... TOPIX

ぼくは小さな ジャガー君

ぼく、ジャガー君海辺の公園に棄てられ天使さんがお迎えに来てくれたけど通りすがりのにんげんが見つけてくれて殺処分場にはいりました迷子として殺処分場に入ったぼくは数日の ゆうよ というのですぐに死なずに済みました1.6キロ骨と皮顔をあげることも動くこともご飯を食べる力もありませんでした職員さんみんなで看病しぼくを元気にしてくれましたでもぼくのタマタマは体の中にあってこれでは嫌がる人もいるしボランティアでも手術にお金かかるからボクをほしい人はいなかったんだ手術もやらずに渡しちゃうんだろうってことで職

関連記事

ページ上部へ戻る