f0078320_14293109.jpg


f0078320_14300597.jpg


f0078320_14302352.jpg


f0078320_14302899.jpg


f0078320_14304494.jpg








B部屋 3頭



※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

先週レポートで
「人馴れも問題なく、どこを触っても嫌がるようなそぶりは
全く見られません。」

と紹介しましたが
抱きしめられたり、脇腹から下腹部にかけて触られるのは
あまり好きではなく、ヤダ!と軽く意思表示することはあります。

ドッグランで遊ばせたのですが
人の後をちょこまか付いてきて
その姿は大変愛らしかったです。

リードの引きも強くはなく、横について歩くのも
とても上手だと思います。

動画で紹介していますので
ぜひご覧ください。
f0078320_14443360.jpg

f0078320_14443925.jpg

f0078320_14444718.jpg

f0078320_14445649.jpg

f0078320_14450267.jpg

f0078320_14451262.jpg















※8/15よりレポートに登場 (8/14他抑留所より移送)
▽茶 メス 2歳程度 10-11キロ

少しシャイな子で、まだ緊張しているようでした。
綺麗好きなのかケージから出すとクルクル回って外で排泄していました。
ケージの中にいる時は終始落ち着いていました。

以下コメントのみ先週レポートより転載します。
↓↓↓
ケージの中でも大人しくしていて、
ドアを開けてあげても最初はその場にじっとして
上目遣いでこちらを見ていました。
ロープをかけて「出ておいで」と声をかけてあげても
なかなか外に出ようとしないので、
少し距離を取って呼んであげると自ら外に出てきました。
それでも外に出てくるとすぐに
そのままケージに戻ってしまいました。
人が何人もいたことに驚いたのか、景色が変わって驚いたのか
ケージから体が出たか出ないかという程度で
すぐに戻ってしまいました。

自分の意思で外には出てこれるので、
その後はケージに戻れないようにドアを閉めてみると
今度は排泄がしたいようで、いろいろな場所で何度もクルクル回り
少し時間はかかりましたが外でうんちをしていました。
ケージの中はとても綺麗で、部屋の中を汚したくない綺麗好きな子
なのだと思います。


抱っこをしてみようとしましたが、嫌がったので
今回は無理はしませんでした。
あまり人と目を合わせようとしなかったり、
ケージに戻すと緊張からかあくびをしたりしていたので
まだまだ環境に慣れていないようでした。
少し臆病ではありますが、時間と共に変化が見られそうな子なので
来週以降も様子を見てみたいと思います。


f0078320_14501181.jpg

f0078320_14501624.jpg

f0078320_14502283.jpg

f0078320_14503003.jpg







※8/22よりレポート登場 (8/14収容)
▽黒白 メス 4歳ぐらい 11-12キロ

先週のように、ただただ不安で
“ジッと小さく大人しくしている”ではなく
ケージの中から大きな声でヒャンヒャン鳴いていました。
ひと気を感じて余計に鳴いていましたので
外に出してほしいというよりは、人を呼んでいたのだと思います。

外に出すととたんに不安になるのか
匍匐前進で出てきてきました。

撫でられることは大好きなようでお腹を出して喜んでいました。
身体のどこでも撫でさせてくれます。

差し出したおやつは、すぐにパクつくことはなく
少し時間が経って慣れると食べることができました。
f0078320_14581528.jpg

f0078320_14582149.jpg

f0078320_14583203.jpg

f0078320_14583877.jpg

レポートは続きます。



" />

... TOPIX

8/29センターレポート B・C部屋 4頭

yumekoさんのレポートです。
加筆・修正しています。


譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




C部屋 1頭



※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 5歳ぐらい 10キロ前後


人懐っこく終始ニコニコとご機嫌でした。
精神的にも安定した感じを受けます。
すぐにでも家庭犬として再出発できそうな子です。

以下コメントのみ先週レポートより転載します。
↓↓↓
第一印象ではとても幼い感じに見えましたが
そこそこ年齢は重ねている子のようです。
ケージの中では他の子よりもかなり甲高い声で
私たちを呼んでいました。
ケージから出してあげると全く吠えることはなくなり、
とても甘えん坊のようで、かわるがわる皆に甘えていました。
人馴れも抜群です。おやつをあげても興味は示さず
とにかく人にくっついていたいようでした。
抱っこもすることができましたが、
それほど慣れてはいないようでした。



鼻のところにおできのようなものができていたのが
少し気になりました。
体格も小ぶりですので、女性でもコントロールし易いと
思います。集合住宅などでも飼育可能な大きさかと思います。
来週以降も様子を見てみようと思います。


f0078320_14291998.jpg



f0078320_14293109.jpg



f0078320_14300597.jpg



f0078320_14302352.jpg



f0078320_14302899.jpg



f0078320_14304494.jpg









B部屋 3頭



※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

先週レポートで
「人馴れも問題なく、どこを触っても嫌がるようなそぶりは
全く見られません。」

と紹介しましたが
抱きしめられたり、脇腹から下腹部にかけて触られるのは
あまり好きではなく、ヤダ!と軽く意思表示することはあります。

ドッグランで遊ばせたのですが
人の後をちょこまか付いてきて
その姿は大変愛らしかったです。

リードの引きも強くはなく、横について歩くのも
とても上手だと思います。

動画で紹介していますので
ぜひご覧ください。
f0078320_14443360.jpg


f0078320_14443925.jpg


f0078320_14444718.jpg


f0078320_14445649.jpg


f0078320_14450267.jpg


f0078320_14451262.jpg
















※8/15よりレポートに登場 (8/14他抑留所より移送)
▽茶 メス 2歳程度 10-11キロ

少しシャイな子で、まだ緊張しているようでした。
綺麗好きなのかケージから出すとクルクル回って外で排泄していました。
ケージの中にいる時は終始落ち着いていました。

以下コメントのみ先週レポートより転載します。
↓↓↓
ケージの中でも大人しくしていて、
ドアを開けてあげても最初はその場にじっとして
上目遣いでこちらを見ていました。
ロープをかけて「出ておいで」と声をかけてあげても
なかなか外に出ようとしないので、
少し距離を取って呼んであげると自ら外に出てきました。
それでも外に出てくるとすぐに
そのままケージに戻ってしまいました。
人が何人もいたことに驚いたのか、景色が変わって驚いたのか
ケージから体が出たか出ないかという程度で
すぐに戻ってしまいました。

自分の意思で外には出てこれるので、
その後はケージに戻れないようにドアを閉めてみると
今度は排泄がしたいようで、いろいろな場所で何度もクルクル回り
少し時間はかかりましたが外でうんちをしていました。
ケージの中はとても綺麗で、部屋の中を汚したくない綺麗好きな子
なのだと思います。


抱っこをしてみようとしましたが、嫌がったので
今回は無理はしませんでした。
あまり人と目を合わせようとしなかったり、
ケージに戻すと緊張からかあくびをしたりしていたので
まだまだ環境に慣れていないようでした。
少し臆病ではありますが、時間と共に変化が見られそうな子なので
来週以降も様子を見てみたいと思います。


f0078320_14501181.jpg


f0078320_14501624.jpg


f0078320_14502283.jpg


f0078320_14503003.jpg








※8/22よりレポート登場 (8/14収容)
▽黒白 メス 4歳ぐらい 11-12キロ

先週のように、ただただ不安で
“ジッと小さく大人しくしている”ではなく
ケージの中から大きな声でヒャンヒャン鳴いていました。
ひと気を感じて余計に鳴いていましたので
外に出してほしいというよりは、人を呼んでいたのだと思います。

外に出すととたんに不安になるのか
匍匐前進で出てきてきました。

撫でられることは大好きなようでお腹を出して喜んでいました。
身体のどこでも撫でさせてくれます。

差し出したおやつは、すぐにパクつくことはなく
少し時間が経って慣れると食べることができました。
f0078320_14581528.jpg


f0078320_14582149.jpg


f0078320_14583203.jpg


f0078320_14583877.jpg


レポートは続きます。



関連記事

ページ上部へ戻る