... TOPIX

1/30センターレポート 旧子犬舎   9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


※写真は最新のものですが、コメントは一部前回レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<1-1>2頭

f0078320_00141656.jpg
※1/30レポート初登場(1/11収容)
▽茶長毛 オス 1歳ぐらい 12-13キロ

かつてこの小部屋にいたカブ壱・カブ二郎に続いて
かわいい兄弟が収容されていました。
こちらの2頭は収容場所も同じで、顔つきもそっくりですので
おそらく血縁関係があると思われます。
どちらもとても人馴れ抜群で、
特にこちらの子は人が大好きなようで
嬉しくて飛びついてくるような子です。
少しぽっちゃり体型ではありますが、それもご愛嬌です。
部屋をあけてあげると嬉しそうにはしゃぎ回る姿は
やはりまだまだ幼いのだなと思いました。
抱っこはあまり馴れていないのか、もしくはあまり好きではないのか
あまりおとなしく抱っこされていませんでした。
とにかく人と遊びたい!という気持ちがひしひしと
伝わってくるような子です。
一日も早く大好きな人と一緒に暮らせる日がやってきますように。
f0078320_00165614.jpg
f0078320_00170965.jpg
f0078320_00171939.jpg
f0078320_00173475.jpg
f0078320_00174363.jpg
f0078320_00175393.jpg
f0078320_00180112.jpg
f0078320_00181036.jpg



※1/30レポート初登場(1/11収容)
▽薄茶長毛 オス 1歳ぐらい 10-11キロ

同室の子と同郷と思われますが、
こちらの子の方が落ち着きもあり、穏やかな雰囲気のある子です。
甘え方も同室の子は飛びついてくるような勢いですが
この子は静かに近づいてきてそっと寄り添うような子です。
兄弟だとしても大分性格は違うように思います。
体の大きさもほとんど同じぐらいなのですが、
抱っこしてみるとこの子の方が軽かったです。
抱っこもおとなしくされていて、
見た目も女の子のような優しい風貌です。
少しテリア系の血が入っているような感じですが
毛質はふわふわでとても柔らかかったです。
まだこれから変化も見られるかもしれませんので
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_00203532.jpg
f0078320_00204610.jpg
f0078320_00205410.jpg
f0078320_00210521.jpg
f0078320_00213181.jpg
f0078320_00211770.jpg
f0078320_00214639.jpg
f0078320_00213823.jpg





<1-2>3頭

※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5- 6キロ強?(10/24訂正)

小さな体で本当にすばしっこく逃げ回ります。
同室に大きな子がいなくなってからは
隠れる場所がなく、私たちが部屋に入ると
私たちの動きを見ながら素早く逃げ回ります。
相当人が怖い存在なのかと思いきや、
あちこち逃げ回りながら、他の子を撮影していた私の靴の上に
ぺたっと座り込んでしまったりしていて
思わず笑ってしまいました。


あれだけ必死に逃げ回っていたのに
注目されていないので安全だと思ったのでしょうか。
時間がたつと大分落ち着いてきたので
ゆっくり近づき体を撫でることができました。
緊張で一杯のお顔になっていましたが、
お口が出ることもありませんでした。
この子は他の子に影響されることもあまりないようなので
一頭で向き合った方がいいのかもしれません。
f0078320_00244208.jpg
f0078320_00245313.jpg
f0078320_00250461.jpg
f0078320_00251397.jpg
f0078320_00252210.jpg



※12/5よりレポートに登場(12/4他抑留所より移送)
▽薄茶白 オス 1-2歳 8-10キロ(痩せ気味)

収容当初は壁に鼻をおしつけて気配を消していましたが
今ではしっかりと顔をあげてこちらを見ることができます。
とても儚げな表情をしていて、
思わず守ってあげたくなるような子です。
優しい顔立ちはまるで女の子かと思うほどです。
綺麗な細くて長い毛に覆われている姿は
綺麗にシャンプーすれば、とても人目を惹く子だと
思います。


見た目と同様に優しい子のようで
体に触れても緊張して固まるだけで
お口が出るようなこともありません。
不安そうな表情もまたかわいく思えてしまいます。
手から直接おやつを食べることはできませんでしたが
猜疑心一杯の顔でこちらを見ているのではなく、
どうしたらいいの??という表情ですので
なるべく触れ合う時間を取ってあげるようにしたら
人への不安感も払拭されていきそうな気がしました。
f0078320_00263900.jpg
f0078320_00264998.jpg
f0078320_00265815.jpg
f0078320_00271276.jpg
f0078320_00272811.jpg
f0078320_00272010.jpg





※8/29よりレポートに登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7- 8キロぐらい(10/24訂正)

私たちの姿を見つけると、部屋の外のスペースへ
独りで飛び出していきました。
できる限り人との距離を取りたいというのは
相変わらずでした。
それでも一定の距離があれば、じっとこちらの様子を
伺っており、人が怖くて逃げ回っているという感じ
ではありません。



他犬を頼るような様子も見られず、
いつも独りで行動していることが多いように思います。
人への不信感が強く、とても警戒しているようですが
狭いスペースで近づいてもお口が出たり、
攻撃的になることはありません。
人が何も怖いことはしないということを
なんとかこの子に伝えていきたいと
思います。

f0078320_00301869.jpg
f0078320_00300722.jpg
f0078320_00302744.jpg
f0078320_00303487.jpg
f0078320_00304531.jpg
f0078320_00305540.jpg






<1-3>2頭

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

今日も静かに部屋の隅で伏せていました。
手から直接おやつを食べることは普通にできますが、
手のひらに乗せたおやつをあげたことがなかったので
この日は手のひらに乗せてあげたところ、
躊躇なく食べることができました。
この子を撫でてあげたいと思ってもなかなか警戒して
触らせてくれなかったのですが、
手のひらにおやつを乗せてあげた時に
ふと体に触れた状態になりました。
全く反応することなく、おやつを食べてくれました。
これはおやつをあげている延長で体に触れれば
警戒しないのではないか?と思い、
手のひらの裏側でおやつをあげながら
そっと撫でてみました。
すると、やはり抵抗することなく撫でる手を受け入れてくれたのです!
ようやくこの子に触れることができて本当に嬉しかったです。
いつもは腰の方を撫でようとすると警戒していたので
おやつをあげる手と撫でる手が同じだということを
はっきりと感じてくれることが出来たのではないかと思います。
これからも焦らずこれを続けていきたいと思います。
少しでも恐怖心や警戒心がとけてくれたら嬉しいです。
f0078320_00330334.jpg
f0078320_00331382.jpg
f0078320_00332394.jpg
f0078320_00333268.jpg
f0078320_00335758.jpg
f0078320_00334662.jpg
f0078320_00340638.jpg
f0078320_00341451.jpg



※10/10よりレポートに登場(9/7収容)
▽薄茶 メス 2-3歳  8-9キロ(痩せすぎ)

旧子犬舎に近づくと、この子が外のスペースに出ていて
ワンワン吠えているのがすぐにわかります。
警戒吠えなのだと思いますが、
おやつをあげている時にも吠えたりするので
要求吠えもあるようです。
以前は近づくと唸ることが多かったのですが、
今では唸ることはなくなりましたが
唸ることが吠えることに変わったかのようです。


部屋の中で同室の子におやつをあげていると
外から覗きこんだりするので
おやつをあげるとパクっと食べてすぐに離れていく
というのを何度も繰り返していました。



昨年末のレポートでは、知らん顔をしていると
リラックスできていたようでしたが
この日は絶えず動き回っていました。
おやつをあげた後に手を差し伸べようとすると
また吠えるので、積極的に来られるのは苦手のようです。
少しこの子のペースに合わせて、
構いすぎないようにした方がいいのかもしれないと
思いました。
f0078320_00360471.jpg
f0078320_00361740.jpg
f0078320_00362721.jpg
f0078320_00363820.jpg
f0078320_00365103.jpg
f0078320_00370192.jpg





<1-4>2頭

※2017/12/28よりレポートに登場 (12/末引取り)
▽黒茶 メス 4歳 13キロぐらい

物静かで少しシャイな女の子です。
人との生活をしていた子ですから
人を見て逃げ回るということはありませんが、
とても慎重な様子で、私たちをじっと見ているようでした。
この子と触れ合うのが初めてでしたので
ゆっくりと接するようにしましたが
おやつを差し出すと手から直接食べることもできました。
時間をかけて接すれば少し落ち着いた様子で
体や頭も撫でることができました。


写真でははっきりとわかりにくいかもしれませんが
この子の首回りにはロープのようなものが
食い込んでいた跡があり、まだ幼い頃に着けられたものが
成長しもそのままにされていたのではないかと思えました。
ずっとつながれたままだったのでしょうか。
きっと、ずっと痛かったと思います。
それが当たり前になってしまっていたのかと思うと
おうちの中で自由に家族のそばを行き来できる、
そんな環境での生活を早く味合わせてあげたいです。
f0078320_00394517.jpg
f0078320_00395559.jpg
f0078320_00400382.jpg
f0078320_00401268.jpg
↓↓ 前回レポートより





※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 10歳~? 13-4キロ

年末、少し体調を壊したとのことでしたが
この日はいつもと変わらず元気におやつを食べていて
安心しました。

もうすぐここでの生活が2年を経過してしまいます。
同室になる子がどんどん変わっていく中でも
争いを起こすこともなく、
どの子ともうまくやっていける心優しい子です。
確かに収容当初からしばらくは人を避けるように
逃げ回っていた子ではありますが、
今ではそこまで人を避けることもありません。


だからといって人馴れしたとは言い難いですが
おやつを差し出せば寄って来て
手から直接食べてくれるようになっていますし、
おやつを持っていなくても手を差し出せば
クンクンと匂いを嗅ぎに来てくれたりもします。
そばを通った時に体を触っても
お口が出るようなことはありません。
収容当初に既にシニアの年齢であったと思われ
それでもいつこの子に会っても元気にしているのを見ると
残りの犬生を一日でも長く、家庭で過ごせる日が
やってくることを願わずにはいられません。
f0078320_00424886.jpg
f0078320_00430016.jpg
f0078320_00431276.jpg
f0078320_00432287.jpg
f0078320_00432910.jpg
↓↓ 前回レポートより





レポートは続きます。










関連記事

ページ上部へ戻る