f0078320_23311284.jpgf0078320_23321231.jpgf0078320_23314296.jpgもちろん抱っこも大好きなようで、
体を預けて上手に抱っこされていました。
抱っこされている間は本当に落ち着いた様子で
見ているだけでこちらもほっとすることが出来ます。
こうして私たちが抱っこしたり、たくさん甘えさせてあげられる
1週間に一度しかないこの時間が
この子にとっては一番幸せな時間なのかと思うと
ケージに戻すのが切なくなりました。
耳の毛がボソボソと抜けるようになっていて、
こちらも個別にケアしてあげられたらと思います。
優しいご家族からの暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23331549.jpgf0078320_23345232.jpgf0078320_23342272.jpgf0078320_23352244.jpg




※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

5/30追記:いつ会ってもとにかく大はしゃぎで、
いかに人が大好きな子なのかがひしひしと伝わってきます。
お腹の脱毛は恐らくアカラスと思われる症状ですが、
センターでもケアしてくださってはいるものの、
なかなか症状が改善されません。
これだけ人懐こい子が一人ぼっちでいることがストレスに
なってしまっているように思えます。
個別にケアしてあげられる環境に一日も早くおいて
あげたいと願わずにはいられません。

↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
相変わらずケージの中から大騒ぎで私たちを待っていました。
外に出してあげると嬉しくてたまらないようで
動き回り、かわるがわる人に甘えてきました。
ただ、この日はいつもよりも少し暴れ具合が少なかったように
思いました。
それでも動き回って人にはしゃいでしがみついてくるので
相変わらず写真はボケボケになってしまうものばかりでした。
人が大好きなこの子にも幸せになる権利があります。
どうかこの子にも目を向けてあげてもらいたいと思います。
f0078320_23424231.jpgf0078320_23425605.jpgf0078320_23430923.jpg喉元からお腹にかけての脱毛はあまり改善されていません。
センターでもケアしてくださっていますが、
やはりここまで脱毛が進んでしまっていますので
一日も早く個別にケアしてあげたい子です。


抱っこするといつも大暴れで撮影がほとんど出来ないのですが
この日はほんの少しだけですがじっとしていられる時があり
無事撮影することが出来ました。
まだまだ落ち着きのない子ではありますが、
人の愛情毎日たくさん受けることができれば
この子も落ち着けるようになると思います。
f0078320_23442274.jpg↓↓ 以下、先週レポートより
f0078320_23481882.jpgf0078320_23484046.jpg



レポートは続きます。



" />

ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

5/30センターレポート C部屋   2頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






※4/18よりレポートに登場 (4/6引き取り:他抑留所より移送)
▽ビーグル メス 10歳前後 10キロ弱(乳腺腫瘍あり)

5/30追記:この日もなんとも表現しにくい切ない声で
私たちを呼んでいました。ビーグル特有の野太い声とは違って
本当に聞いているこちらが切なくなるような声で
人に甘えたいこの子の気持ちが痛いほど伝わってきました。
ずっと一緒に人と暮らしてきたこの子には
一人ぼっちでいなければいけないこの環境は、私たちが想像する
以上に辛いものだと思います。
同郷だった梅蔵はセンターの譲渡会でいぬ親さんが決まりました。
どうか、この子にも一緒に暮らしてくださる方が
一日も早く見つかりますように。

↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
とにかく甘えん坊なおばぁちゃんです。
譲渡管理室にいる「梅蔵」くんと同郷です。
とてもかわいがられていたのがよくわかるほど、
ケージの中からもこの日はキュンキュン鳴いていました。
人が恋しくてたまらないのだと思います。
ケージから出してあげると真っ先によってきて
頭をこすりつけるように甘えてきました。
ギュッと抱きしめてあげると、嬉しかったのかクンクンと
かわいい声で鳴いていました。
f0078320_23304152.jpg
f0078320_23311284.jpg
f0078320_23321231.jpg
f0078320_23314296.jpg
もちろん抱っこも大好きなようで、
体を預けて上手に抱っこされていました。
抱っこされている間は本当に落ち着いた様子で
見ているだけでこちらもほっとすることが出来ます。
こうして私たちが抱っこしたり、たくさん甘えさせてあげられる
1週間に一度しかないこの時間が
この子にとっては一番幸せな時間なのかと思うと
ケージに戻すのが切なくなりました。
耳の毛がボソボソと抜けるようになっていて、
こちらも個別にケアしてあげられたらと思います。
優しいご家族からの暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23331549.jpg
f0078320_23345232.jpg
f0078320_23342272.jpg
f0078320_23352244.jpg





※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

5/30追記:いつ会ってもとにかく大はしゃぎで、
いかに人が大好きな子なのかがひしひしと伝わってきます。
お腹の脱毛は恐らくアカラスと思われる症状ですが、
センターでもケアしてくださってはいるものの、
なかなか症状が改善されません。
これだけ人懐こい子が一人ぼっちでいることがストレスに
なってしまっているように思えます。
個別にケアしてあげられる環境に一日も早くおいて
あげたいと願わずにはいられません。

↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
相変わらずケージの中から大騒ぎで私たちを待っていました。
外に出してあげると嬉しくてたまらないようで
動き回り、かわるがわる人に甘えてきました。
ただ、この日はいつもよりも少し暴れ具合が少なかったように
思いました。
それでも動き回って人にはしゃいでしがみついてくるので
相変わらず写真はボケボケになってしまうものばかりでした。
人が大好きなこの子にも幸せになる権利があります。
どうかこの子にも目を向けてあげてもらいたいと思います。
f0078320_23424231.jpg
f0078320_23425605.jpg
f0078320_23430923.jpg
喉元からお腹にかけての脱毛はあまり改善されていません。
センターでもケアしてくださっていますが、
やはりここまで脱毛が進んでしまっていますので
一日も早く個別にケアしてあげたい子です。


抱っこするといつも大暴れで撮影がほとんど出来ないのですが
この日はほんの少しだけですがじっとしていられる時があり
無事撮影することが出来ました。
まだまだ落ち着きのない子ではありますが、
人の愛情毎日たくさん受けることができれば
この子も落ち着けるようになると思います。
f0078320_23442274.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより
f0078320_23481882.jpg
f0078320_23484046.jpg




レポートは続きます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る