... TOPIX

11/7センターレポート 収容室①②③  9頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





【収容室①】1頭


※10/31よりレポート登場 (10/19収容)
▽テリア雑 オス 6歳ぐらい 8-9キロ


先週はまだ収容されて間もなかったのもあってか
落ち着いていたようでしたが、
この日はこの子本来の元気の良さが現れていました。
それでもかちゃかちゃしているというほどではなく、
人に構ってもらうのが嬉しくて仕方がないといった様子で
とても人懐こい子だというのがよくわかりました。
見た目はほぼジャックラッセルかと思うような風貌で
小柄ですし、一緒に暮らしやすそうな子だと思います。
抱っこも嬉しそうにおとなしく抱かれていました。
f0078320_12092560.jpg
f0078320_12093819.jpg
f0078320_12100290.jpg
f0078320_12094769.jpg
お手とおかわりも上手にでき、
きっと以前はかわいがられて、いろいろなことを
教えてもらっていたのだろうなと思います。
しっかりとこちらの様子も伺っていますし、
指示も入り易そうな子だと思います。
血尿の症状が出ているとのことですので、
一日も早く個別にケアしてあげたい子です。
シニア期にさしかかっているかなぐらいの子ですし、
今度こそ最期まで一緒に暮らしてくださる
本当のご家族に巡り会えますように。
f0078320_12124569.jpg
f0078320_12130878.jpg
f0078320_12132420.jpg
↓↓先週レポートより
f0078320_12142138.jpg






【収容室②】4頭


※11/7レポート初登場(10/30収容)
▽白柴? オス 4歳ぐらい 10-11キロ

落ち着きもあり、体格も適正だと思われる男の子です。
触られることにも全く抵抗はなく、撫でられることは
大好きなようでした。
おやつを見せるとお座りすることもできて
間違いなく飼われていた子だと思われます。
おやつの受け取り方もとても優しく、
歯が当たらないようにそっと食べてくれました。
撫でていると自分から身をゆだねてきて
甘えん坊さんなのだと思います。
f0078320_12221158.jpg
f0078320_12222435.jpg
f0078320_12223805.jpg
f0078320_12224901.jpg
f0078320_12230415.jpg
正面から見ていると全くわかりませんが、
お尻の肛門の辺りから後足の内股にかけて
脱毛して皮膚が黒ずんでいます。
また、睾丸の上が腫れていて、触ると嫌がっており
少し熱を持った感じがしました。
抱っこもおとなしくさせてくれましたが、
あまりされたことはないのかもしれません。
とても穏やかな子ですので、
すぐに家庭に入っても普通に馴染むことができそうです。
f0078320_12272488.jpg
f0078320_12273483.jpg
f0078320_12274645.jpg
f0078320_12280607.jpg



※11/7レポート初登場(10/27収容)
▽茶 オス 6歳くらい 9-10キロ

ケージの中でも「出して!出して!」と
元気良く吠えていました。
ケージから外に出してあげると嬉しくて
はしゃぎ回っていました。
元気よく動き回って落ち着きがありませんでしたが、
カメラを向けると途端にお座りして
ちょっと首をかしげながら「おやつまだ?」
と言っているかのようなお顔をしてこちらを見つめていました。
人馴れは全く問題なく、構って欲しくてたまらないようです。
f0078320_12334560.jpg
f0078320_12335406.jpg
f0078320_12340594.jpg
f0078320_12342562.jpg
マズルがとても長く、ハウンド系の血が混ざっているような
印象を受けました。
でもそれほど足も長いわけでもなく、いろいろな血が混ざって
まさにオンリーワンと呼べる子だと思います。
落ち着きなく動き回っているわりには
抱っこするとおとなしく抱かれていて
抱っこされていた経験があるかのようでした。
ただ、とても痩せていて、体格の割にはかなり軽いので
体格からすると適正体重は12-13キロぐらいではないかと
思います。
放浪期間が長かったのか、飼われていた家であまり食べられて
いなかったのかわかりませんが、
栄養のある食事をさせて、もっと太らせてあげたいです。
f0078320_13203054.jpg
f0078320_13212276.jpg
f0078320_13215274.jpg



※11/7レポート初登場(10/26収容)
▽黒灰 メス(不妊手術済か?) 7-8歳 14キロぐらい

見た目は四国犬風で、毛質は北海道犬や秋田犬のような
寒冷地にいる犬種のようなしっかりしたダブルコートの
女の子です。
すでにシニア期にさしかかっているようでもあり、
落ち着きもあります。
背中を撫でてあげる分には嫌がらないのですが、
抱き上げようと少し脇の下やお腹部分を触ろうとすると
はっきりとイヤだと意思表示してくるので
抱っこすることはできませんでした。
f0078320_13303698.jpg
f0078320_13311158.jpg
f0078320_13314036.jpg
f0078320_13322114.jpg
落ち着きもある子なのですが、止まっていてもキョロキョロして
なかなか動きが止まらないため、写真がボケボケになってしまいました。
目をよく見なかったのですが、おやつをあげる時に
人の指をおやつと間違えてパクっとしてしまうことが
何度もありましたので、目があまりよく見えていないのかも
しれません。
手のひらにのせたおやつも、距離感がわからないようで
手まで一緒にガブっとしてしまうような様子も見られました。
ケージの外に出ている時に、他のケージを覗いたりも
していましたが、怒るような様子は見られず他犬との相性は
問題ないかもしれません。
来週以降ももう少し様子を見てみたいと思います。
f0078320_13371582.jpg
f0078320_13374803.jpg
f0078320_13382228.jpg



※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-13キロ

この日久しぶりにこの子に会いましたが、
ロープをかけるのにも時間がかからず
かけてあげると自分の意思で外に出てくることが
できました。
その後すぐに狭い隙間に逃げ込もうとするのは
相変わらずでしたが、それも制してやめさせて
「一緒にいれば怖くないから大丈夫だよ」と体を引き寄せると
すぐに大人しく隣に座ってくれました。
もれなくビビリうんは出てしまいましたが、
以前に比べれば落ち着くまでの時間はかなり短くなり
何より自分の意思で外に出てこられるようになったことは
かなりの進歩だと思いました。
家庭に入って毎日人と一緒に生活していく中で
人が怖いものではない、優しいんだと学習していってくれると
思いますので、一日も早くそういう環境に入れてあげたいと
願わずにはいられません。
f0078320_13450750.jpg
f0078320_13453915.jpg
f0078320_13460938.jpg
f0078320_13464060.jpg
f0078320_13540007.jpg
f0078320_13551318.jpg






【収容室③】4頭


※11/7レポート初登場(10/26収容)
▽茶 ラブ風MIX メス 7-8歳 16-7キロ

とても甘えん坊な女の子です。
元気一杯に目一杯甘えてくっついてきますが
すでにシニアの域に入っているようです。
見た目だけではそれほど歳をとっているようには見えませんが
歯を見るとかなり汚れていました。
体格は大きいのですが、抱っこも問題なく
させてくれました。
おやつを見せてもあまり気にしている様子もなく、
人に撫でられている方が嬉しいといった感じでした。
f0078320_23571682.jpg
f0078320_23575333.jpg
f0078320_23582869.jpg
f0078320_23590489.jpg
見た目はラブ風ですが、恐らく純粋なラブではなさそうで
この子も雑種だと思います。
上手に甘えてくる姿は、本当にかわいかったです。
これだけ人を完全に信頼して接してくるのですから
以前は間違いなくかわいがってもらっていたのでは
ないでしょうか。
シニアになるまでの期間一緒に暮らしてきたのに
なぜ飼い主と離れ離れにならなければいけなかったのでしょう。
なぜこの子がここにいるのかはわかりませんが、
こんなにかわいい子の手を放してしまうなど
考えられないことです。
今度こそ本物の家族との縁が見つかりますように。
f0078320_00060417.jpg
f0078320_00063400.jpg
f0078320_00070477.jpg
f0078320_00073715.jpg
この撮影の後、A部屋に移動になりました。 




※10/31よりレポート登場 (10/20収容)
▽柴 オス 6-7歳 9キロぐらい

とても明るく元気な男の子です。
人馴れは抜群で、撫でてもらったり構ってもらうことが
とても嬉しそうで、ずっと笑顔を見せてくれていました。
先週は抱っこさせてくれたようですが、
この日は少し環境に馴れてきて我が少し出てきたのか
抱っこはさせてくれたものの、すぐに「降ろせ~!」と
バタバタしたので無理しませんでした。
それでもお口が出るようなことはありませんでした。
f0078320_00153446.jpg
f0078320_00162008.jpg
f0078320_00164903.jpg
f0078320_00180530.jpg
撫でられたり構われたりすることは嬉しいようですが、
抱っこしたり、体をギュっと抱きしめたりといった
体を拘束されることは苦手なようです。
小ぶりな柴なので、集合住宅などでも飼育可能な
大きさなのではないかと思います。
しっかりとアイコンタクトも取れる子ですので
躾もはいりやすそうな感じがします。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_00292265.jpg
f0078320_00301766.jpg
f0078320_00304767.jpg
f0078320_00313174.jpg



※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ

先週ドッグランに出してもらったことを覚えているのか、
しきりに入口に向かって行こうとしていました。
おやつを見せても、それよりもお外に行きたいという
気持ちが先に立っているようで、全く興味を示さず
「お外に行きたいんだって~~!!」となんとも言えない声で
何度もキュンキュン鳴いていました。
聞いているこちらが切なくなってしまいました。
やはりどの子も外に出ることが楽しみなのだと思います。
f0078320_00423324.jpg
f0078320_00430298.jpg
f0078320_00442371.jpg
f0078320_00445335.jpg
あまりにも外への興味が失われないので、
ごめんね、今日はお外に連れていってあげられないの
と何度も声をかけながら体をしっかり抱きしめてあげると
少々不満ながらも少し落ち着いてくれました。
写真を見るとやっぱり本当に不服そうなお顔をしていて
申し訳ない気持ちで一杯になりました。
先週のレポートによると、筋力の衰えを感じるような
歩き方をしていたとのことですので、
もっと時間を作ってお散歩させてあげられたらと
思わずにはいられません。
f0078320_00541622.jpg
f0078320_00542851.jpg
f0078320_00543895.jpg
f0078320_00544874.jpg



※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-12キロ

初めてレポートで紹介した時には
ロープをかけるときにも唸り、外す時には威嚇してきた子
でしたが、今では全くそういった行動は見られません。
まだ何をされているのかわからず怖くてたまらなかった
のだと思います。
この日は順番が回ってくるまで
特徴のあるかすれた甲高い声で「早く出せよ~」と
しきりに吠えていました。
ロープをかけるとスタスタと自分から外に出てきて
少し戸惑った表情をしたままウロウロしだしました。
f0078320_01164315.jpg
f0078320_01165709.jpg
f0078320_01171196.jpg
f0078320_01173454.jpg
不安そうな顔をしていましたが、
ゆっくり体を触ってあげると、最初は嫌がっていましたが
段々と落ち着いてきて、体を撫でても落ち着いてきました。
まだこちらが急な動きをすると怖いようなので
ゆっくり時間をかけてあげれば大丈夫なようです。
何よりおやつが大好きなので、おやつを見せると
自分から寄って来ることができます。
まだまだ不安な気持ちで一杯なようではありますが、
こちらも落ち着いてゆっくり接してあげれば
少しずつ人の手が怖いものではないと理解してくれると
思います。
f0078320_01260842.jpg
f0078320_01261988.jpg
f0078320_01262825.jpg
f0078320_01263780.jpg



レポートは以上です。



関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る