... TOPIX

神奈川大学経済学会の季刊誌「商経論叢」にインタビュー記事

神奈川大学経済学部教授山口拓美教授が、神奈川大学経済学会の季刊誌「商経論叢」の中で、アニマルライツセンターへのインタビューを発表されました。

山口拓美
日 EU 経済連携協定,アニマルウィルフェア,倫理的消費
―認定NPO法人 アニマルライツセンター代表理事岡千尋さんに聞く―
http://www.econ.kanagawa-u.ac.jp/seku/magazine/shoukei.html


欧州連合との経済連携協定(EPA)の交渉の際に課題となったのが、畜産動物のアニマルウェルフェアであると報道されました。しかし実際にどのように影響してくるのか、またそれが良い影響なのかどうかは私たちは知ることが出来ません。
しかし、日本の飼育状況がEUでは受け入れられないものになっていて(法的に禁止されている)、明らかにEUの飼育技術のほうが上である以上、日本からの輸出は厳しく、逆に輸入が増えるであろうと予測できるのではないでしょうか。

今の日本の畜産の状況について、市民の動向について、経済という観点から考え直すべきときなのだと思います。



関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る