ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

魚や甲殻類の動物福祉に関する、各国の法規制・ガイドライン・企業の取り組みなど

OIE(世界動物保健機関)

水生動物衛生規約のなかで、福祉的な養殖魚の輸送方法と殺し方を規定しています。
水生動物衛生規約「養殖魚の輸送時の動物福祉」(CHAPTER 7.2.WELFARE OF FARMED FISH DURING TRANSPORT)のなかでは畜産会社や運送会社は、輸送に携わる人員に魚の福祉の訓練を提供する必要があること、輸送中に魚を殺さなければならない緊急時に備えて、人道的に殺すための緊急時計画を立てること、積み込みの際に魚に怪我をさせたり不要なストレスを与えないために取り組むべき課題などについて記載されています。
水生動物衛生規約「疾病予防目的での養殖魚の殺処分」(CHAPTER 7.4.KILLING OF FARMED FISH FOR DISEASE CONTROL PURPOSES)、同規約「消費目的のための養殖魚の屠殺福祉」(CHAPTER 7.3.WELFARE ASPECTS OF STUNNING AND KILLING OF FARMED FISH FOR HUMAN CONSUMPTION)では人道的な殺し方について記載されています。

EU

リスボン条約
2008 年のリスボン条約(2009 年12月1日に発効)では,EU機能条約に動物福祉が追加され、その対象となる分野には漁業も追加されています。つまりEUの加盟国は魚の福祉に配慮しなければならないことがEU間の条約には明記されています。
第 13 条
農業,漁業,運輸,域内市場,研究,工業技術開発,宇宙に関する連合の政策形成および実施に際して,連合および加盟国は,動物は感受性のある生命存在であるから,動物の福祉上の要件に十分配慮する。その際,とりわけ宗教儀式,文化的伝統および地域遺産にかかわる,加盟国の法的または行政上の措置と慣例を尊重する。

EU機能条約13条参照:THE TREATY ON THE FUNCTIONING OF THE EUROPEAN UNION

EU指令
畜産動物の保護に関する理事会指令(concerning the protection of animals kept for farming purposes
本指令は子牛・鶏・豚以外の畜産動物(アヒル、毛皮用動物、魚など)を対象としており「病気または怪我をしていると思われる動物は、遅滞なく適切に治療しなければならない」「動物が継続的に閉じ込められている場合は、科学的知識に従って、生態学的必要性に適した空間を与えなければならない」などと基本的な要件が定められています。
輸送時と殺害時の理事会指令
輸送時の動物保護指令(on the protection of animals during transport and related operations and amending Directives)は魚は対象にしていますが、殺害時の動物保護指令(on the protection of animals at the time of killing)については3条の1のみが魚に適用されます。
3条1
動物は、殺害時とそれにかかわる作業の間、回避可能な痛みやストレス、ケガからのがれられるべきである。

2017年欧州委員会報告書「養殖魚の福祉」(Welfare of farmed fish
Common practices during transport and at slaughter : executive summary

2017年11月17日に欧州委員会は主要な養殖魚5種の動物福祉についてヨーロッパ11か国で調査を行った報告書を発表。同報告書にはOIEの基準の遵守状況について報告されており、輸送の基準については、大西洋サケ、ニジマス、ヨーロピアンシーバス、ヨーロッパヘダイについてはかなり達成されているが、コイについてはいくつかの問題が確認されているとなっています。屠殺の基準については、大西洋サケの場合はいくつかの例外を除いて基準が達成されているがコイとニジマスについては使用方法によって達成度が異なるとしています。そしてヨーロピアンシーバスとヨーロッパヘダイについては氷の上で窒息死させるという方法が一般的に行われており、屠殺基準は達成されていないと報告されています。

ニュージーランド

動物福祉法(Animal Welfare Act 1999 Public Act 1999 No 142)の対象動物に、魚や甲殻類、イカ、タコが含まれています。

ノルウェー

動物福祉法(Norwegian Animal Welfare Act)の対象動物に、魚や甲殻類、イカ、タコが含まれています。漁業については「適切な動物福祉基準を満たすような方法で実施されなければならない」とされています。

オーストラリア

ニューサウスウェールズ州のガイドライン「甲殻類の人道的な殺し方」(Humane harvesting of fish and crustaceans)では、すべての甲殻類は、煮沸、焼く、刻み目を付ける、または切断するなどの痛みを与える処置の前に、最低20分間塩水/氷スラリーに浸すべきだとされています。
ビクトリア州では1996年以降、動物虐待法に魚類と甲殻類を含んでいますし、同様の法律がノーザン・テリトリー準州にも適用されています。
参照

ローマ(イタリアの首都)

球状の金魚鉢の使用を禁止する条例がイタリアの首都ローマで可決。
ローマの日刊紙Il Messaggeroは丸いボウルの中では魚が失明してしまうと報告、また魚の専門家は、ボウルでは十分な酸素を供給できないと言っている。細則では、金魚やその他の動物を賞品として贈ることも禁止されています。
Rome bans 'cruel' goldfish bowls CBC News · October 27, 2005

レッジョ・エミリア(イタリアの都市)

2004年 不必要な苦しみを引き起こしているとの理由で、ロブスターを生きたまま煮沸した場合495ユーロの罰金が科せられる条例が採択されました。
Italian animal rights law puts lobster off the menu

スイス

キャッチ&リリース(釣った魚を川などに戻す)を基本的に禁止
これはスイスの動物福祉法が、正当な理由がない限り動物を傷つけることを禁止しているからです(Art. 4 Abs. 2 TSchG)。(食べるための釣りは禁止されていません)
しかし一定の条件を満たすことができればキャッチ&リリースはできるとしています。たとえば、リリースする魚が生き残ることができる状況であることや、外来種ではないことなどです。出血などしてリリースしても生き残ることが紺なんだと考えられるときはリリースすることはできません。
Vollzugshilfe Angelfischerei(Bundesamt für Umwelt BAFU)

ロブスターを生きたまま煮沸することを禁止
2017年1月 スイス政府は、ロブスターがまだ生きている場合、調理のために熱湯に入れることを禁じる新たな法律を成立させた。2017年3月から発効する。 新法は、ロブスターは痛みを感じる可能性がある高度な神経系を保持しているとする研究結果を踏まえたものとなっている。
生きたロブスターの煮沸を禁止、「痛み対策」 スイス新法(CNN)2018.01.13 Sat posted at 17:25 JST

イギリス

テスコは、すべての甲殻類を屠殺する前にCrustastun*で電気的に気絶させておく必要があります。テスコでは養殖魚の動物福祉基準を作成*1しています。 ウェイトローズはヨーロッパイチョウカニとロブスターを気絶させます.
ウェイトローズもまた魚の動物福祉基準を作成しており、養殖されたサーモン、ニジマス、ブラウンマス、オヒョウはすべて屠殺前に気絶してなければならないとしています。養殖魚の輸送時間や飼育密度基準も公開しています*2
Locanda LocatelliやQuo Vadisなどのレストランでは、Crustastunの使用を約束しています*3。
*Crustastunとは、カニやロブスター、ザリガニなどを感電致死させる器具。
参照:http://www.crustastun.com/downloads.html

日本

動物愛護管理法の基本原則の部分のみ、人の管理下にある魚にも適用されます。

(基本原則)
第二条 動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。
2 何人も、動物を取り扱う場合には、その飼養又は保管の目的の達成に支障を及ぼさない範囲で、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、習性等を考慮した飼養又は保管を行うための環境の確保を行わなければならない。

しかしあくまで基本原則の部分だけであって、実際には魚や甲殻類は動物取扱業の対象からも、罰則対象からも外されています。また具体的なガイドラインも存在しないため
国内では実質魚や甲殻類の福祉を担保できる法令はない状況です。そのため、意識のある状態の伊勢海老を真っ二つにしたり蒸したり焼いたりするといったことは一般的に行われていますし、魚の活造りもいまだ行われています。

2009年から2012年にかけて策定されたOIEの基準も、国内では周知どころか翻訳さえ公開されていない状況です。


*1 Welfare standards for farmed fish
https://www.tescoplc.com/assets/files/cms/Welfare_standards_for_farmed_fish_082015.pdf
*2 Animal welfare at Waitrose
http://www.waitrose.com/home/inspiration/about_waitrose/the_waitrose_way/waitrose_animal_welfarecommitments.html
*3 Fish: The Forgotten Farm Animal by LEWIS BOLLARD January 18, 2018
https://www.openphilanthropy.org/blog/fish-forgotten-farm-animal

参照サイト
CRABS, LOBSTERS AND UK ANIMAL WELFARE LAW
https://www.crustaceancompassion.org.uk/the-problem

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る