... TOPIX

遺贈寄付

遺贈寄付とは 、 遺言書を作り、遺産を寄付することをいいます。
アニマルライツセンターに遺贈いただくことで、 動物たちを苦しみから救いたい、というご意志を実現することが出来ます。 そのご意志を、私たちが継がせていただきます。

ご本人様のお考えを伺いながら、遺贈について、ご説明させていただきます。
また、協力相談窓口のご紹介などのサポートもさせていただきます。

※アニマルライツセンターは認定NPO法人であるため、アニマルライツセンターへ遺贈いただいた財産には相続税は課されません。

遺贈手続きの流れ

ARCに遺贈の希望を連絡(03-3770-0720又はお問い合わせフォーム)いただければ、ご説明やサポートをいたします。

STEP1
遺言執行者をお決め下さい(※1)。動物の活動に縁のある専門家を紹介することも可能です。

STEP2
遺言書を作成してください(※2)。遺言執行者に指定する「専門家」にご相談のうえ、法的に有効な遺言書を作成してください。

STEP3
遺言書を作成してください(※2)。遺言執行者に指定する「専門家」にご相談のうえ、法的に有効な遺言書を作成してください。

STEP4
遺言執行によりARCに 遺贈寄付がなされます。

遺贈先としてARCを指定したとお知らせ下さい。ご希望により会報等をお送りいたします。その他ご不明な点、不安な点、特別なご希望など、お気軽にご相談下さい。
遺言執行者とは?※1
遺言者に代わって、遺言書の内容を執行する人を、遺言を書く人が指定をします。
遺言執行者には、ご家族などを指定することも出来ますが、専門家(弁護士、司法書士、行政書士、税理士、信託銀行など)をご指定することをお勧めします。
動物の活動に縁のある専門家を紹介することも可能です。
遺言書を作成する方法は?※2
遺贈寄付を行なうには、法的に不備のない遺言書である、「公正証書遺言(公証役場で公証人に作成してもらう遺言のこと)」が適しています。
また、遺留分にご配慮ください。遺留分については、こちらにわかりやすく書かれています。
専門家にご相談されることをお勧めします。
連絡先
電話:03-3770-0720
FAX:03-4540-4049
メールフォーム:こちらから
遺贈先名はなんと書けばよいの?

「特定非営利活動法人アニマルライツセンター」とお書き下さい。

現金以外のご寄付は?
まずはご相談ください。不動産・株式・美術品等などの現金以外の資産のご寄付については、基本的に遺言執行者が換価処分(換金)し、税金や諸経費を差し引いた後の金額をご寄付いただくようお願いしています。
動物の問題に効果のある株式や不動産については、運動のためにそのまま引き継がせていただくこともあります。

関連記事

ページ上部へ戻る