... TOPIX

3/6センターレポート D部屋     5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先募集中の子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




※3/6レポート初登場(1/25収容)
▽茶 メス(不妊済) 1歳ぐらい 12キロ程度(痩せ過ぎ)

少し臆病な女の子が新しくこの部屋に入っていました。
かつて壁にずっと寄り添っていた子が先月ここを卒業したのですが
そっくり同じように壁にくっついていました。



ゆっくり近づくとどうしていいかわからず
固まっていましたが、体や顔を撫でてもじっとしていました。
それでもしばらく撫でているとワタワタと動き出し、
逃げようとしていましたが、この子のすぐそばにいたので
逃げ場所がないと思ったのか、
その場所で体勢を変え、壁に鼻をおしつけた状態で
また固まってしまいました。



おやつはもちろん食べることができなかったので
目の前に置いてみましたが、
やはり私たちがいる間には食べることができませんでした。
他の子の撮影をしている時に、皆がバタバタと動き回ると
その音を察知して何度も振り返ったりもしていました。
まだこの環境に慣れていないのもあるかと思います。
とても痩せていてあばら骨がしっかり見えるほどでした。
これ以上怖がらせないように、来週以降もゆっくりと
この子に人の暖かさを教えていきたいと思います。

f0078320_13474128.jpg


f0078320_13475668.jpg


f0078320_13480940.jpg


f0078320_13482072.jpg


f0078320_13483311.jpg


f0078320_13484327.jpg


f0078320_13485485.jpg






※3/28よりレポートに登場(29/3/他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 4歳ぐらい 20キロ以上

本当に表情が穏やかになってきました。
手からおやつを食べることも
当たり前にできるようになりましたし、
収容当初に比べれば格段に馴れてきてくれていると
思います。
体を撫でることもできますが、
やはりずっとやっていると「もういいでしょ!」と
空噛みのような仕草を見せることがあります。
とにかくこの子の体重増加が気になります。
本当に体が重そうで、今は20キロはとっくに越えていると
思われます。
好きなだけ食べられるこの環境ではダイエットはできませんから、
家庭でしっかり体重管理できるようにしてあげられればと思います。

f0078320_13511087.jpg


f0078320_13512138.jpg


f0078320_13513083.jpg


f0078320_13514073.jpg


f0078320_13515840.jpg


f0078320_13521112.jpg


f0078320_13522390.jpg


f0078320_13523651.jpg





※4/18よりレポートに登場(他抑留所より移送)▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太り気味)

この子も来月になるとここでの生活が1年になります。
私たちが収容棟に入って廊下を歩いていると
この部屋のドアの一番近くでこの子が待っているのが
いつもの光景になっています。



この子は当初からおやつに反応してズンズン近づいてきて
人馴れも抜群かと思いましたが、
そこから後退することはないものの、
進歩しているとも言い難いです。
この部屋の中では一番人に近づいてくることに
抵抗がありませんが、触ろうとすると逃げてしまいます。
ここにいる限りはこれ以上の進歩は望めないと思います。



ただ、おやつにつられているとはいえ、
これだけ人に近づいて来れる子ですから
人と一緒に生活していくようになれば
比較的すぐにもっと人を信頼してくれるようになると思います。
この子も体重が増えてきており、
背中が平らになってきてしまっています。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_13542107.jpg


f0078320_13543381.jpg


f0078320_13545978.jpg


f0078320_13551847.jpg


f0078320_13553663.jpg


f0078320_13554948.jpg


f0078320_13560512.jpg


f0078320_13561767.jpg






※8/22よりレポートに登場(8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛)メス 2歳ぐらい 10-11キロ

小柄でちょこまかと動き回り、
警戒吠えをしきりにしていた時期もありましたが、
最近はそこまで吠えることはなくなりました。



この子は収容当初からいろいろと変化を見せてくれています。
最初はとにかく人から距離を取るべく逃げ回り、
おやつを見せても全く興味を示さずに
ひたすらウロウロと逃げ惑っていました。
その後は、茶白の子と一緒に常に最前線を陣取り、
私たちが部屋に入る前から甲高い声でキャンキャン吠えて、
こちらに近づいたり後ずさったりしながら
ずっと警戒吠えをしている時期もありました。



今はそこから警戒吠えはほとんどなくなり、
おやつも手から食べられるようになりました。
唯一吠えるのは、おやつがもっと欲しいと訴えるときです。
良い方向に変化を見せてくれている子ですので
一日でも早く人と一緒の生活を味合わせてあげたいと
願わずにはいられません。

f0078320_13575907.jpg


f0078320_13581906.jpg


f0078320_13583210.jpg


f0078320_13584445.jpg


f0078320_13585965.jpg


f0078320_13591302.jpg


f0078320_13592773.jpg


f0078320_13593753.jpg






※8/15よりレポートに登場(8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳ぐらい 9-10キロ

いつ見ても本当に美犬さんです。
血縁関係があると思われる↑の茶色の子が「かわいい」子で
この子は「綺麗な」子といった感じです。
この子も↑の子と同様に、これまでいろいろ変化を
見せてくれています。



収容当初は↑の子よりも、こちらの子の方が
人に対する警戒心が薄いようで、手からおやつも
食べることができていました。
ところがその後、↑の子がワンワン吠えるようになった頃には
逆にこの子がおどおどしてしまうようになり、
おやつも手から食べることができなくなってしまって
ひたすら逃げ回るようになってしまいました。



ところがここにきてまた変化を見せており、
おやつも普通に自分から近づいてきて食べられるようになりました。
落ち着きも出てきたように感じます。
この子も一日も早く暖かい家庭での生活を
スタートしてもらいたいです。

f0078320_14013044.jpg


f0078320_14014521.jpg


f0078320_14015813.jpg


f0078320_14020865.jpg


f0078320_14022074.jpg


f0078320_14023012.jpg


f0078320_14024243.jpg


f0078320_14025220.jpg




レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る