... TOPIX

東京五輪 アニマルウェルフェアに関する報道まとめ

東京五輪の選手村や会場で使用される畜産物、アニマルウェルフェアのレベルが下がることがメディアでも指摘されています。中にははっきりと課題であることや、不充分であることを指摘するものもあります。
行政、オリンピック委員会は、現在までの所、とくになにも対応をする動きはありません。

しかし、このままで本当に良いのでしょうか。
東洋経済オンラインの中で細川教授が指摘しているように、世界から取り残されている日本の畜産業にとっても好機を自ら放棄している状態にあります。いずれ世界や賢い消費者は気が付きます。日本政府が言葉の上で掲げている”アニマルウェルフェア”が、世界レベルにはまったく遠くおよばないことに。ハリボテであることに。

2018年01月11日 Japan Times Olympic athletes unlikely to eat free-range eggs in 2020, if Japan’s farmers have their way

日本のアニマルウェルフェアの遅れを指摘する記事。アニマルウェルフェアに取り組んで入るものの、そのレベルが低く、東京五輪で提供される畜産物のアニマルウェルフェアレベルが下がることを英語で報じました。
https://www.japantimes.co.jp/news/2018/01/11/national/olympic-athletes-unlikely-eat-free-range-eggs-2020-japans-farmers-way/#.WlzFAK5l_A8

2017年12月8日 朝日新聞 畜産、日本も「動物福祉」 五輪の食材条件に明記され広がる

動物福祉に関する記事のなかで、東京五輪について言及されています。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13264274.html

2017年12月06日 東洋経済 小泉進次郎が憂慮した東京五輪のおもてなし

農水省がこの東京五輪に向けて作成した畜産JGAPとは?その評価は?欧米では?
世界のアニマルウェルフェアに追いつくためのせっかくの好機であるにも関わらず、現状のままではいけないのではないかと警鐘を鳴らしています。
「事業者をおもんぱかるあまりに改革の機会を逃し、社会の趨勢に遅れれば、むしろ産業は衰退する。遅すぎる決断にならないために対策を進めるべきだろう。」
http://toyokeizai.net/articles/-/197890

2017年11月7日 ALTERNET The 2020 Tokyo Olympics Committee Is Turning a Blind Eye to Animal Welfare Violations in Japan

ALTERNET東京五輪で調達される畜産物のアニマルウェルフェアの低さを指摘しています。
https://www.alternet.org/animal-rights/2020-tokyo-olympics-committee-turning-blind-eye-animal-welfare-violations-japan

2017年11月13日 Poultry World Japanese poultry industry comes under scrutiny

世界の家禽の業界紙 Poultry Worldが、日本の養鶏が動物保護団体により監視されていることを報じました。アニマルライツセンターのキャンペーンの内容に言及しています。
http://www.poultryworld.net/Health/Articles/2017/11/Japanese-poultry-industry-comes-under-scrutiny-211119E/

2016年11月18日 47NEWS オリンピックのレガシーって?

オリンピックのレガシーのあり方について報じています。

2017年7月27日 NHK 所さん!大変ですよ「台所に異変!?お肉をめぐる大騒動」

アニマルウェルフェアを取り入れた日本とイタリアの畜産を紹介。

2017年4月8日 時事通信 家畜の「飼育環境」重視=欧米で関心、東京五輪の食材基準に

時事通信がヨーロッパのアニマルウェルフェアの盛り上がりについてと、日本での取り組みがようやく始まってきたことを報じました。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017040800462&g=eco

2016年11月24日 NHK「食で支える東京五輪」(くらし☆解説)

NHKのくらし☆解説の中で、解説員が東京五輪の食材調達の難しさ、なかでも畜産動物のアニマルウェルフェアが課題となっていることを伝えました。
「大変なのは畜産です。畜産の分野では動物にとっても快適な飼育環境の確保が求められているのです。」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/257631.html


関連記事

ページ上部へ戻る