... TOPIX

「猫多頭崩壊の飼い主。虐待容疑で書類送検~北海道」

北海道登別市
地獄谷で有名な温泉街がある街です。

noboribetsu-jigokudani-2.jpg
↑写真出展元:登別観光協会 https://goo.gl/k7QBeh

地獄谷は自然湧出量が一日一万トン(ドラム缶約50,000本)で
泉質の種類が豊富なことから「温泉のデパート」と呼ばれています。

そんな登別市のとある場所で10年前から
猫数匹を飼い、不妊手術をせずに飼っていたので
当然ながら猫が増えてしまったそうです。

ところが猫の頭数は15~20匹と
意外と少ないと思っていたところ
白骨化した猫の頭蓋骨が5体あったそうです。

おそらく実際にはもっとあったと思います。

餓死?病死?
そんな事はわかりませんが責任の持てない命を
増やし続けた事は確かです。

今回は警察も動物愛護管理法の虐待容疑で
書類送検しました。
多頭崩壊現場は飼い主が飼いきれなくなって
放置する場合が多いです。
以前から多頭崩壊虐待に当たると思っていました。

これからも今回のような摘発を行って頂きたいと思います。
でなければ多頭崩壊もなくなる事はないでしょう。



《スポンサード リンク》



--------------記事転載ここから-----------------

【登別】
飼い主の能力を超えて繁殖し続ける「多頭飼育崩壊」で
飼い猫の世話を怠ったとして、室蘭署は14日
動物愛護法違反(動物虐待)の疑いで、
登別市内の50代女性を書類送検した。

 送検容疑は10月10日、
登別市内に借りていた一軒家で、
猫の死体やふん尿が放置された環境下で自ら所有する
猫9匹を飼っていた疑い。

同署によると、室内からは猫の白骨化した頭蓋骨5体が見つかった。
生きた猫は胆振総合振興局に引き取られた。

 同署などによると、女性は2007年ごろ数匹の猫を飼い始めたが
去勢手術を施さなかったため、数年で15~20匹に増えた。

今年7月には借家契約を保ったまま別の家に引っ越し
3日に1度餌をやりに来ていたが、9月末を最後に来ていなかったという。
女性は「猫が増え続けてしつけができなくなり、ふん尿をどこにでもするので
家にいるのを避けるようになった」と供述しているという。

--------------記事転載ここまで-------------------


記事元:北海道新聞
「増えた猫放置し引っ越し 虐待容疑で登別の女性書類送検」
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/145061



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


保護活動ランキング


捨て犬・保護犬ランキング


関連記事

ページ上部へ戻る