... TOPIX

ルーシーの法律


LucyMessage2JPG (Mobile)

仔犬繁殖業の人間は仔犬が産めなくなった私のことを
価値がないと言ったけど、
私を救ってくれた人や家族は私のことを
お金に換えられないものだと思ってくれた



イギリスでは去年から
「ルーシーの法律をサポートします」というキャンペーンが
獣医師のマーク・エイブラハム氏の先導のもとで、
幅広く展開されました。
SNSでは自分たちの犬猫の写真を投稿し、
「私たちもルーシーの法律をサポートします」という
応援の投稿がたくさん見られるようになりました。

多くの署名は国会に提出され、今年政府は
仔犬繁殖業者、不法ブリーダー、不法仔犬販売業者、
ペットショップなどの動物福祉に反する機関の締め付けを
強化する方向に動き始めました。

これは「ルーシーの法律」の元になったルーシーのストーリーです。


ャンペーンの名称は仔犬繁殖場に幽閉されていた
キャバリア・スパニエル、ルーシーである

2013年にレスキュー・センターより
リサ・ガーナーに譲渡されるまでは悲惨な状態であった。

以下は飼い主であったリサの談

「レスキューセンターの人たちとメールを交わし、
何度も考えた末、引き取ることにしました。

救出する前の状況はわかりませんが、
体の状態が、どんな環境に置かれていたかを雄弁に語っています。

突き出た腰骨、曲がった背中は
狭いケージに閉じ込められていたことを語ります。
栄養失調、ドライアイ、禿、アンモニアの匂いにまみれた
何か焼けているような匂い。
糞尿の上で寝なければならなかったのでしょう」

リサは少量の餌と短い散歩からゆっくり普通の生活へと戻していった。
恐がりで神経質でしたが、毎日少しずつ自信を取り戻し
本来のやんちゃな性格が芽を出してきたのである。

しかしルーシーが受けた傷は
深いところで癒えることはなかった。
分離不安がひどく、家を留守にすると、
ドアのそばでずっと鳴いてたという。
そして抱き上げるといつもすくんでいた。

「でもルーシーは頑張りましたよ。生を満喫してくれたと思います。
8歳か9歳の非常に短命でしたが、
ルーシーに会った人たちすべてに
幸せと愛で満たしてくれました。
一年前に亡くなりました。
フェイスブックのフォロアー7万人からいいねをもらって」

I am Lucy

Lucy2 (Custom)



関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る