを、訴えています。

サーカス自体は、曲芸師の修練された技や、道化師によるコミカルなパフォーマンスが楽しめる大変素晴らしい娯楽です。しかし、サーカスで使役される動物たちは、調教という名の虐待を受け、狭いケージに監禁されたまま興行に引き回され、とても苦しんでいます。

来日興行したポリジョイサーカスの例:https://youtu.be/kdhN0diMKzM

米国大手の「リンク?リンク?・ブラザーズ」 動物サーカスの5月21日をもっての終了につきましては、せ?ひ、TV ニュースなと?て?お取り上け?願いたく、何卒、適正なる報道のこ?検討をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

NPO法人アニマルライツセンター 
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス1009
TEL:03-3770-0720
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る