ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

5/30センターレポート 仔犬舎  9頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転用しています。
センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)仔犬舎の出入り口はしっかり施錠したうえで、小部屋の扉を開けて様子を観察しています。<2-5> 3頭
相変わらず、部屋に入ると落ち着きなく逃げまわり、逃げそびれると固まるのですが、吠えることも唸ることもありません。何度会っても、最初の時とほとんど変わっていないのが気になります。
もう少し積極的にかかわって、人は怖くないことを体で分かってもらったほうが良いのかなーと感じました。




※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 8ヵ月ぐらい 6-7キロ?8キロ弱?
いつものように金網の仕切りを登って隣の部屋に向けて
ビビリションをシャワーのようにまき散らし、
耐え切れなくなって落下。
爪がひっかかって怪我しないかと心配になります。
中に入るために扉を開けると勢いよく飛び出し、
なんと一番奥の2-8の部屋の2mくらいの高さの扉をよじ登り
そこからたぶん三角飛びのようにして壁を蹴って飛び降りたと思われます。
壁にはこの子のウンチがべったりついていました。
あっという間のできごとでした。
この写真は2-8の部屋です。



体が大きくなると、ここまでの軽業ができるかどうかわかりませんが、
身体能力は相当高いです。
部屋に戻ってもらうと壁に頭を押し付け、こちらを見ようとはしてくれません。
声をかけて、しっぽについたウンチを相当しつこく
ティッシュでふいても、背中やお尻を撫でても無抵抗でした。



今起こっていることから目を背けたいのでしょう。
可哀そうなくらいにコチコチに固まるだけです。
こんな状態では写真も撮れないですし、この繰り返しでは
前に進めないので強制抱っこ。
床に張り付いているのを引きはがすようにして抱き上げましたが
それでもお口が出るようなことはありません。

抱っこされるとお顔をモミモミしてもされるがまま。
降りようともがくこともなく、嫌がっているようにも見えません。
むしろまんざらでもないように見えるのですが、

おろしてしまうと再び壁と一体化してしまいます。
もっともっと人とベタベタして、人の優しさを
分かってもらうのが良いのかもしれません。





このタイプの子は今までもたくさん見てきました。
預かり家でも、なかなかケージから出てこられない子も多くいましたが、
「あの子が!」とびっくりするほど早く馴染んでくれる子も
また多くいました。
この子も、今ならそう時間はかからないタイプではないかと、
希望的観測で思ってしまいます。












※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中・耳・頭に薄茶のブチ オス 7ヵ月ぐらい 5-6キロ 8キロぐらい


たまたまかもしれませんが、
この子はいつも部屋の右隅で固まる気がします。
3頭の中でそれぞれに定位置が決められているのでしょうか。


この子は好奇心は強いほうだと思います。
ちょっと怖いけどどんな人かなーと、人に興味はあるらしく、
うかがうようにしてこちらをチラチラ見ます。希望大です。
声をかけながら触わるのですが、震えていてもお口が出たという
記憶はこれまでもありません。
抱っこも初めは緊張して突っ張っていますが、
降りようと暴れることもなく、次第に体を預けてきます。
人と触れ合う経験がなかったため、逃げたり固まったりという
行動しかとれないのでしょう。
多少時間はかかっていますが、触れ合う時間を多くすることで
この子はすんなり普通の子に変われると思います。
ビビリションもウンチもこの日は無しでしたから
学習してるのだと思います。
おやつを食べてくれるのももう一息ではないでしょうか。






※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 左先折れ耳 オス 7ヵ月ぐらい  5-6キロ? 8キロぐらい
耳は立ったようです。

扉を開けるといつものように初めは左隅で固まりました。
見ないで、こっちへ来ないでと拒否します。
顔も上げてくれませんから、お顔を見せてねと断って
手で顔を上げて写真を撮らせてもらいました。
以前ならただひたすらこのまま固まっていたと思うのですが、
この日は近付くとすばやく部屋を出ていきました。
出て行ったほうに近づくと、また部屋に戻ってきます。
壁と仲良ししていたときはわからなかったのですが、
姿かたちがとても美しい子でした。




抱っこさせてねと声をかけて床と一体化している子を抱き上げました。
ちょっと嫌そうでしたが、唸ったりお口が出たりすることはありません。
優しい子なのだろうと思います。
この子も抱っこされるとおとなしくなります。
毎日毎日この経験を積み重ねていけば明るい表情も見せてくれると思います。
1日も早く家庭の中で人の優しさを知ってもらいたいと思います。












<2-6> 2頭

※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ
いつものように大きな声で歓迎してくれました。
収容当初からおやつは大好きで、「早くちょうだい」と
自分から寄って来ていたので、この子はこれほど時間はかからずに
仲良しになれると思っていました。
でも、半年以上経過しているのに思いのほかガードが固くて、
距離がなかなか縮まりません。
自分から寄ってくるのにちゃんと距離を測っていて
一線を引いている感じがします。
だからと言って唸ったり威嚇したりはありませんし、

お口が出るようなこともありません。


何回か「お座り」ができました。
偶然かもしれませんが学習しているのだと思います。
よく人を見る子ですから学習能力は高いと思います。
人との関わり方も経験不足というよりは、
ベタベタ依存するタイプではなく、精悍な容姿のように
人とはクールな関係でいたいのでしょうか。
お互いの時間と空間を守って犬と暮らしたい人には
ピッタリかもしれませんね。








※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ14-15キロ


人の気配に、同室の子と同調して吠えますが、
この子たちの部屋に入ってしまえばおとなしくなります。


この子の変化も目に見えては進んでいないないような気もしますが、
収容当初は壁とにらめっこが得意で、絶対に顔見せてあげないよと、
ガンコでしたし、たまに顔を上げても厳しい表情でした。
それを思うと、手からおやつを食べてくれるようになったのは
大きな前進だと思います。
初めはイヤイヤこっちに来るなと言ってるような表情ですが、
触っても威嚇はありませんし、お口も出ません。



おやつも初めはこの子の手に乗せてあげたらクンクンしてから食べて
その後は手に持ったおやつをそっとくわえて
おいしそうに食べてくれました。


頑なだった子が、「おやつもうないの?」と言ってるような表情で
見上げてくれたことがとてもうれしかったです。


ほんとのところは「まだいるの」かもしれません。
この子のことをそこまで理解できている自信はありませんが、
ここに来るまでには怖い思いもし、
生きるために辛い目に合ったことは確かでしょう。
それでも私たちを少しずつでも受け入れようと
頑張ってくれていることがとてもうれしいです。
この子の頑張りをいつも近くで応援してくれる方はいませんか?
応援隊大募集中です。










<2-7> 2頭
毛色は違いますが血縁なのかと思うほど、とてもよく似ています。
茶黒ちゃんがまねしているのか、行動パターンもそっくりです。





※2/14よりレポートに登場(2/3収容)▽黒 垂れ耳 先折れ耳 オス 1歳前後 14-15キロ
黒々と毛艶がよくてかっこいいイメージなのに、
目と目がちょっとだけ離れているためおとぼけ顔の印象的な子です。


おやつには積極的に寄ってきて、ぼくちん優先のオレ様タイプと
伝達を受けましたが、この日はあまり強引さは感じませんでした。


人馴れしているとは言えませんが、怖がっているとも思えません。おやつ欲しさからだと思いますが、自分から寄ってきます。ただ、触られるのはイヤみたいで、ここまで近づいていても
触ろうとするとさっと身をかわします。






お口は見ていませんが、吠えている時に見えている歯はきれいでした。
皮膚の状態も注視するのを忘れましたが、気にならなかったので
改善されてきたのかなと思います。
私は初めてのご対面だったので強引なことはせずに
ご挨拶程度で済ませましたが、人の目をよく見ますし、
その目に怯えなどは感じられませんでしたから
常に人と接する環境なら、それほど時間はかからずに
家庭犬になれる子だと思います。









※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ10-11キロ
この子も初めましてです。
小部屋の扉を開けると、同室の子と同じような動きで部屋から出て来ます。
行動は同室の黒い子と似ていますが、まねして吠えることもなく、
この月齢にしては落ち着いていると思います。
自分から寄ってきて手からのおやつも上手に食べます。

この月齢にしては落ち着いていると思います。



今のところベタベタ甘えるタイプではないようですが、
家庭の中で学習することで人馴れも問題なく進んで行くと思います。
すぐに家庭に入っても問題ない子だと思います。











<2-8 2頭>


この子たちはとても静かです。
特に薄茶の子はルームメイトが変わってもいつも控え目です。





※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
半年以上も自己主張することもなく控え目に暮らしています。
私の記憶ではルームメイトはいつもこの子より年下です。
それでも威張りん坊になることもなく、
後からくる子を守っているようにすら見えます。
本当に控え目で優しい子です。
この日はあまり良い表情が撮れなくて気になりました。

体を撫でることはできますが、固くなるのが分かります。
この日は、できたら見ないでください、
構わないでくださいと言っているように見えました。
それでも唸ったり咬んできたりすることはありません。



3月に会ったときはもう少し明るい表情もあったのに。
そう思って探してみました。(以下2枚は3/28)
あまり変わらないかな?
でも、この日のように下ばかり向いてはいませんでした。
たまたまかもしれませんが、淋しそうでとても気になりました。

おやつも食べませんでした。
優しいこの子が明るい笑顔を見せてくれるような
温かい家族に囲まれる日が1日も早くくることを願っています。






※5/16より レポートに登場(5/1他抑留所より移送)
▽茶白黒 メス 1-2歳 6-7キロ

この部屋に突入した2-5の茶色ちゃんを部屋に戻すとき、
慌てて一緒に出てしまってちょっと不安そうです。



この部屋に来てまだ1週間ですから何もかも不安なのでしょう。
初めましての子ですが、お顔も体も見た目は仔犬さんかと思うほど
可愛らしい子です。

この環境に慣れてくると変わってくることもあると思いますが、
常に人の動きを目で追っていましたし、人の目をよく見ます。

ただ、お手伝いしてくださった方に近い距離で見つめられたとき
お口パクしました。
威嚇という表情ではありませんし、何か嫌なことをされると感じた
この子の「ヤメテ!」のサインなのでしょう。
1回きりでしたけど、今後様子を見たほうがよいかもしれません。


先週のレポートでは、
背中やお尻を撫でても怒りません。
お顔を触ってもお口は出ませんでした。
歯も見せてくれました。とても綺麗です。
ということなので、たぶん顔を近づけすぎたのだと思います。
これからの変化を見守っていきたいと思います。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る