... TOPIX

10/10センターレポート 子犬舎    8頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




<2-8> 1頭

先週のレポートを掲載しましたので

詳しくはそちらをご覧ください。

f0078320_13215977.jpg


※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ

収容室、D部屋、別室、そしてこちら子犬舎へと
移動してきましたが、どの部屋でも同じ様子で
変わりありません。
ずっと壁に鼻を押し付けているスタイルで
この日も部屋の隅にいました。
「私のことを見ないで!」とでも言っているかのように
気配を消している姿を見ると切なくなります。
お顔を見るととても幼いのですが、
何度も出産したかのようなおっぱいをしています。
顔には無数の小さい傷があり、幼い子を守りながら
私たちの想像をはるかに超えた試練をくぐりぬけて
きたのかと思うと、今まで頑張った分、この子には
絶対に幸せになってもらいたいと願わずにはいられません。
f0078320_19391972.jpg


f0078320_19394999.jpg


f0078320_19401920.jpg


なかなか顔をあげてくれないので
手で顔を持ちあげて撮影をしたのですが、
一切抵抗することも攻撃することもなくじっとしていました。
また、細長いおやつをこの子の口に無理やり差し込むと
最初は全く反応しなかったのですが、
しばらくすると少し口を動かしてゆっくりと食べてくれました。
人の暖かさと優しさを知って、心を開いてくれる瞬間を
一緒に迎えてくださる方はいらっしゃいませんか。

f0078320_19412341.jpg



f0078320_19415228.jpg



f0078320_19440120.jpg







<2-7> 2頭

☆ライアン

※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス(去勢済) 1歳ぐらい 12.85キロ
(現在はもう少し体重があると思います。
大きさは同室の黒い子とほとんど変わりません。)

こちらの部屋に来てから、ぐんと人慣れが進んだライアンくんです。
同室の男の子とも上手くやっているようで
争いになるような様子も見られません。

若い子だけあって、好奇心も旺盛そうです。

全身、ツンと尖ったワイヤーらしい被毛は
黄金に輝いてとても目を引く子です。

こちらから触ろうとすると
器用にひょいひょいと避けますが
自分からは結構近くまで来て
鼻を押し付けて匂いを嗅いだりします。

恐らくは家庭に入っていろんな経験を積めば
新たな事への恐怖心よりも好奇心の方が勝って
馴染むのにそう時間を要さないように感じます。


f0078320_13305394.jpg




f0078320_13245087.jpg


f0078320_13245962.jpg


f0078320_13250946.jpg


f0078320_13251567.jpg


f0078320_13251919.jpg







※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

この部屋の中では一番人への警戒心が少ない子です。
人の声が良く届き、お座りなどは瞬く間に覚えました。
一見、何も問題ないように見えますが
人とのコミュニケーションにはあまり慣れておらず
何もしなければいつまでも人のそばにいますが
手を伸ばすと、そこは器用に避けてしまいます。
まずは触れられても害はないこと

撫でさせてくれた後にはご褒美などの良いことがあると
無理のない範囲で教えて行きたいと思います。
f0078320_13283552.jpg


f0078320_13284113.jpg


f0078320_13284730.jpg


f0078320_13285506.jpg


f0078320_13300878.jpg





<2-6> 2頭

※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

同室の子がバタバタと落ち着きなく走り回るので
少し影響を受けてしまったところがあり
この子も落ち着くまであっちウロウロ
こっちウロウロとするようになっていました。

時々立ち止まって、興味深げに鼻をヒクヒク、匂いを嗅いで
興味はかなりありそうです。
私たちも壁に寄りかかって知らん顔していたところ
次第に落ち着いて、いったん落ち着いてしまえば
差し出したおやつを手から食べていました。

人は見慣れていますし、友好的ですが
コミュニケーションは取り慣れてておらず
手を器用に避けるところがあります。
f0078320_13364637.jpg


f0078320_13365156.jpg


f0078320_13365890.jpg


f0078320_13370359.jpg


f0078320_13371139.jpg





※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 6-7ヵ月(10/3修正) 9-10キロぐらい(10/3修正)

扉を開けただけで、たとえ近づかなくても
落ち着きなくウロウロと走り回っていました。

落ち着いて良く見てみると、同室の鼻黒の男の子の後を
しきりにくっ付いて走っているのが分かりました。
鼻黒の子の後ろに隠れるようにしながらこちらを見ていました。
捕獲される前は、群れで行動していたのでしょうか。

これだけ他の犬を頼りにする子なので
犬にも人にもフレンドリーな先住のいるお家に迎えていただければ
良い影響を受けるようになると思います。

f0078320_13412210.jpg


f0078320_13415426.jpg


f0078320_13421516.jpg


f0078320_13422818.jpg


f0078320_13423395.jpg


f0078320_13424046.jpg


f0078320_13424844.jpg


f0078320_13425382.jpg




<2-5> 3頭

※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 9-10ヵ月(10/3修正) 12-3キロ 
センターに来て3ヶ月半ほど経ち
幼かった顔立ちも、精悍な青年の顔になりつつあります。

手を出さなければ、ものすごくそばに行っても
唸ったりせずに、背中を向けていれば匂いを嗅ぐような様子も見せます。

前回は落ち着きなく歩き回っていたようですが
この日は1、2回部屋の外に出ただけで
あとはこぼれそうな大きな瞳でジッと顔を見ていいることが多かったです。

この場所でこのまま成長すればするほど
家庭での通常の暮らしに馴染むまでの時間が長くなると思いますので
適切な対応ができる方の元で暮らせる日が来ることを祈っています。
f0078320_14082842.jpg


f0078320_14083492.jpg




※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 8-9ヵ月  9-10キロ(10/3修正)

落ち着きなく動きまわるので、かなりビビリっ子なのかと思いきや
良く行動を見ていると、この子が一番好奇心が強いことがわかります。
座って明後日の方向を見ていると
私たちの足先をスンスン匂いを嗅いでいました。

立っているメンバーも背を向けて知らん顔していたら
足元でビビりションでない、本気オシッコをしていました。
ビビリなのか、大胆なのか行動が面白い子です。

同室のビビリちゃん達に影響を受けているところがあり
すばしっこく走り回るので、怖がりな子とだけ目に写りがちですが
この子も、フレンドリーな先住犬いるお家であれば
良い影響を受けて、好奇心の芽がもっと育つと思います。

好奇心の芽が育ち始めた今が
この子が変わるチャンスともいえると思います。
f0078320_14133655.jpg


f0078320_14134130.jpg


f0078320_14144294.jpg


f0078320_14144862.jpg


f0078320_14135182.jpg


f0078320_14134685.jpg


f0078320_14135729.jpg






※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 10-11ヶ月(10/3更新) 9-10キロ

この日もほぼ無抵抗で抱っこをさせてくれた壁登りくんです。
と、言ってもこの日は壁に登るタイミングを失ったので
壁の花となっていました。
抱き上げてから、しばらくそのままいて
心臓に手を当ててみると、特に心拍が上がっている感じでもなく
ジッとしてれば解放してくれると知っているようです。

もしセンターを出る日が来て
病院などで、診察の一環で抱き上げられたとしても
この行為に慣れたこの子は
これから必要以上に怯えなくて済むと思います。

野良の子犬が人の手に触れられることを知らないままに
ここまで成長していたら、抵抗もかなり強くなっていただろうと思います。
f0078320_14165336.jpg


f0078320_14165945.jpg


f0078320_14170544.jpg


f0078320_14171248.jpg


f0078320_14183011.jpg



膝の上でも力が抜けていて
震えもせず、ビビりションも出ませんでした。
この子の成長がとても嬉しいです。
そしてこれからの成長もとても楽しみです。




レポートは続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る